アラサー混合肌が辛口で評価!洗顔石鹸比較ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

洗顔石鹸LOVE&化粧品会社勤務の筆者が、いろんな洗顔石鹸を試してヨイショ無しの本音レビュー&完全好みでランキングつけました♪
ちょうど新しいものを買おうと思っていた方、今の洗顔料に満足していない方などいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてください。

 

筆者の情報

28歳(♀)。
肌質は、Tゾーンはテッカテカ、頬はかさつくというまさに典型的な混合肌。
毎日昼を過ぎると鼻が異常な光を放っているのが悩みです。

脂以外に関しては割りと落ち着いた肌状態ですが、生理前になると口周りを中心に少し肌荒れを起こすことがあります。

※できれば美容液にお金をかけたいので、洗顔石鹸は1ヶ月1,000円前後が理想!

 

今回試した洗顔石鹸5つはこちら

こちらの5つを順番に試しました。

  1.  ポーラ 「Dソープ」
  2. メコゾーム 酵素洗顔石鹸 「ブライトニングソープ」
  3. ココラルム 「VCOマイルドソープ」
  4. 健康コーポレーション 「どろ豆乳石鹸どろあわわ」
  5. 米肌 「肌潤石鹸」

ちなみにどれもサンプルではなく本商品で試しました。

 

価格の比較

一覧にまとめるとこのようになります。
定期コースで購入したものもありましたが、一旦通常購入での価格(HPに載っている記載)でまとめました。

洗顔石鹸ランキング

1ヶ月あたりの金額は、価格と期間を元に算出しています。

比べてみると、1個あたりの金額はメコゾームの「ブライトニングソープ」が1番安いですが、1ヶ月あたりの金額で見るとポーラの「Dソープ」が1番安いです。

 

泡の比較

顔に乗せた時の写真一覧です。

洗顔石鹸比較ランキング

角度や明るさが一定じゃなくてすみません…

商品によって、肌色が分かるくらいの軽めの泡から、顔面覆うようなもこもこ泡までいろいろでした。

写真からも分かるように、メコゾームの「ブライトニングソープ」と健康コーポレーションの「どろあわわ」は、泡がとてもしっかりしているのが特徴で、他の3つはボリュームはあるけど乗せると軽めなのが特徴でした。

 

洗顔石鹸比較ランキング

ランキング選定基準

今回実際に5つの石鹸を使用して、下記の5つの点で総合判断をしました。

  • 泡立ちの良さ、泡立てやすさ
  • なじませている時の気持ち良さ
  • 汚れ落ち
  • 洗いあがりの肌の調子
  • コスパ

中でも最も重視したのは、洗いあがりの肌の調子です。
いかに肌に負担をかけずに、そして邪魔をせずに不必要な汚れのみを落とすか、これこそが優秀な石鹸のあるべき姿だと筆者は考えています。

すっきりタイプの石鹸は、汚れ落ちは感じる反面、洗った後に肌がつっぱったりひりひりすることがあります。
反対にしっとりタイプの石鹸は、肌に膜がはりすぎて、ぬるぬる感を感じたり、化粧水の浸透が悪くなってしまうことがあります。
いかにこの中間であるか、こちらに関しては筆者、かなりうるさくチェックしています。

それ以外に関しては、基準はありますが直感が大きいです。(なんだかんだ言って、直感ってすごく大事!)

コスパに関しては、1ヶ月1,000円前後が希望ではありますが、これならオーバーしても良い!と価値を感じた場合は上位に入れています。

それでは早速発表していきます!

1位 ポーラ「Dソープ」

POLA ポーラ「Dソープ」
Dソープ
100g/2,700円(税込)約100日分

  • 泡の感覚…ねっとりしているのに軽い
  • 洗いあがり…すっきりとしっとりの中間

Dソープ 公式サイト

今回の中では1ヶ月あたりの価格が最も安いというのがとても魅力的でしたが、なんといっても洗いあがりの感覚が抜群に調度良いです。

すっきりなのにつっぱらない、そして膜をはっていないのに乾燥してない、この絶妙なバランスがピカイチです。

ねっとりしているのに肌にのせるとふわっと軽い泡のおかげだと思います。

筆者は混合肌ですが、オイリー肌の方にも乾燥肌の方にも、どちらの方にもおすすめできるかなと思います。

こちらの石鹸はポーラの「D(ディー)」という、肌にとって不要なものを「捨てる」ことに着目して生まれたエイジングケアシリーズ。
ほのかに香るフローラルのおしゃれな香りも、大人の女性感を漂わせてくれます。
筆者と同じアラサー世代のエイジングケアデビューにはすごくおすすめだと思います。
Dソープのレビューを見に行く

