目指せ健やか肌!乾燥肌抜け出すためのクレンジング・メイク落とし法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

皮脂を天敵のように考えがちな私たちの肌質は、脂性肌よりも乾燥肌の方が多いという事実を知っていますか?
アブラの取りすぎは余計なアブラを生み出す原因となります。
”キレイにし過ぎる”肌のお手入れは肌を乾燥させてしまいます。

知っているようで、知らなかった乾燥肌の原因を突き止め、肌の乾燥を防いであげましょう。
お手入れ次第で乾燥肌からうるおいに満ちた健やか肌へと変わることができます。

今回はクレンジング・メイク落としというポイントから乾燥肌脱却作戦を考えてみましょう!

 

乾燥肌にクレンジングオイルは不適切!?

350
普段、クレンジングはどのようなタイプを使っていますか?
拭き取りシートやクレンジングオイル、リキッドに、クリームタイプ、ミルクタイプ、ウォータータイプのクレンジングなど様々なタイプのクレンジング剤があります。

どれもメリットデメリットがそれぞれありますが、乾燥肌ならクレンジングシートやクレンジングオイルは避けておきたいものです。
というのも、シートの場合、肌を擦ってしまいます。
シート一枚で濃いメイクもオフしてしまうほどの洗浄力を兼ね備えているということは、洗浄力も強力です。

クレンジングオイルもまた、刺激が強く肌のうるおいを奪ってしまう代表です。
皮脂だけでなく、うるおいを保っているセラミドまで洗い流してしまいます。
シートよりはオイル、オイルよりはミルクがオススメです。

とはいっても、ミルクタイプは目元専用のリムーバーが必要だったり、なじませるのに時間がかかるというデメリットもあります。
早く済ませようとゴシゴシこすってしまうのであれば、そこはオイルでさらっと短時間でメイクをオフしたほうが肌にとっては賢明です。
必ずしもNGではありませんが、洗浄力が強すぎるということを頭の中にインプットしておきましょう。

 

洗い流す温度に注目!

350
クレンジング剤の裏を見てみると、ぬるま湯または水で洗い流しましょう。と書かれているのをよく目にします。
なぜか、、、。
洗い流す温度が高すぎると、皮脂やうるおい成分まで一緒に洗い流されてしまうためです。

せっかく、丁寧にミルククレンジングをしても洗い流す温度が高すぎると、意味がありません。
洗い流す時は、乾燥肌なら、32度が適温です。
これはぬるま湯と言わないんじゃないかくらいの温度です。

また、浴室で全身まとめてシャワーで洗い流す人もいるかと思います。
しかし、それでは顔に必要以上の温かさです。
さらにシャワーの場合、水圧が刺激になることも考えられます。

乾燥肌はとにかく優しく扱うことに尽きます。
流水をすくって肌につけるようなイメージで洗い流しましょう。
最初は面倒に感じるでしょう。
しかし、こうすることで肌のうるおいは保たれ、肌改善には効果的です。

ほとんどの方の洗い流し方が肌にとっては刺激となっていることでしょう。
まずは、水温を意識して優しく赤ちゃんの肌を洗うかのように自分の顔のメイクを落としましょう。

 

クレンジングのときにマッサージをしていませんか?

350
クレンジングをしているときに、顔のマッサージをしていませんか?
それは、肌をマッサージしているのではなく、洗浄成分を肌に刷り込んでいることになります。
ただでさえ、クレンジングに使われている成分は肌に負担をかけていると言われるほどです。
それを保湿成分でもないのに、肌に押し込んでいるとしたら、肌は改善していくどころか肌の炎症が悪化し、みるみるうちに肌は今よりボロボロになりかねません。

マッサージそのものは血流を良くしたり、筋肉をほぐしたりととても効果的なものですが、行うなら、洗顔後、一通りのスキンケアを行ったあとにマッサージクリームを使ってマッサージを行うようにしましょう。
メイク落としの成分はできるだけ早く肌から落とすべき成分です。
クレンジングのときは、メイクを落とすことに専念しましょう。

 

目元のクレンジングは手早く!

