結婚式場の見積書をチェック!節約できるところ・できないところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

結婚式場を決めるときに重視するポイントのひとつ「見積もり」。
できるだけ安くしたいけれど、むやみにグレードダウンして残念な結婚式になってしまっては元も子もありません。
やっぱり費用を抑えながらも決して見劣りしない結婚式を実現できたら、いちばんうれしいですよね♪
そんな結婚式を可能にするために大切なのが、節約できるところと節約できない(してはいけない)ところを知ること!
知って見積もりをかしこくチェックできるようにしましょう。

 

かしこく見積もりダウン! 節約できるところ

持ち込み料・保管料がかからないものは持ち込む

350
結婚式で必要になるアイテムは、会場または会場と提携しているお店で用意されることがほとんどです。
一方、会場や提携店以外で用意して持ち込む新郎新婦もいます。
その場合にかかる料金こそが持ち込み料・保管料
持ち込むものにもよりますが、5万円前後が多い様子。
なかなかの金額ですよね。
持ち込むアイテム自体が安くても持ち込み料・保管料を合算すると、会場で用意するより高くなってしまうケースも……。

しかしこの持ち込み料・保管料、会場によってかかるアイテムや料金が異なります!
衣装や引き出物には、持ち込み料・保管料を設定している会場がまだまだ多いのですが、プチギフトやペーパーアイテムなどにはかからないところが増えています。
会場で用意するよりも安くてすてきなアイテムがたくさんあるので、なおかつ持ち込み料・保管料もかからないとなると、かなりお得♪

なかには全アイテムに持ち込み料・保管料なし! としている会場もあります。
衣装などもぐっと節約したい方は、式場探しの段階からチェックしてみてはいかがでしょうか。

テーブルクロスやナフキンなどのリネン類(節約の目安:3~5万円)

350
テーブルクロスやナフキンは会場にあるものを使うようにすると、なんとお金がかからないことがあります。
筆者が以前勤めていたホテルがまさにそうでした。
ホテルやレストランなど、結婚式以外のシーンでも頻繁にリネン類を扱う会場では無料としているところがあるようです。
無料とまではいかなくても、会場提携のリネン専門業者からレンタルするよりは費用が安くなります。

色や柄にこだわりがあるなら、もちろん専門店でレンタルすると良いと思います。
ただ、強いこだわりがないのであれば、会場で使っているテーブルクロスでもだいたい数種類から選べる上、テーブルフラワーで彩られるので十分でしょう。
ここは節約したからといって、大きく見劣りすることはありません。

新郎・新婦のお色直し(節約の目安:10~40万円)

350
新郎新婦両方がお色直しをすると、衣装・ヘアメイク合わせて1回あたり20~40万円ほどかかります。
この金額は割引の有無や選ぶ衣装によって前後しますが、まとまった費用がかかるのはまちがいありません。

そこで思い切ってお色直しをしない手もあります!
実際、最近ではお色直しをしない新郎新婦もいます。
お色直しのお金を浮かせられるだけでなく、本来のお色直しの時間をゲストと過ごす時間にあてられるという理由があるようです。

そうはいっても、お色直しをなくしてしまうのは味気なく感じる方もたくさんいるはず。
お手洗いに行くタイミングもなくなってしまいます。
お色直しは必要! でも節約もしたい! という方は、衣装は変えずにヘアメイクやアクセサリー、ブーケなどを大きくチェンジさせるのがおすすめ。
お色直しを5~10万円程度の費用に抑えられます。
たとえば、ヘアスタイルをアップからダウンにしたり、まったくちがった形のブーケを持ったり色味を反対色にしたり……。
ウエディングドレスのままでも、そのほかの色やスタイルを変えるだけで雰囲気がかなりちがって見えます♡
新郎もネクタイやブートニアのチェンジでけっこう印象が変わりますよ♪

【注意】ペーパーアイテムの手作り(節約の目安:3~10万円)

350
結婚式費用の節約術としてメジャーなペーパーアイテムの手作り
ウエディングトレンドのひとつでもあります。
ゲストへの気持ちが伝わる招待状を作りながら手軽に節約できるのは、たしかに魅力的ですよね。

ただ、ペーパーアイテムの手作りにはけっこうな手間と時間がかかります。
招待状や席次表・席札の手作りキットがたくさん売られていて、一見簡単に作れそうな気がしますが、実はそうではありません。
まずプリンターがペーパーアイテムの用紙サイズに対応していることは必要不可欠。
パソコンやプリンターの操作に慣れていることも重要です。
さらに一部ずつ組んでいく単純作業も意外に時間がかかって大変です。

筆者が結婚式場に勤めていたころ、席次表の作成を代わりに引き受けたことがあります。
結婚式当日を間近に控えた段階でお願いされてしまったので、そのときは正直大変でした(>_<)
これから手作りを選ぶ方はギリギリにならないよう、手間がかかることをあらかじめ念頭に置いておきましょう!

