キレイの味方ヌチマース 新しい”塩生活”はじめてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キレイの味方ヌチマース 新しい”塩生活”はじめてみませんか?

体に必要な栄養素を知っていますか?
体のエネルギー源となる脂質・炭水化物・たんぱく質、体のバランスをとるミネラルとビタミン。
他にも食物繊維などがありますが、基本となる栄養素は主にこの5つとされています。
これらの栄養素をバランス良く摂取して、体型を維持したり、肌をキレイに保つことができます。

しかし、私たちの食事は意識しなければ、脂質や炭水化物を多く摂取し、ミネラルやビタミンが足りない体になり、体や肌の調子は右肩下がりになってしまいます。
野菜を食べましょう、とよく言われるのはそのためです。
その言葉を聞くのは、きっと一度や二度ではないはず。

しかし今回みなさんに紹介するのは野菜ではなく、「塩」です。
塩がどんな風に健康やキレイに働きかけるのかお伝えします。
同じ塩でも、ぬちまーすはあなたの体をつくり変えてくれる魔法の塩になるかもしれません。  

 

命の塩 ぬちまーす

ぬちまーす
ぬちまーす
250g 1,080円
塩分25%カット、無添加、常温瞬間空中結晶製塩法(特許取得済み製法)
ぬちまーす公式通販サイト

塩は栄養素なし!?

現在、販売されている塩の多くは、塩分100%のものでそのほかの栄養素はほとんどありません。
塩は、海水からつくられますが、大量生産を行うためには、天日製塩法や煮釜式製塩法といった製法でつくられてきました。

塩は、海水から水分を除いたものですが、製造過程で残る結晶には、海水に含まれていたミネラル成分はほとんど含まれておらず、塩として販売されている多くが塩分純度100%になります。
そのような塩は、ナトリウムと塩素から成り立っています。
ナトリウムは水分を溜め込む働きがあり、体の水分量を調節してくれます。

また、塩素は体内の胃液に使われます。
適量のナトリウムは体が正常に機能するには欠かせませんが、過剰なナトリウムは、水分を体内に蓄積しようとするため、体の水分バランスが崩れてしまいむくみなどの原因となります。

ぬちまーすと普通の塩の違いとは

天然塩
ぬちまーすは、沖縄本島近くの宮城島周辺の海水からつくられています。
なぜ、この場所が選ばれたかというと、沖縄の青く澄んだ海の中でも工業廃水や生活汚水といった影響を受けることが少ない、さらに海流などの関係で常にきれいな海水が送り込まれているからです。

ぬちまーすのスゴいところは、海水のままのバランスで塩になるという点です。
通常は、海水に含まれるミネラル分は生成される過程で多くが失われます。
しかし、ぬちまーすは、海水の水分のみを蒸発させるため、結晶となった塩の中には海水のときと同じミネラルが豊富に含まれます。
粉雪のようなパウダー状の塩となったぬちまーすは、飲んだり、かけたりとさまざまな活用ができます。

これまで、「塩は控えるべきだ!」と言われてきました。
ぬちまーすは、海水のバランスそのものなので、塩なのに、なんの加工をしなくても塩分がはじめから25%少なく、その分ミネラルが豊富に含まれています。
しょっぱいだけでなく、まろやかさや味の旨みを引き立てることができるので、積極的にぬちまーすを摂取していきたいほどです。  

 

わたしたちの肌がイマイチなのは、ミネラル不足が原因!?

鏡で顔をチェックする女性
知っていましたか?
ミネラルはわたしたちの体の構成比でいうと、わずか4%しかありません。
しかし、この4%のミネラルで肌の代謝をサポートしたり肌老化の原因となる活性酸素の抑制をおこなってくれています。
ただでさえ、体内にはわずかなミネラルしかありませんが、ミネラル成分は体ではつくることができないので、食べ物などから摂取していかなければなりません。
肌がごわついている、スキンケアを頑張っているのにニキビやシミが一向に改善しないのはミネラル不足によるターンオーバーの乱れが原因かもしれません。

体に必要なミネラルはおよそ30種類あります。
その中でも美肌に深く関係しているのは、亜鉛、イオウ、マンガン、ヨウ素、マグネシウム、銅などが挙げられます。
年齢とともに衰えていく肌細胞の活性化やターンオーバーを整えるのになくてはならない成分ばかりです。

しかし、肉食やファストフード、糖質の多い食事ばかりが中心になりつつあるわたしたちの食事ではミネラル分は圧倒的に不足しています。
ミネラルを多く含む食品は、海藻など海と関わりのあるものですが、味噌汁や和え物など意識して摂取しないと、ミネラル成分は不足しています。  

 

こんな症状が続くときはミネラル不足が原因!?