ポーラDトライアルセット

洗顔石鹸付きのお得セット

クレンジングオイル、洗顔石鹸、薬用コンディショニングローション、ローション、ミルク、そしてポーチがセット!
送料込みの3,240円(税込み)
ポーラDトライアルセット体験記事

 

2位 米肌「肌潤石鹸」

 米肌 肌潤石鹸
肌潤石鹸
80g/3,500円(税抜)2~3ヶ月分

  • 泡の感覚…今回の5つの中では抜群に軽い
  • 洗いあがり…すっきりとしっとりの中間

肌潤石鹸 公式サイト

気に入ったのは泡の軽さ!
泡を作っている時もこぼれ落ちそうなくらいふわふわなのに、泡自体はしっかりしているから逆さにしても落ちません。

顔にのせても本当に軽くて、肌への負担が全くないのが感じられます。(ここまで軽いとついこすりがちになってしまうので、そこだけは注意しないといけません)
泡が軽いため洗い流しも簡単で、洗いあがりもまさに筆者の求めているすっきりとしっとりの中間で絶妙なバランスです。

泡立てネット不要で簡単に泡立つという点と、もこもこしすぎない適度な泡が、朝の洗顔でもぴったりだなと思います。
肌潤石鹸のレビューを見に行く

 

3位 ココラルム「VCOマイルドソープ」

VCOマイルドソープ
VCOマイルドソープ
85g /2,847円(税抜)夜のみ使用で約2ヶ月/朝晩使用で約1ヶ月分

  • 泡の感覚…ボリュームはあるけどふわっと軽い
  • 洗いあがり…すっきりが強いがつっぱりもなく適度

VCOマイルドソープ 公式サイト

5つの中で唯一、洗い流した時に肌がキュッキュとなったのが分かりました。
今までの経験上、この感覚になったということは肌の水分が持っていかれて乾燥してヒリヒリするに違いない!と構えていたのですが、特につっぱりもなく乾燥もありません。
初めての感覚でした。

固形石鹸だと洗った感じがしなくて嫌、乾燥するのは嫌だけど爽快感もほしい!
そんな方にはぴったりだと思います。

それと、冊子がすごくかわいかったのと、石鹸のほのかな甘い香りが内に秘めた女子心をくすぐられました。
あぁ、わたしもやっぱり女子なんだな、と改めて気づかせてもらえました(笑)

正直2位にしたかった!
でも、やっぱり朝晩使って1ヶ月3000円越えは辛い…ということで、泣く泣く3位にさせていただきました。
3,000円の価値がなかったとは思っていません!
個人的なお財布事情です…
VCOマイルドソープのレビューを見に行く

 

4位 メコゾーム「ブライトニングソープ」

酵素洗顔石鹸 メコゾーム「ブライトンングソープ」
ブライトニングソープ
60g /1,296円(税込)約1ヶ月分

  • 泡の感覚…重めのモコモコ泡
  • 洗いあがり…膜をはるまではいかないが、しっとりしている

ブライトニングソープ 公式サイト

泡立ちはすごく良かったのですが、逆に泡立ちすぎてボリューミーな泡が筆者の中ではネックになり、今回4位とさせていただきました。

夜だと問題ないのですが、朝だと生え際にぐんぐん入っていってしまうのと、筆者の家のように洗面所が狭い場合、泡がとっちらかってしまい後片付けが面倒くさいな…という理由からです。(完全に個人的な理由ですみません)

ですが、洗いあがりのしっとり感はすごく感じることができたのと、しっとりタイプの洗顔にありがちの膜がはって邪魔をしてしまうというようなこともなかったので、乾燥肌の方にはおすすめだなと思います。

コスパが良いのも魅力的です。
ブライトニングソープのレビューを見に行く

 

5位 健康コーポレーション「どろ豆乳石鹸どろあわわ」

健康コーポレーション「どろ豆乳石鹸どろあわわ」
どろ豆乳石鹸どろあわわ
110g / 2,980円(税抜)

  • 泡の感覚…5つの中では1番重めのずっしり泡
  • 洗いあがり…頬が乾燥して赤くなってしまった

どろあわわ 公式サイト

泡立ちの良さ&泡のしっかり感は間違いなくNO.1でした!

