年齢が出やすい瞼のたるみ・シワにおすすめアイクリームランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

目元は最も年齢が出やすい場所だった!

「顔のパーツの中で、最も年齢を感じさせる場所はどこ?」と聞かれたら、あなたはどうこたえるでしょうか。
口元のほうれい線?
頬のシミ?
それとも、二重顎?
確かに、気になりますね。
ところが、あるアンケートでは、それらの部位を抑えて、60%を超える人が「目元」に最も年齢を感じると答えました。

そう言われてみると、私たちは相手の顔を見るとき、自然と顔の上半分、ちょうど目元の辺りに、視線をもっていっているものです。
そのためか、メイクでも最も力を入れるのは、目元ですよね。
目元のイメージが変わると、顔全体の印象が大きく変わってくることを私たちは経験でよく理解しているのです。

 

目元にシミやシワができやすい原因は?

350
このように、顔の中で、最も年齢が反映される場所である目元。
そうであるにもかかわらず、目元は、様々なエイジングトラブルに見舞われやすい場所でもあります。
シミ、シワ、たるみ、クマ…と様々な老化現象が、次から次へと目元に襲い掛かってくるから、厄介ですよね。

なぜ、目元には、シミやシワなどができやすいのでしょうか。
その理由を理解することは、目元にこれ以上、嫌なシミやシワ、たるみを増やさないことにつながります。
まずは、目元にシミやシワ等のトラブルが起こりやすい理由を順に確認していきましょう。

目元は皮膚が薄い

350
目元は、顔の他の部分に比べても、極端に皮膚の厚みが薄くなっています。
他の部位の3分の1から4分の1ほどの薄さしかありませんので、当然、紫外線等の外部からの刺激に弱くなってしまうわけです。

目元は皮脂腺が少ない

目元は、皮脂腺がほとんどない部分です。
そのため、お肌の質にかかわらず、自然と皮脂量が少なくなってしまいます。
皮脂の量が十分でないと乾燥状態になりますので、シワなどが残りやすくなるのですね。

目元はメイクが濃くなりやすい

350
普段、お化粧をするとき、アイメイクに力を入れるという人は非常に多いですよね。
メイクは元々、お肌にとって、ある程度の負荷をかけるものです。
特に、目元に施すマスカラやつけまつげは、負担の大きいものだといえるでしょう。

さらに、念入りにお化粧をした分、メイクオフも十分にしなければなりません。
クレンジングや洗顔料は、質の良いものを使っていても、お肌への刺激になってしまいがちです。
これが毎日繰り返されることで、小さなダメージが目元に積み重なってしまうのです。

まばたき

私たちは、普段、1日に1万回から2万回ものまばたきを繰り返しています。
これだけの回数、目元を動かせば、表情ジワなどの原因になるのもうなずけますね。

生活習慣による影響

350
スマホやパソコンの普及により、私たちの目は、毎日、驚くほど酷使されています。
慢性的な目の疲れやドライアイなども、目元のアンチエイジングには悪影響です。

 

目元には「目元用」スキンケアが必須!

350
多くの化粧品ブランドが、「目元用」「アイクリーム」といった名前の目元専用のスキンケア商品を用意しています。
目元のケアが重要だということは、ここまで確認した内容でよくわかったけれど、他の部位と同じクリームを念入りに塗っておけば良いのでは、と考える人も多いですよね。
確かに、それも間違いではないのですが、やはり、「餅は餅屋」。
せっかくなら、「目元用」と銘打った商品を毎日のケアに取り入れたいものです。

それでは、なぜ目元用を使ってスキンケアしなければいけないか、少し考えてみましょう。

まず、一つ目の理由は、先ほど説明した、目元の皮膚の薄さと皮脂量の少なさにあります。
顔の他の部分より、皮膚が薄く、皮脂の量も少ないと、保湿力が非常に弱い状態になります。
そのため、通常のスキンケアアイテムで保湿成分を補おうとしても、十分な量が確保できず、表面は一見するとうるおっているように感じても、結局、お肌の奥の部分にまで浸透することは不可能です。
それでは、せっかくのスキンケアも一過性のものになってしまい、本当に意味でのアンチエイジングにはつながりませんよね。

