夏の乾燥対策 あなたの肌は大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

春がいつの間に終わりを告げ、梅雨から夏へと変わっていく季節、気になるのは紫外線だけではありません。
夏だって、乾燥を加速させる要因はたくさんあります。
ケアすることが盛りだくさんの夏ですが、乾燥対策ももれなく行うようにしましょう。
夏の乾燥対策の成果は秋~冬に向けて実感できます。

 

夏なのに、どうして乾燥する?

350

夏でも乾燥する原因はいくつかあります。

①汗をかく

家を出発して駅まで歩いて行くと、夏の暑い日はそれだけで汗をかきます。
電車に乗り込むと強力な冷房により、一旦汗は引きますが、駅から会社に向かうときに再び汗をかき、会社に着くと冷房により汗は落ち着きます。

朝、出社するまでにすでに肌が乾燥する回数が2回もあります。
汗は水分なので、体から出てきた汗を冷房の力で乾かすと、肌も乾燥してしまいます。
そこからさらに汗をかくことを考えると、夏も冬同様に乾燥しやすい状態です。
汗は放置しておくと、かゆみやアトピーの原因にもなるので、こまめに拭き取ることが大切です。

②冷房

気温の高い季節にとって、欠かせないのは冷房ですよね。
空気がひんやりとしていて気持ちいいですが、肌にとっては喜ばしいものではありません。
最新のものは、湿度管理ができるものもありますが、一般的な冷房は肌の潤いを奪ってしまいます。
冷房が効いたところにいると、喉がイガイガする場合は要注意です。

会社ならデスクに小さな加湿器を、自宅なら湿度計を置いて、場合によっては加湿器をつけることも検討しましょう。

③紫外線

春から夏にかけての紫外線は一年の中でも強力で紫外線量も多くなります。
UV-A波は肌の奥ふかくにダメージを与え、肌から若々しさを奪いますが、それよりも乾燥で気にしたいのは、UV-B波の方です。
UV-B波は、肌表面にやけどを負わせるようなもので、肌をあっという間に乾燥させます。
黒くなったり、赤くなるのはそのためです。

夏は、まずクールダウンしてそのあとに保湿ケアすることがポイントです。
放っておくと、乾燥が悪化し、かゆみが生じる場合もあります。

④保湿した気になる

冬と違って、夏はお風呂から上がると大量の汗をかきます。
そこに化粧水をつけても汗なのか、化粧水なのか、果たして浸透しているのか疑問に感じることがあります。
また、なかなか汗が引かないと化粧水や美容液もつけた気になってしまい、保湿不十分になっている場合があります。
夏も、汗をかいたり、紫外線の影響で肌は潤いを欲しているのでしっかりとした保湿ケアが必要になります。

 

夏の乾燥が肌にもたらす影響

350
夏は、先ほど挙げた4つの原因により乾燥することが考えられます。
その結果、毛穴、肌のごわつき、くすみ、インナードライ、かゆみやアトピー、シミといった症状に悩まされます。
夏の乾燥は、しっかりとケアしないと秋~冬にかけてもそのダメージを肌に残してしまいます。
冬は冬で乾燥しやすい季節なので一年を通して保湿ケアをする必要があります。

夏の乾燥を放置しておくと、そのツケは数年後、数十年後になってから、シミやたるみ、シワとなって姿をあらわします。
潤っていると思ったのに、肌の調子が良くならない・悪化している場合はさっそく、夏の乾燥対策をはじめましょう。
今日の乾燥対策は、数年後のあなたの肌を左右しますよ。

 

夏の乾燥対策3つの方法

350

①毎日パック

夏のスキンケアとして、いきなり美白ケアをしても効果が薄いということはあまり知られていないかもしれません。
夏のダメージで最も気にしたいのは、紫外線による乾燥やほてりといったダメージなので、まずはクールダウンと水分補給が必要になります。
刺激を最小限に抑えた洗顔後は、シートパックやコットンパックで肌を冷やし、水分補給をしてあげましょう。

