原因は遺伝と紫外線!そばかすを消す対策とおすすめクリーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

顔がムラっぽくてキレイに見えない!そばかすを消したい!

そばかすを消したい!と思っている人は多いと思います。

若い女の子の白い肌にわずかに散らばるそばかすならチャーミングですよね。
あえてそばかすを描くメイクもあるくらいです。
でも、あまりに広がりすぎたり、年齢とともにくすみが現れると、ムラっぽくあまりキレイに見えませんよね。
顔全体が暗く見えるてしまうので、加齢に伴いそばかすは邪魔者になってくるのです。

今回は、そんなそばかすのケアについてお話します。

 

そばかすの原因は遺伝と紫外線

そばかすは、鼻を中心に顔に散らばる褐色の斑点のことで、主に顔に生じるものですが、腕や背中などからだにあらわれるケースもあります。
褐色の斑点が雀の卵の模様に似ていることから、雀卵斑とも言われ、皮膚の病気の一つとされています。

そばかすの原因は、遺伝的なものと、紫外線によるものとに分かれます。

子供のころからできるそばかすは遺伝

350
子供のころに発生するそばかすは、ほぼ遺伝によるものです。
幼少期から思春期頃に増え始め、年齢とともに徐々に薄くなっていくことが多いので、特別気にすることもありません。

ただ、そばかすは、紫外線を浴びるとさらに色濃くなるという特徴があります。
不用意に紫外線を浴びたり、間違ったスキンケアで肌を刺激したりしてしまうと、そばかすが濃くなったり、大人になっても消えず定着してしまうことがあるので、そこは注意が必要です。

遺伝的にそばかすができやすい体質の人は、紫外線を浴びるとシミよりそばかすとしてあらわれやすいです。
ですから、外出の際は日焼け止め、日傘、帽子などでしっかりUVケアをしなければならないのです。

大人になって増えるそばかすは紫外線によるもの

大人になってから増えてくるそばかす、また子供のころのそばかすが薄くならず濃くなってくるなどは、紫外線の影響や加齢によるターンオーバーの乱れなどが原因です。
シミと同じ原理で、紫外線を浴びることで肌の中でメラニン色素が生成されますが、加齢によりターンオーバーが乱れるとその排出が間に合わなくなってしまうのです。
排出されずに肌の奥に残ってしまったメラニン色素は後にシミ・そばかすとなって肌表面にあらわれてきます。
子供のころできるそばかすと違い、大人になって増えるそばかすは自然に薄くはなりません。
一度定着してしまったシミ・そばかすは、消すのが非常に難しい為、肌表面に現れてくる前に、予防できるうちに、美白化粧品でケアすることが大切なわけです。

その他、そばかすの元となるメラニン色素は、活性酸素の影響を受けるとさらに増えてしまいます。
活性酸素は睡眠不足や疲労、ストレス、食事による栄養の偏り(ビタミン・ミネラルの不足や食品添加物の摂り過ぎ)などで増えやすいので、規則正しく生活することも大切です。

シミとそばかすの違い

このように、シミもそばかすも、メラニンを引き金としてあらわれるものですが、そばかすは遺伝性、シミは後天性のものとなります。
そばかすの特徴をまとめると以下の通りです。

  • 遺伝性が強い
  • シミより小さい斑点が鼻や頬にかけて広がる
  • 加齢とともに薄くなることが多い
  • 紫外線を浴びると濃くなる

 

そばかすができやすいタイプ 色白は要注意?!

350
そばかすって、外国の色の白い人によく見かける気がしませんか?
著者は、そばかすというとキャンディキャンディや赤毛のアンが浮かびます。
実際、そばかすは白人の人、髪の毛が赤毛やブロンドの人など、色素の薄い人に多いんです。

メラニンは紫外線のダメージから肌を守る防衛機能の役割を果たしているものですが、色素が薄い人は、色黒の人に比べて元々持っているメラニンが少ないため、紫外線ダメージの影響を受けやすく、少ないメラニンの活動が活発になりやすいのです。

日本人の場合も、色白の人はそばかすができやすい体質の可能性大。
子供の頃、海水浴などで日焼けをした時のお肌の状態を思い出してください。
日焼けをした後、肌が赤くなり黒くならなかった人は要注意!
紫外線に弱く、そばかすができやすい人です。
全体の約20%がこのタイプだそうです。

赤くなった数日後に黒くなり始めるタイプが最も多く、約70%がこれに当たります。
そばかすができやすいタイプよりは、少しだけ紫外線に耐性があります。

日焼け後赤くならずにすぐに黒くなるタイプが約20%。
3タイプの中では一番紫外線に強いお肌です。

基本的に、色が白く、日焼け後に真っ赤になって炎症を起こし、皮膚がすぐ剥けてしまう体質、ニキビができにくく、パッと見肌がキレイに見える、肌のキメが細かいなどの特徴を持った人はシミができやすいと言われています。
髪や肌の色と同じように、シミのできやすさも親から受け継がれやすいです。