2つ目の理由は、目元のトラブルは、単独で現れる場合が少なく、シミ、シワ、たるみ、くすみなどあらゆるお悩みが複合的に絡み合って生じてくる場合がほとんどであるからです。
目元専用のスキンケア商品は、これら全てを網羅するような成分構成になるよう、工夫されているという特徴があります。

目元のお肌年齢を若返らせるためには、漠然とした「アンチエイジングケア」といったものや、シミだけに効く「美白美容液」といったものでは不十分です。
目元のスキンケアに特化したスペシャルケアを目指す商品をチョイスするようにしましょうね。

 

注目!アイクリームランキング結果発表

それでは、気になるアイクリームの注目度ランキングをチェックしてみましょう。

第1位 ポーラ「B.A ザ アイクリーム」

ポーラ POLA B.A-ザ-アイクリーム
POLA B.A ザ アイクリーム

ポーラの最高技術が結集している「B.A」ライン。
そのラインから、非常に頼もしい目元用スキンケアアイテムが発売されています。
その名も「B.A ザ アイクリーム」です!

この「B.A ザ アイクリーム」は、先ほど説明した、目元のお肌の薄さ・まばたきによる振動に加え、目元にはお肌を支える骨や筋肉も不足しているという点にも着目して開発されました。
この目元の「ゆるみ」に対応するため、「B.A ザ アイクリーム」は、まるで建物をリフォームするかのように、お肌の奥底のコラーゲン繊維に訴えかけます。
工夫に工夫を重ね編み出された目元専用のクリームは、何と、通常のクリームの3倍もの手間暇掛けて生産されているというから、効き目がありそうですよね!

非常にコクのあるしっかりとしたテクスチャーが特徴のクリームです。
目元のことを研究し尽くして作られている「B.A ザ アイクリーム」。
これを一度使い始めると、もう他のものでは満足できないという声が続出しています。

第2位 リリゼ「ストレッチアイセラム」

リリゼ ストレッチ アイ セラム
リリゼ ストレッチ アイ セラム

小ジワやお肌のハリが気になる人におすすめなのが、リリゼの「ストレッチアイセラム」です。
付属のスパチュラはマッサージャーが付いていて、お得感があります。
ベタベタしない美容液タイプですので、何と、日中のメイクの上からも使用することが可能です。

使い始めてわずか1、2日程度で、目元にハリが出てきた、と答えた人が8割以上いるというほど。
この即効性は魅力ですよね。
毎日、鏡の前に立つのが嬉しくなること間違いなしです!

第3位 ビーグレン「トータルリペア アイセラム」

ビーグレン b.glen トータルリペア-アイセラム
b.glen トータルリペア アイセラム

シワやハリだけではなく、クマやたるみ等、目元のトラブルは何でもOKのアイクリームがビーグレンの「トータルリペア アイセラム」です。

ビーグレンの特徴は、独自に研究開発したお肌の最奥部にまで「届く」技術です。
どんなに素晴らしい美容成分であっても、必要な所に届かなければ意味がありませんよね。

その点、ビーグレンの「トータルリペア アイセラム」は、目元の組織の研究を重ね、効率よく様々なエイジングトラブルに対応するアイクリームとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:りさ

著者の記事一覧

気の合う女子同士のおしゃべりって、ホント、終わりませんよね?!
恋愛の話、美容の話、ファッションの話、結婚の話、育児の話…。
ああでもない、こうでもない、と話すうちに、もうこんな時間(笑)。

そう、私の書きたい文章はまさにソレ!

ライター、京都大学法学部卒、元行政ウーマン、保育士、受験指導者、2児のママ…
実は、いろんなカオ、持ってます。

― せっかく女性に生まれたからには、「女子道」を極めたい ―

そんなあなたのために、書きたい話題はまだまだいっぱい。
Lierで結ばれた私とあなたの大切な時間。
今宵は、心ゆくまで楽しく「おしゃべり」しましょうね!







関連記事











ページ上部へ戻る