350
目元は顔の印象を大きく左右するパーツです。
そのため、アイシャドウにアイライナー、マスカラといった気合の入ったメイクをすることもあるはずです。

しかし、皆さんもご存知の通り、目元の肌の薄さは他の皮膚よりもさらに薄いと言われています。
0.02mmよりももっと薄いんです。
そんなに薄い皮膚をクレンジングでゴシゴシ擦り皮脂をスッキリ洗い流すと、新しい皮脂が出てくるまでになんと48時間もかかってしまいます。

皮脂は私たちの肌を守る一番外に近いバリア機能です。
そのバリア機能がなくなるので目元は乾燥しやすく、シワができやすいのです。
目元のメイクアップ料を落ちやすい成分に変えてみたり、できるだけ目元にかけるクレンジング時間を少なくする努力が必要ですよね。

また、目元専用のクリームや美容液でしっかりと保護することも忘れないようにしましょう。
クレンジングはメリハリをつけてできるだけ手早く行えるようになるといいですね。

 

乾燥肌向けオススメクレンジング・メイク落としBEST3

乾燥肌でも使えるオススメクレンジング・メイク落とし
第1位:オルビス クレンジングリキッド

オルビス クレンジングリキッド
オルビス クレンジングリキッド
150ml 1,334円(税抜き)

クレンジング選びのポイントの一つ、素早くメイクオフできるかどうか。
素早さを優先させるならオルビスのクレンジングリキッドがオススメです。
美容液のようなとろみで肌を刺激することないだけでなく、なじみが良いのであっという間にメイクオフが可能です。
弱酸性でアルコールフリーなので肌の乾きが気になる方も安心して毎日のメイク落としができます。
保湿成分も含んでいるので洗い上がりもつっぱり感を気にせずに済みます。

乾燥肌でも使えるオススメクレンジング・メイク落とし
第2位 フィッツ レイドロネトワヤン クレンジングミルク

フィッツ レイドロネトワヤン クレンジングミルク
フィッツ レイドロネトワヤン クレンジングミルク
200g 3,800円(税抜き)
初回限定でお試しサイズ40g(約10日分)を500円で試せます。

100%天然由来成分でつくられたクレンジングミルクです。
濃厚なミルク一つでクレンジングから洗顔、マッサージができるという3in1なのでダブル洗顔が必要ありません。
白く粉をふいてしまう肌であっても、肌に負担とならずにメイクを落とすことができ、さらに、使い続けるたびに肌のもっちり感を感じられるようになります。
肌が柔らかくなっていくのを感じられ、洗い上がりは水分と油分のバランスを整えた肌にしてくれます。

乾燥肌でも使えるオススメクレンジング・メイク落とし
第3位 ビサキ クレンジングミルク

ビサキ クレンジングミルク
ビサキ クレンジングミルク
200ml 2,980円(税抜き)

ライスエキスやセラミド、アボカドが肌のうるおいをキープしつつ、カモミールやゼラニウムが肌のバランスを整えながら、メイクオフしていくクレンジングミルクです。
濃いアイメイクやリップメイクは先にオフしておく必要があるものの、使ってみれば香りとその洗い上がりに感動するはずです。
完全無農薬栽培で育てられたハーブの力で肌をいたわりながら、健やかな肌に導いてくれるメイク落としです。

 

おわりに 

メイクをするのは楽しいのに、落とすのは面倒なものです。
だからといって、メイク落としを適当にやっていると肌コンディションはあっという間に悪くなり、肌がボロボロに。
メイクをするなら、しっかりメイクを落とすこと。
メイクアップにお金をかけるように、クレンジング剤にもお金をかけて良いものを選ぶようにしましょう。
スキンケアはクレンジングから始まります。
肌の乾燥を良くしていくのもクレンジングからです。

こちらもどうぞ★
乾燥肌を卒業するための美容液・美容クリーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る