350xxx
Photo by Vive La Palestina

著者は、父親が色黒で、母親はとても色白でシミができやすいタイプです。
著者の肌色は母に似て白い方ですが、日焼け後は赤くなってから黒くなり、すぐ皮が剥ける日本人に多いタイプです。
しかし、著者の妹は母親の体質を多く受け継ぎ、赤くなった後黒くならないタイプで、家族の中で一番色が白いです。
そんな妹は幼い頃からそばかすが多い子でした。

このように、家族の肌質は似ていることが多いです。
自分の父親母親がシミができやすいタイプならあなたも人一倍スキンケアに気を使った方が良いでしょう。

 

そばかすを薄くしていく方法・対策

前述したように、シミもそばかすも根源はメラニンであり、そばかすのケアはシミのケアと同じになります。
遺伝性の強い幼少期からのそばかすが消えない場合は、特別な治療が必要ではありますが、セルフケアでは何も効果が無いという訳ではありません。
今よりそばかすを濃くしない為に、少しずつでも薄くしていくために、毎日対策をしてあげることが大切です。

1.紫外線を浴びないようにする

シミ対策で耳にタコができるほど聞かされていると思いますが、そばかす対策でも紫外線対策は絶対です。
そばかすは紫外線を浴びると濃くなるという特徴があるので、外出時は日焼け止めをしっかり塗るようにしましょう。
肌のコンディションが良くない時は、赤ちゃんでも使えるような刺激の少ない日焼け止めを使ったり、日傘や帽子で防御するようにしてください。
サプリメントのように飲むタイプの日焼け止めもあるので、自分の肌と相談しつつ紫外線対策をしましょう。

2.そばかすを予防しつつ、排出を促すケアをする

350
毎日のスキンケアでそばかすを薄くしていく為には、シミが肌表面にあらわれる前に予防しつつ、できてしまったシミの排出を促してくれる美白化粧品を使うことをおすすめします。
美白成分として有名なハイドロキノンは、メラニン色素を薄くする効果が高いので是非使いたい成分です。
ただ、ハイドロキノンは効果が高い分刺激も強いのがネックです。
そばかすの元となるメラニンは肌を刺激から守るための防衛機能ですので、なるべく肌に刺激を与えないことも大切だということを覚えておきましょう。

もう一つ、おすすめの成分がビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体はメラニン色素を排出することを得意とする美白ケアでポピュラーな成分です。

著者のおすすめ最新美白ケアはこちら。
ホワイトショット
ホワイトショットCX
肌が自ら白く戻ろうとするセルフクリア機能に着目した、最新美白ケア美容液です。
シミ・そばかすの予防はもちろん、すでにできてしまったシミ・そばかすを排出してくれる効果が期待できます。
低刺激で保湿力もあるので、敏感肌・乾燥肌の人でも使いやすいのがポイント。
乾燥肌の著者も愛用中です。

3.ビタミン不足にならないようにする

ビタミンには美肌成分として有名な通り、そばかすを増やさないために重要なメラニンの定着の予防や、ターンオーバーを整える、活性酸素の増加を食い止めるなどの効果を持っています。
フルーツや野菜を積極的に摂り、ビタミン不足にならないようにしましょう。

 

美白化粧品は重ね塗りを!おすすめ美白クリーム

350
毎日のスキンケアで、やっぱり重要なのはどれだけ有効成分を肌に届けることができるかですよね。
しかも、なるべくたっぷり、奥まで届いてほしい…!
同じ美白化粧品でも、化粧水、乳液、クリーム、美容液とそれぞれ肌への届き方も違うので、できれば重ね塗りをおすすめします。
とくに美容液は有効成分の濃度も高いので是非毎日のケアで使いたいです。
先程紹介したホワイトショットCXに是非重ねて使いたいのがこちら。
ホワイトショット
ホワイトショットSX
レビューを見に行く
こちらも肌が自ら白く戻ろうとするセルフクリア機能に着目した、美白クリームです。
CXもSXも美容液ですが、CXはローションタイプで、こちらのSXはクリームタイプになっています。
美白有効成分ルシノールをはじめ、ビタミンC誘導体や植物エキスを配合。
ピンポイントで重ね塗りしやすく、そばかすの予防はもちろん、できてしまったそばかすを薄くしてくれる効果が期待できます。

 

おわりに

そばかすについて、少しわかってきたでしょうか?
もし自分がそばかすができやすい体質であることが発覚した人は、今日から誤ったケアをしていなかったかどうか、さらに予防のためにできるケアがないかどうかを意識してみてください。
毎日ケアをするかしないかで、お肌は大きく変わってきます。
そばかすを少しでも薄く、消していくために日々お肌を労わってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Aya

著者の記事一覧

こんにちは、趣味は掃除と通販、嫌いなものは人ごみというインドアなアラサ―主婦です。
27歳を迎えた頃から急激にお肌の老化を感じ、スボラながらに美容を意識するようになりました。
Lierでは化粧品のレビューやおすすめしたいカワイイものなどの紹介をしていきます。
大学で学んだ心理学と、女の職場で働いた経験を活かして、人間関係やストレスについての記事も書いていきます。

関連記事






ページ上部へ戻る