決められた時間(夏は3~5分が目安)を越すと、せっかくの水分補給が台無しとなり、水分を逆に奪ってしまうので時間には気を付けましょう。

②日焼け止めを変えてみる

夏の紫外線は強力であることは、周知のことでしょう。
だからといって、毎日SPF50+・PA++++のものを使用していませんか?
乾燥を加速させる原因のひとつとして、日焼け止めの影響があるかもしれません。

紫外線が降り注ぐから効果の高いものを使用するといっても、汗をかいたり、メイクが崩れてしまうとその効果は持続しません。
それよりも、肌に優しい処方のものを自宅でメイクする前、出社後、ランチ後に付け直したほうが、紫外線から肌を守る意味でも、乾燥から肌を守る意味でも有効です。
効果の高い日焼け止めや安価すぎる日焼け止めは、肌を守っているようで肌に負担をかけ、乾燥を加速させている場合もあります。
新しく買うときは、日焼け止めの見直しが必要かもしれません。

③乳液やゲルを持ち歩く

夏は、メイク崩れや乾燥が気になる季節です。
そんな夏に持ち歩きたいアイテムが乳液や保湿ゲルです。
乳液や保湿ゲルには、保湿効果はもちろん、メイク直しも行えるので、メイクが崩れた時にぴったりです。

乾燥対策として保湿もしたいし、ドロドロになった肌も整えたい、オフィスが乾燥している、いつもばっちりメイクをキープしたい。
そんな願いを叶えてくれる優秀アイテムです。
小さな容器に移し替えて、綿棒やコットンと一緒に今年の夏はポーチに加えてみてください。

 

コスメで乾燥対策♪

HAKU メラノクールホワイトソリッド 
HAKU メラノクールホワイトソリッド
45g 10,000円(税抜き)
HAKUのレビューを見に行く

ひんやりバームでクールダウン。
ほてりケアにぴったり!
冷蔵庫で保管する固形状のクリームは、肌にのせると、バターのようにとろける不思議な感覚のクリームです。
ひんやりと肌を冷やしながら、保湿と美白ケアを同時に行えるこれからの季節にあると便利なクリームです。

HAKU-メラノクールホワイトソリッド-トライアルサイズ
HAKU メラノクールホワイトソリッド トライアルサイズ
お試しで10g 2,300円(税抜き)があるので、まずはそちらを試してみるのもいいかもしれません。
HAKUのレビューを見に行く

エトヴォス セラミディアル-モイスチャライジングローション
ETOVOS セラミディアル モイスチャライジングローション
150ml 3,000円(税抜き)
レビューを見に行く
敏感肌の方でも安心して使える優しい処方で、しっかり潤う保湿力が魅力の化粧水です。
保湿成分であるアミノ酸やヒアルロン酸をはじめとして、夏の乾燥でごわつく肌をやわらかくしてくれる成分も配合されているので、夏のダメージ肌にしっかりと潤いを補給してくれます。
重ねづけすると、肌がもちもちしてきます。

エクスボーテ ファーストセラム ピュアオイル
エクスボーテ ファーストセラム ピュアオイル
30ml 4,000円(税抜き)
洗顔後、一番初めに使うブースターとして使うオイルです。
オイルですが、使い心地はとてもさらっとしているので、ベタつきが気になる夏の季節でも使えます。
肌を柔らかくし、次に使うコスメの浸透を高めてくれるので、乾燥しがちな夏の肌をしっかり保湿できます。
ボディケアやヘアケアとしても使えるので、全身の潤いケアとしてもオススメです。

 

おわりに

夏も冷房や紫外線の影響で乾燥に悩むことが多くなっています。
日中は日焼け止めの塗り直し程度が限界なのです。
それでも、朝晩のスキンケアをしっかり行うことで夏の乾燥対策は十分に行えます。
火照った肌をクールダウンさせること、肌を柔らかく保つこと、水分補給を行うこと忘れずに、今年の夏はしっかりと乾燥対策を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る