手作り感が出すぎると貧相と受け取られかねないので、結婚式にふさわしいペーパーアイテムに仕上げることも意識してくださいね。

 

けずると後悔するかも? 節約できないところ

新婦のリハーサルヘアメイク

350
リハーサルヘアメイクとは、結婚式当日のヘアメイクを事前に試してみることです。
美容リハーサルなどと記されていることもあります。
2、3万円が相場。

リハーサルにこの金額は惜しいと思う方はまあまあいるようで、しない選択をする方も。
その場合、当日か当日までに希望や似合うヘアメイクなど簡単な相談だけして、当日に初めてヘアメイクをすることになります。
ぶっつけ本番で満足のいく仕上がりになれば良いですが、実のところそうはいかないことのほうが多いものです。
どんなに良い衣装でも、もしヘアメイクが決まらなければ悲しいことに……。
せっかくの結婚式、2、3万円程度で危ない橋を渡らないほうが賢明!
ここはけずるよりも、料金に見合うだけとことん試してもらいましょう♪

料理・飲み物

350
料理や飲み物はゲストが最も楽しみにしているといっても過言ではありません。
そこをけずってしまうのはいかがなものでしょう……、少なくとも筆者は、料理をケチることはおすすめしません。
試食してみて見た目からおいしく、ほどよいボリュームもあれば、もちろん安くてもOK!
節約の気持ちばかりが先立って、安かろう悪かろうになってしまうことだけは避けましょう。

結婚式でのおもてなし思考が高まっている近年、現に料理・飲み物にかける費用が増加傾向にあります。
ゲスト1人あたり1万7千円ほどが平均なので、目安にしてみてくださいね。

司会者

350
司会者は披露宴進行のかなめ!
5万円前後のお金がかかるので、友人のみの結婚式とかだとプロに頼まず友人に司会を頼むケースもあるようです。
その場合、グダグダになってしまったり、盛り上がりすぎて収拾がつかなくなったりすることが十分あり得ます。
スムーズに進まないとなると、披露宴全体が台無しになりかねません。
披露宴は2次会とはちがって、やはりきちんとした結婚式らしさも必要。
段取りのとおりにすすめられるよう、プロに任せることをおすすめします。

家族婚や、披露宴ではなく少人数の会食にする場合は、プランナーさんに頼んでも良いかもしれませんね。

写真・アルバム

350
写真も友人に任せてしまいがちな項目。
プロのカメラマンにお願いして撮影してもらい、アルバムを作成すると10~20万円は必要です。
正直、料金が高く感じるかもしれません。
とはいえ、結婚式は一生に一度のこと。
思い出のなかでも特にきれいな形で残しておきたいものです。
当たり前ですが素人の写真とプロの写真はまったく別物です。
「やっぱりプロにお願いしとけば良かった」なんて後悔しても結婚式の時間は戻ってきません。
写真を残さない主義や絶対に後悔しない自信がある方は思いっきり節約できますが、そうでない限りはプロのカメラマンにお任せしましょう。
写真データもまとめて渡してもらえるので、結婚あいさつのはがきなどに応用できますよ♪

 

まとめ

結婚式をお考えの方は、「見積金額はのちのち上がってくる」という話を一度は耳にしたことがあると思います。
まさにそのとおりで、ほとんどの場合上がります。
下がることにいたっては、ない! と断言できるほどにめずらしいことです。

見積金額が上がっていく理由は、

  • ゲストの人数が増える
  • 料理・飲み物のランクを上げる
  • 前撮りや二次会をする
  • (最初の見積もりにお色直しの項目がなければ)お色直しをする、または回数を増やす
  • 両家両親の着付け・ヘアメイクをお願いする

などにあります。

このようなことから最終的に費用が増えることを踏まえて、最初の見積もり段階でうまく節約することが重要ポイント。
「うまく」節約するとは冒頭でもお伝えしたとおり、節約できるところ・できないところを項目ごとに見極めることです。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

最後に、見積金額をあがりにくくする方法もお伝えしておきます。

ゲストとして誰を呼ぶか最初から具体的に決めておきます。
人数が次々に増えることを防げるので、人数によって数量が変動する項目の金額が上がりません。
今後結婚式の準備を進めていくなかでゲストをリストアップする必要が出てくるので、どうせなら一番初めにやっておきましょう!
具体的に誰、というのがまだイメージできない場合は、ざっくりで良いので多めの人数を伝えておきます。
そうすれば人数による項目については、見積もりが減ることはあっても増えることはないはずです。

予算をはっきりと伝えることも大切。
節約を考えているなら、「○万円までに抑えたい」という気持ちがあると思います。
その気持ちを遠慮なくプランナーさんにぶつけましょう。
伝えるときは、はっきり・しっかりがポイント!
「予算は○万円くらいです」とアバウトに伝えたのでは、予算を少々こえた見積もりが出されがちだからです。
「費用はどうしても○万円までに抑えたいです」、「低予算は最も重視していることのひとつです」など、予算範囲内に抑える点だけはゆずれないことを念押ししてくださいね。
念を押されれば無理難題ではない限り、プランナーさんだって頑張って見積もりを予算範囲内に抑えてくれるでしょう。

費用を抑えつつもクオリティーに大満足できる結婚式にしてくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Y. NISHIKAWA

著者の記事一覧

結婚式の空間が何より大好き!な、元ブライダルプランナー・現ライター。
趣味は散歩となわとび、ウィンドウショッピング。ミッフィーが好き。
全米ブライダルコンサルタント協会認定ブライダルプランナー検定1級を取得しています。

ライターの魅力は結婚式場でのプランナーの頃よりも、はるかに多くの女性に情報発信できるところ!
ウエディングの正しい知識やトレンドはもちろん、ブライダル情報誌には載っていないような元プランナーならではの情報をご提供します☆
また、ウエディングに限らず、女性のキレイに役立つ話題も積極的にピックアップしていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る