目指せ健やか肌!乾燥肌から抜け出すための洗顔法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

肌をつくるのは、肌を清潔にするところから始まっています。
いくら化粧水を変えても効果を感じることができないのは、もしかしたら洗顔料があなたの肌に合っていないからかもしれません。
それほど、洗顔料選びはスキンケアにとって重要なステップであり、洗顔方法を変えてみると、肌の悩みを解決する可能性は大いにあります。

大人になってからの乾燥肌はとても厄介な肌悩みですよね。
それでも、根気強くお手入れしていけば、肌コンディションはきっと変わるはず。
まずは、洗顔で肌コンディションを変えてみませんか?

 

洗顔のポイントを抑える

350
洗顔で肌が乾燥してしまう理由は、主に二つあります。
まず一つ目は洗顔料に使われている洗浄成分が肌のうるおいを奪いすぎているためです。
そして、もう一つは洗顔方法にあります。
洗顔するときに泡立てが不十分だと、泡が粗くすぐに潰れてしまい、肌を手でこすってしまう形になります。
せっかく良い洗顔料を使っていても、手が肌を擦ってしまうとどうしても摩擦が生じてしまい余計に肌を乾燥させてしまいます。

洗顔をするときは、まず自分の肌にあった洗顔料を選ぶこと。
自分の肌に合う洗顔料とは、

①使ってみて肌トラブルが起きないもの
②使い始めて肌状態が良くなったなと自分で感じられるもの

です。
洗顔のポイントを抑えるだけでも肌の調子は変わってくるでしょう。

 

洗顔するときは必ず洗顔料が必要?

350
朝に行う洗顔の目的は、夜寝ている間に分泌された皮脂や顔についたホコリなどを洗い落とすため
です。
メイクをしているわけではないので、乾燥が気になるときは、ぬるま湯(冬だと冷たいかな、夏だとなんとなくぬるいかなくらいの温度。おすすめは32度。)だけでもOKです。
もしくは、天然の界面活性剤を使っているものが肌のうるおいを奪いすぎないのでオススメです。

夜の洗顔は、クレンジングで残ったヌルつきや汚れを洗い落とすためです。
ほとんどクレンジングで汚れは落ちているのでさほど洗浄力は必要としていません。

乾燥肌は、肌のバリア機能が低下しています。
できれば、固形石鹸で泡をしっかりと立てて洗う方法がオススメです。
必ずしも乾燥肌は洗顔料が必要なわけではありません。
皮脂を残したことを気にするよりも、うるおいを洗い流しすぎないことの方が重要です。

 

どんな洗顔料を選ぶと乾燥肌は良くなるのか?

350
洗顔料は成分を重視するなら石鹸、使い勝手を重視するなら洗顔フォームの方いいでしょう。
夜遅くて洗顔が面倒になるのなら、固形石鹸で泡立てるのが面倒になって、泡立て不足で肌をこすり刺激を与えてしまいます。
それなら、押せば泡が出てくる洗顔料で手早く洗ってしまった方が肌にとっては負担が軽減できます。

しかし、乾燥肌の場合、本来肌のうるおいが足りていない状態なので、できればうるおいを逃がさない合成界面活性剤を使用していない天然由来の洗浄成分を使用しているものを選びましょう。
まずは、洗顔料の裏面をチェックし、植物以外の難しそうなカタカナの羅列が多いものはできるだけ控えるといいかもしれません。

また、ドラッグストアで他の洗顔料よりも安すぎるものは避けましょう。
安価な原料は肌へ刺激となる可能性が高めです。

 

オーガニックかケミカルか、大事なのは成分だけ?