でも、肌荒れしている部分には合わなかったので、筆者の場合、肌が弱い状態の時は別の石鹸を使わないといけないというのが面倒だな、と思い5位にさせていただきました。
今回の5つの商品の中では、1番反応が分かれそうだなと感じます。

ただ、皮脂の多いTゾーンは問題なかったので、毛穴悩みのある方や、夏場などで寝汗をたくさんかいた時の朝洗顔などには良いかなとは思います。
どろあわわのレビューを見に行く

 

ランキングまとめ

実際に試して肌で感じた結果、

1位 ポーラ「Dソープ」
2位 米肌「肌潤石鹸」
3位 ココラルム「VCOマイルドソープ」
4位 メコゾーム「ブライトニングソープ」
5位 健康コーポレーション「どろ豆乳石鹸どろあわわ」

このような順位とさせていただきました。

かなり好き勝手言わせていただきましたが…完全に筆者の好みでつけているところもありますので、なんとな~く参考にしていただければ幸いです。

仕事柄、普段成分があーだこーだ言っている筆者ではありますが、化粧品って、まずは信じることが重要だと思っています。
「これで本当に良いのかなぁ」と思っているものと、「絶対きれいになる!!」と思っているものでは、絶対に後者の方が肌への見返りは大きいと思っています。
なので、一度使って「なんか良いかも♪」って思うかどうかのこの感覚を、皆さまにも大事にしてほしいな、と思っています。

このあとは…洗顔石鹸大好き筆者による石鹸&洗顔豆知識です。
最後まで読んでいただけたら…泣いて喜びます。

 

洗顔の適温は32度

洗顔石鹸比較ランキング
顔を洗う時に皆さまに絶対に守ってもらいたいのが温度です!
おそらく蛇口から出てくるお湯、または湯船のお湯で洗っている方が多いと思いますが、それだと熱すぎるんです!
熱すぎるお湯で顔を洗うと、顔の水分を一気に持っていかれてしまうので、乾燥が悪化してしまいます。

適温は32度。
お風呂のお湯が大体40度前後なので、それよりかなり低いということになります。
ただ、32度というぴったりのお湯を出すことはお風呂の設定上難しい方も多いと思いますので、水を少し足して、「決して熱くはないが、冷たくもないかな」と思うくらいのぬるめのお湯であれば大丈夫です。

ただし、冷たすぎると、肌がびっくりして荒れてしまう可能性がありますので、面倒だからといって冷水で洗うのはやめてくださいね。

 

石鹸と洗顔フォームって?

洗顔石鹸比較ランキング
みなさん、固形だと石鹸、チューブだと洗顔フォーム、そんな判断をしている方もいるのではないでしょうか?
実はそうではないんです。
固形でも石鹸じゃないものもありますし、固形じゃなくても石鹸のものもあります。

石鹸とは、油脂や脂肪酸に、水酸化ナトリウムや水酸化カリウムといったアルカリ性物質を混ぜて作られたものを指します。
なので全ての石鹸が「アルカリ性」です。(アルカリ性だから石鹸というわけではありません)

ただし、ヤシ油やパーム油のような天然の油もあれば、化学合成された油が原料の場合もありますし、そこにさらに洗浄成分や香料などのプラスアルファを入れて作っているので、商品によって特徴は全く異なります。

洗顔フォームは、これといった定義はないため、様々な洗浄剤や成分を入れて作ることが可能です。
洗浄力は商品によって大きく異なり、弱酸性のものも多くあります。

難しい話をしてしまいましたが…何が言いたいかというと、元となる材料や作り方はそれぞれ違いますが、最終的には各メーカー、商品によって異なるので、一般的に石鹸だから良い、悪いということはありません。
形状や種類にこだわらず、洗いあがりの肌状態で判断することが1番良いと思います。

ちなみに筆者は固形タイプの洗顔石鹸が大好きなのですが、それは保管が大変だったり、泡立てるのが面倒なことが、顔を洗う時に「ここまでしたんだから丁寧に洗おう!」と思わせてくれるからです。
ただ、共感してくれる方は少なそうなので(笑)みなさんは好みで選んでくださいね。

 