350

亜鉛不足による、肌荒れ

海藻類はもちろん、レバーや卵黄、豆類を積極的に取り入れましょう。

マンガン、亜鉛不足による肌のハリ不足

亜鉛を含む食べ物と一緒にひじきや玄米、大豆、アーモンドなどを取り入れましょう。

イオウ不足によるツヤの減少

肌のツヤや髪の毛のツヤが減ってきたなと感じるときは、イオウが不足しているかもしれません。
イオウは、魚介類をはじめとして、肉や乳製品、卵などに含まれています。
バランスのとれた食事を意識しましょう。
イオウ不足はシミの原因になる場合もあります。

顔についた痕が治りにくいときは銅不足による弾力不足

銅は、貝に多く含まれます。
他にもココアやレバー、カニやエビといった魚介類に含まれます。

シミやたるみなどエイジング肌が気になるときは活性酸素が多く発生しているかも

ミネラル成分には活性酸素の抑制効果があります。
魚介類、海藻類をはじめとした食材を中心に積極的なミネラルの摂取をおすすめします。
活性酸素抑制効果により、美白効果が期待できるかもしれません。
ちなみに、21種類ものミネラル成分を含むぬちまーすなら、これらほとんどのミネラル成分をもれなく摂取することができます。

栄養素は、どれかひとつだけをたくさん摂取しても意味がありません。
バランス良く、まんべんなく摂取することでそれぞれの栄養成分が相乗効果で働きをさらにアップすることができます。

塩は日常的によく使用するものです。
ぬちまーすに変えるだけで、不足しがちなミネラルをコツコツ摂取していくことができます。

 

ぬちまーすのもたらす嬉しい効果

美女の横顔
ぬちまーすには、2000年にギネス認定を受けるほど豊富なミネラル成分が含有されています。
現在では、21種類ものミネラルが含まれていることがわかっています。
ぬちまーすは、塩ですが、ぬちまーすを習慣にすると、このような効果が得られます。

  • 冷え改善
  • 免疫力アップ
  • アトピー改善
  • 肌のかゆみや肌荒れ改善
  • イライラ解消
  • 疲れにくくなる
  • デトックス効果
  • 肌の安定

 

ぬちまーすの使い方

水を飲む女性

①水に溶かして飲む

夏になると、汗をよくかくようになります。
そこで、体の体液と似たポカリスエットなどをのみますが、ぬちまーすはミネラルをバランス良く含み、体液に非常に近いため、効率よく体内に水分を補給することができます。
また、ミネラルは体の調節機能を担っているため、毎朝コップ一杯のぬちまーす水を飲めば、デトックス効果が期待できます。

②ごはんやおかずにかける

塩ご飯と聞くと、質素なイメージですがぬちまーすは、しょっぱさだけでなく、これまでの塩のよりもやわらかくマイルドな味わいなので、風味が増しいつものご飯が一層美味しく感じられるでしょう。
さっぱりと豆腐にかけて食べたり、お弁当やおにぎりにかけるのもおすすめです。

③野菜やフルーツに

アボカドのカラフルなサラダ
スイカに塩をかけて食べますが、トマトや他の野菜やフルーツにぬちまーすをかけて食べると、甘みがより引き立ち、いつもの野菜や果物がおいしく食べられます。
旨みが増し、食欲が落ちてくる夏の暑い季節にぴったりの食べ方です。

④デザートに

ぬちまーすは、旨みをふくんだ塩なので、そのまま舐めたりご飯にかけて食べるだけでなくアイスなどにかけてもおいしく食べられます。  

 

ぬちまーすは食べるだけじゃない!

肌のキレイな色白女性
ぬちまーすシルクソルトは、マッサージ用のぬちまーすです。
エステで使用されるほどその効果は確かなものです。
ぬちまーす同様とても粒子が細かくパウダー状なので肌を傷つけることなく、古い角質を取り除くことができ、マッサージ後は肌の潤いがアップします。
肌荒れ、毛穴の悩み、くすみ、肌のごわつきに悩む方におすすめです。

ぬちまーす-シルクソルト
ぬちまーす シルクソルト
250g(50回分)3,996円
顔にもボディにも使えます。  

 

おわりに

350 塩 スパ スキンケア マッサージ
日本には、まだまだ知られていない「キレイ」をつくる食材がたくさんあります。
その中でもぬちまーすは、暑くなるこれからの水分補給としてスポーツドリンクの代わりに飲んだり、デトックスのために塩水生活をはじめたり、料理の幅を広げるためにちょっとくわえてみるなどその使い方は無限大です。
塩分も控えめなので、健康を気にかける人にも積極的に取り入れてほしい塩です。

ちなみにぬちまーすは、食用のぬちまーすをはじめとして他にもシャンプー、石鹸などぬちまーすを使った様々なアイテムがあります。
ぬちまーすを使うと、塩にはまってしまうかもしれませんね。

ぬちまーす

ぬちまーす
▲ヌチマース成分表 画像引用元:ぬちまーす公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る