アプリで簡単!彼氏へのプレゼントにフォトブックを オススメポイントベスト5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

誕生日やクリスマス、バレンタインデーや記念日など、恋人たちにはイベントが盛りだくさん。
彼氏に何かプレゼントしたいけど、何を選んだらいいのかわからない…。
そんなこと、ありませんか?
また、送りたいものは決まっているけど、それだけでは物足りない、何か特別感のあるものをプラスしたい、という方も多いのではないでしょうか。

当別な日でなくても、彼への感謝や愛を伝えるのにオススメなのが、フォトブックです。
特別な技術や機材がなくても、お金や時間をかけずにこっそり、スマホの写真だけで手軽に作れるフォトブック。
今回は、そんなフォトブックを、プレゼントするオススメポイントをご紹介しちゃいます。

 

思い出をカタチに

中高生の間で流行中のミクチャ(MixChanel:10秒間程度の短い動画を編集・共有できるアプリ。カップル動画が特に大流行。)のように、共有して、「いいね」が集められなくても、大人の恋は心の中に大切にしまっておくのが流儀。
とは言え、ふたりだけの間なら、思い出をカタチにしておくのも、悪くはありません。
スマホの中だけで管理するのではなく、「フォトブック」というカタチに残すことで、写真にストーリーが生まれます。

思い出は、大切な宝物です。
ふたりでフォトブックをめくることで、幸せな時間を増やすことにもつながります。
ケンカやマンネリが訪れたときだって、フォトブックひとつで、幸せな思い出やドキドキを鮮明に蘇らせることができます。

 

世界に1つだけのギフト

他のどこにも売っていない、特別なギフト。
それが、フォトブックなら可能です。
テーマごと、季節ごと、表情ごとに分けたこだわりのレイアウトや、写真選びなど、特別な1冊を作りましょう。
ふたりの写真だけではなく、行った場所の風景や、一緒に食べたものも、フォトブックで他の写真と組み合わせることで、活きた写真に変化します。

また、写真だけでなく、メッセージや手書きのイラストなど多様に入れられるのもポイント。
思い出のデートを振り返る行程表や、たっぷりの愛の言葉、日頃は言えない感謝の気持ちなどを詰め込んだ、特別なプレゼントにしましょう。

 

何気ない日々がスペシャルに

フォトブックを作るのは、何も特別なデートだけではありません。
むしろオススメしたいのが、何気ない、平凡な日々の写真です。
変なところについていた寝癖、ふたりで泣いてしまったDVD、たまたま色がお揃いだったTシャツ、美味しいって褒めてくれたオムライス…。
忘れてしまいそうな些細な幸せ、心に留めておきたい一瞬を、フォトブックに残しておきましょう。

時の流れは早いけれど、確かにそこにあった些細な幸せをフォトブックで残すことができます。
過去の幸せを思い出せるのは、今の、そして未来のふたりにとっても大切なこと。
お互いがそこにいること、ふたりで過ごす日々に改めて感謝し、より大切にすることができるのです。

 

世界一素敵な彼を

フォトブックで残すのは、プロが撮ったよそ行きの彼ではなく、あなただけに見せる、ナチュラルな姿。
そんな彼の姿こそ、あなたが好きな彼の姿のはず。

「斜め45度下から見る彼が、どんな俳優さんよりも世界一イケメン!」
「気を抜いた時の虚ろな目が好き!」
「少し角ばったその手がセクシー!」

あなただけの視点で、愛おしい彼をフォトブックに閉じ込めてしまいましょう。

男性は女性に比べて、写真を取られる機会が少ないです。
だからこそ、あなたが撮った最高の一枚を、大切に残しましょう。
恥ずかしがりながら、
「こんな風に見えているんだ」
「いつも見てくれているんだ」
「オレって結構イケてるのかも?」
と、喜んでくれるはず。

 

簡単に作れちゃう

フォトブックを作るほどの技術も、時間もお金もない…。
なんて思ってはいませんか?
実はフォトブックを作るのは、とっても簡単!
PCも知識も技術も必要なし。
スマホひとつで、簡単に作ることができます。
大手のカメラメーカーやショッピングサイトが運営するサイトも多く、安心。
お値段だって、ワンコインから、3,000円くらいで作ることができますよ。

ネットで作るのはなんか不安…という方なら、お店で簡単に作ることもできます。
写真が入ったメモリをお店に持って行き、選択するだけで通常の写真プリントと大差ない操作で注文することができます。

 

おわりに

あなたにしかできない特別なフォトブック。
プレゼントだけではなく、同じものを自分用にも作りたくなっちゃいますよね。
プロのような写真の技術や高級カメラなんて、必要ありません。
むしろ、カメラを向けられるとどこかかしこまってしまうけど、スマホのカメラだったら、自然な空気感をそのまま映し出すことができます。

フォトブックは、作った時点で世界にひとつだけの特別なプレゼントですが、製本した際にオシャレなタイトルをつけたり、あえて手書きで裏表紙にメッセージを書いてみたり、さらにスペシャル感をアップさせてしまいましょう!

ブラジルでは、6月12日を「恋人の日」として、絆を深めるために、写真立てを送り合う習慣があるそうです。
写真立てより場所も取らず、写真もたくさん詰め込めるフォトブックで、さらに欲張りに、彼との絆を深めてみてはいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Lier編集部

著者の記事一覧

Lier編集部です。
今、旬な話題を取り上げていきますので是非お楽しみに!







関連記事











ページ上部へ戻る