350
洗顔料を選ぶときに、考えてしまうオーガニックかケミカルかという問題。
あなたもきっと迷ったことがあるはずです。
しかし、最近のものはオーガニックの効果も充分発揮出来るものが増え、洗い上がりのつっぱり感や泡の濃密さも引けをとりません。
ケミカルのものでも、肌の負担を極力抑えたものが増えてきました。
そのため、「乾燥肌だから、肌の負担を避けるためにオーガニックにしないと!」と決めつける必要はありません。

もちろん、肌に優しいものを選ぶという選択は間違っていませんが、試してみて使い心地が良かったものを選んでみてください。
成分も大切ですが、気に入ったものは肌に合っている場合がほとんどです。
そもそも、肌に悪影響となる成分を大量に配合している洗顔料はありません。
洗う時間を短くし、濃密な弾力のある泡を作って泡立てることの方が大切です。

 

乾燥肌向けオススメ洗顔料BEST3

乾燥肌向けのオススメ洗顔料はマイルドな洗浄成分で優しく洗い上げ、保湿成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。
洗い上がりもつっぱらずにもっちりと仕上がるものを集めてみました。
洗顔で肌の乾きが改善されるのも不可能ではありません。

乾燥肌でも使えるオススメ洗顔料
第1位 アロ クリムサボン

アロ クリムサボン
aro クリムサボン
100g 3,048円(税抜き)

鉱物油やアルコール、パラベン不使用のクリーム状の洗顔料を泡立てると濃密な泡ができます。
コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタという3大美容成分を配合した洗いながらも肌にうるおいを与えていく洗顔料なので、肌の乾燥が気になる人も洗顔が楽しみになるはず。
1日2回の洗顔を1年365日続けると、1年でなんと730回も洗顔します。
うるおいを奪うだけの洗顔料では肌は乾燥するはず。
一生使える洗顔料として、クリムサボンで洗顔をしてみれば肌の違いをあなたもきっと自分の肌で実感できるでしょう。

乾燥肌でも使えるオススメ洗顔料
第2位 花綸肌潤

花綸肌潤
花綸肌潤
200g 3800円(税抜き)

界面活性剤やアルコール、鉱物油や合成香料、着色料、パラベン等を使用しておらず、52種類の植物エキスを配合した美容液のような洗顔料です。
洗浄をベースに保湿をプラスするのではなく、保湿ベースに洗浄成分をプラスするという発想のもとつくられたこの花綸肌潤は、洗顔はもちろん、肌のトリートメント効果や角質ケア、マッサージもできる多機能スキンケアアイテムです。
乾燥肌の悩みである、うるおいを奪いすぎない、けれど、汚れを残さないという願いを叶えた洗顔料です。

乾燥肌でも使えるオススメ洗顔料
第3位 ねば塾 化粧石鹸 ちゃんからさん

ねば塾-化粧石鹸-ちゃんからさん
ねば塾 化粧石鹸 ちゃんからさん
95g 500円(税抜き)

乾燥肌の原因がどの成分なのか、成分がいろいろ入っていると判明しにくいものです。
この化粧石鹸ちゃんからさんの配合成分はいたってシンプル。
石けん素地に水、グリセリン、加水分解シルク、桑白皮エキス、ローズ水そして香料のみです。
合成界面活性剤や化学合成の防腐剤などを含んでいないので赤ちゃんでも使えるという洗顔料です。
もともと固形石けんは他の洗顔フォームよりも肌に優しいと言われていますが、ちゃんからさんは必要な洗浄成分と保湿を配合しているだけなのでシンプルなスキンケアが可能になります。
マイルドな洗い上がりなので、洗顔後もつっぱらず、うるおいのある肌へと導いてくれます。

 

おわりに

肌の生まれ変わりは28日が一般的と言われていますが、年齢とともにその周期は長くなってしまいます。
そのため、一週間や二週間ほどで肌が劇的に変化するのは難しいかもしれません。

しかし、肌を変えるためにやっているんだ。
乾燥肌をなんとかしたいとの思いで根気強く続けてみてください。
それは肌の細胞レベルで確実に良い方向へと変化してくれます。
しっとりもちもちの肌になることを信じて丁寧な洗顔に挑戦しましょう。

こちらもどうそ。
敏感肌から卒業するための洗顔方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。

関連記事



ページ上部へ戻る