透明な石鹸と不透明な石鹸

商品によって大きく異なるとはお伝えしましたが、見た目によってある程度の石鹸の特徴を判断することができます。

それは透明か不透明かの違いで、保湿力と洗浄力が分かります。

透明な石鹸の特徴

  • 保湿力…高め
  • 洗浄力低め

不透明な石鹸の特徴

  • 保湿力低め
  • 洗浄力高め

すっきり感がほしい方は不透明タイプを、乾燥肌や敏感肌で肌へのやさしさをとりたい方は透明タイプにするなど、迷った場合はこの見た目を参考にしてみるのもありだと思います。

 

石鹸のおすすめ保管方法

石鹸を毛嫌いしている人って、泡立てるのが面倒という人も多いですが、保管方法に悩んで踏み出せないという人も多いかと思います。

実際に筆者も、過去にお風呂場に置いていたらドロドロとけていって気付いたらなくなっているという経験をしたことも数多くあります。

そこで筆者がおすすめなのは、スポンジの上に置くことです!
スポンジが良い感じに水分を吸収してくれるので、溶けた液体でさらに石鹸を溶かすという悪循環が無くなるんです!

食器洗いで使っているスポンジでも全然かまいませんが、専用のスポンジも販売されています!

無印良品 発泡ウレタン石けん置き
無印良品 発泡ウレタン石けん置き
210円(税込)

筆者はこちらの無印良品で買ったものを使用していたのですが、そろそろ買い換えようと思っていた矢先に、ザ・ダイソーでも発見!思わず購入!

洗顔石鹸比較ランキング

種類はカエルしかありませんでした。
早速ポーラのDソープを置いてみました。

洗顔石鹸比較ランキング

緑じゃなければ最高なんですが‥(笑)
良かったら皆さまもお試しください。

もちろん、スポンジが吸い取ってくれるからと油断するのはNGです。
石鹸を置く前には必ずスポンジをしぼって水分をとり、最低でも週に一度はスポンジを洗って乾かすようにしてください。
安く購入できますので、複数持ちしておくことをおすすめします。

固形石鹸は雑菌が繁殖しやすいので、注意が必要です。

ちなみに、泡立てネットもきちんと保管をしないと雑菌が繁殖してしまいます。
参考までに、筆者の泡立てネットの保管はこちらです。

洗顔石鹸比較ランキング
(生活感満載ですみません。笑)

スイマーで買った洗濯バサミに挟んで、脱衣所にかけています。
これできちんと乾きますし衛生的です。

 

最後に

余談が多くなってしまいましたが…洗顔石鹸ランキング、いかがでしたでしょうか?
筆者と同じ30前後の方なら、特に参考になるかなとは思います。
まずは一度試してみてください。
みなさまもこれだ♪と思えるような石鹸に出会えることを祈っています。

筆者はとりあえず、ポーラの「Dソープ」を継続予定です♪
「D」シリーズ、他の商品も試して、エイジングケア、本格的に始めようかと思います。

洗顔石鹸ランキング 1位 ポーラ「Dソープ」

POLA ポーラ「Dソープ」
Dソープ
100g/2,700円(税込)約100日分

Dソープも入っている、Dシリーズがラインでお試しできるトライアルセットはこちらから。
ポーラ,D(ディー)トライアルセット
D トライアルセット
2週間分 3,240円

▼洗顔石鹸レビュー一覧
第1回:捨てるエイジングケア ポーラ Dソープ口コミ
第2回:酵素入り石鹸 メコゾーム ブライトニングソープ口コミ
第3回:ココナッツオイル入り石鹸 ココラルム VCOマイルドソープ口コミ
第4回:泥の力で汚れを吸着 健康コーポレーション どろあわわ口コミ
第5回:ライスパワーで水分保持能力を改善 米肌 肌潤石鹸口コミ
最終回:おすすめ洗顔石鹸ランキング

その他人気洗顔石鹸

薬用ニキビ専用洗顔石鹸ノンエー
よか石鹸然り
mogans ハンドメイドソープ
プリオール オールクリア石鹸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: もりぼん

著者の記事一覧

1986年生まれ。
広島で生まれ育ち、ミーハー心だけで大学から東京に進出。
現在は化粧品メーカーに勤務しています。

仕事やネイルスクール(ネイリスト技能検定2級保有)で培った美容知識を、ここでは売り手側の視点ではなく、本当に皆さまが役に立つことだけを伝えていきたいと思います。

毎日大好きなキャラクターグッズに囲まれて過ごしています(^ー^*)
コスメコンシェルジュ/日本化粧品検定1級保有。

関連記事



ページ上部へ戻る