そもそもトリートメントって何??意外と知らない?トリートメントの効果と正しい使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

皆さんはシャンプーをした後に、何をつけていますか?
リンス、コンディショナー、トリートメント…恐らくそのどれかだと思います。
さてでは、その3つの違いはご存知ですか?
それぞれ役割が違う事を知っているでしょうか?

 

それぞれの役割と違い

350

リンス

髪の表面を油分でカバーするものです。
昔のシャンプーは洗浄力が強すぎたため、ごわつきを抑えるのにリンスが必要でした。
髪の表面を油分でしっかりコーティングするので、髪内部の水分が蒸発する事は防ぐものの、内部に何かしら作用する効果は全くありません。

コンディショナー

リンスより、表面をカバーする力が増したもの。
リンスとさほど差はありませんが、リンスを進化させたものでしなやかさや、コシがプラスされたような感じです。
これも髪の内部には何の作用もしません。

トリートメント

髪のダメージ部分を補修、栄養分を補給します。
リンスと同じ役割も果たします。

 

どれを使うのがいいのか

350
結論から言いますと、トリートメントのみで十分です。
よく聞くのは、リンスもしくはコンディショナーの後にトリートメントをしているという話。
先ほどの説明を読めばわかると思いますが、油分でコーティングした上からトリートメント…それでは栄養分は髪には入りません。

もし、どうしてもリンスかコンディショナーを使いたいと言うのであればトリートメントで栄養分を補給した後にリンスもしくはコンディショナーを使ってください。

ですが、実際はトリートメントだけでも十分コーティングされますのでそれ以上の余分な油分は不必要です。
油分をつけすぎるのは、毛穴を詰めてしまう可能性がありますのでオススメ出来ません。
シャンプーをした後は、質の良いトリートメントを毛先にしっかりつけて流すだけで大丈夫です。

 

トリートメントの正しい使い方

350
トリートメントをするにあたって、トリートメントを髪につけた後キャップやタオルを巻いて湯船に浸かる…という人がいます。
時間を置く、また湯船の蒸気によって浸透が良くなる。
これは正確です。

ですが、それは週に1度です、という人もいます。
それは不正確。
トリートメントは毎日しましょう。
リンスやコンディショナーと同じ感覚で使えば効果は持続します。
置かずに流せばいいのです。
毛先から中間にかけて満遍なく全体につけたら、特に傷む毛先を優しく揉み込んであげてください。
その後しっかり流す。
サッと流せば良いと書いてあるトリートメントはさほど良いトリートメントではありません。
良いトリートメントはしっかり流しても、しっかり栄養分は浸透してくれます。
むしろ余分な油分は流さなければいけないのです。
油分が残ってしまうと、毛先を塞いで抜け毛になったり臭いの元になりかねません。
良いトリートメントをしっかり流して使うのがベストです。

 

乾かす前にもトリートメント

350
以前、乾かし方についての記事でも書きましたが乾かす前には必ずベース剤を使ってください。
いわゆる“洗い流さないトリートメント”と呼ばれているものですね。
髪の毛は熱に弱いです。
かといって水分を含んだままではキューティクルを傷つけてしまいます。
ですから必ずドライヤーで乾かしましょう。

冷風では髪の毛は乾きません。
温風で乾かします。
ですから髪の毛を熱から保護しなければいけません。
その役割をしてくれるのが洗い流さないトリートメントです。

ベース剤は熱から髪を守ってくれるだけでなく、必要な水分や栄養分も補ってくれます。
最近はベース剤に対しての認知度や需要も増えてきたので乾かす前に髪を保護している人も多くいますが、ついその一手間を省いてしまう人もまだまだいると思います。
その一手間が髪のコンディションを大きく左右しますので必ず使うようにして欲しいです。

乾かし方についてはこちらをどうぞ。
髪を傷ませない乾かし方

 

JOYのおすすめトリートメント

1.モロッカンオイル リストレーティブヘアマスク

モロッカンオイルリストレーティブヘアマスク
モロッカンオイル リストレーティブヘアマスク
高密度のアルガンオイルを配合したへアトリートメント。
海外セレブの間で爆発的人気のモロッカンオイルシリーズです。
ビタミンEを多く含み、ハリと自然な艶を与えます。
ベタつかず、太くてごわごわした髪にも細くてコシのない髪にも使えます。
スタイリングがしやすい理想の髪を手に入れること間違いなし!!

2.ロレッタうるうるしたい日のトリートメント

ロレッタうるうるしたい日のトリートメント
ロレッタ うるうるしたい日のトリートメント
モルトベーネ、ロレッタシリーズのトリートメント。
パッケージとともにネーミングがかなり可愛くて毎日のバスタイムもウキウキしちゃいそう!
シアバターと2種類のオイル配合で潤いとまとまりが実感できます。

3.モーガンズ ディープモイストオイル

モーガンズ ディープモイストオイル
モーガンズ ディープモイストオイル
こちらはベース剤です。
かなり保湿力の高いオイル、なのにサラッとしていてベタつきません。
ボディーや頭皮にも使える万能オイルで100%天然だから刺激もなくかなりおすすめです。
髪も肌もみずみずしい仕上がりが実感できます。

 

おわりに

いかがでしたか??
リンス、コンディショナーとトリートメントの違い、これを知っているだけでもかなりお手入れが変わってくると思います。
リンスやコンディショナーが全く必要ないとまではいいませんが、私たち美容師はあまり必要だとは認識していないのが事実です。
それよりも毎日のトリートメントでしっかり栄養分の補給とダメージのケア、そして髪の保護をして欲しいなと思います!
ぜひあなたの髪にあったトリートメントを見つけてケアしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る