ニキビ肌から抜け出すためのおすすめスキンケア~洗顔料編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビ肌の洗顔は難しいですよね。
ニキビを潰さないように、でも皮脂はしっかりとオフしたい。
優しく洗っていると、これでいいのかと悩み、洗浄力の強そうなもので洗っていれば、肌がよくなるんじゃないかと色々試行錯誤するものです。ニキビ肌の洗顔のポイントはズバリ洗顔料と泡です。
ポイントを抑え、ニキビ肌から抜け出す方法を見つけ出しましょう。今、ニキビ肌に悩んでいてもそれがずっと続くわけではありません。ちょっとしたことを見直すだけで、肌は変わりますよ。

ニキビ肌の疑問 ニキビを治すには、洗顔フォームか、固形石鹸か。


洗顔料を選ぶときに、洗顔フォームにするか、固形タイプの洗顔石鹸にするか迷うものです。
泡立ちがよく、つっぱり感が少ないのが洗顔フォームで、泡立てるのが面倒で洗い上がりがつっぱってしまうものが固形石鹸といったイメージを多くの人が持っているかと思います。

確かに、固形石鹸には、余計なものを含んでいないものが多いので、洗い上がりがさっぱりとしているものが多いかもしれません。石鹸の成分は脂肪酸と苛性ソーダと精製水でできています。とてもシンプルですよね。

脂肪酸といっても、石鹸になる過程で油分は分解されているのでニキビと油分の関係を心配する必要はありません。ニキビ肌の洗顔に必要なのは、適度な洗浄力です。

洗顔フォームはやや洗浄力強めです。他に刺激となる成分は必要ありません。ニキビを治すための洗顔料としては、余計なものを含まない固形石鹸の方をオススメします。うるおいは洗顔後に与えればOKです。

ニキビ肌の疑問 どうやって洗えばいいんだろう。


ニキビができると、触りたくなるものです。
しかし、触ると、雑菌が毛穴の中に入り込んで炎症を悪化させかねません。また潰してしまうと、ニキビ跡となり、シミのような色素沈着やクレーターのように肌に凹凸をつくってしまうこともあります。

ニキビができた時は、マイルドな洗浄成分をしっかりと泡立てて、泡で顔を洗うこと。これに尽きます。
そして、洗う順番も皮脂分泌が多いTゾーン→Uゾーン→頰の順番で泡をつけましょう。また、気をつけるのは泡立て方ですが、今は便利な泡立てネットがあります。

石鹸も、ネットの中でくるくるするとあっという間に泡が完成します。この泡立てる時に、きちんと水を加えてあげましょう。そうしないと、石鹸成分が多くなり濃度の高い泡になってしまいます。
泡=洗顔料+水+空気でつくることを忘れずにキメの細かい泡をつくり、泡を転がすように肌を清潔にしましょう。

ニキビ肌の疑問 一向に良くならないニキビ肌の理由は水温にあり?


洗顔料がたとえあなたの肌に合っていたとしても、その効果を十分に実感できない時があります。その一つが洗顔時の水温です。ちょっと想像してみてください。
食器を洗う時に水で洗うか、お湯で洗うかで食器の洗い上がりは違いますよね。お湯の方が、短時間でキュッキュッとさっぱり洗い上がります。

一方、冷たい水だと、汚れや洗剤と水が混ざり合うのに時間がかかり、洗い残しもあります。肌もそれと同じです。お湯だと、短時間でキレイさっぱり洗い流してくれますが、必要な皮脂までスッキリ洗い落とします。

反対に、冷たい水だと汚れも洗顔料も肌に残ったままになっていることもあります。ニキビ肌にとっての適温は34~36度ほどです。やや皮脂を洗い流してくれて、やや皮脂を残してくれる温度といえるでしょう。

肌の調子が良くなれば、32度まで下げるのがオススメですが、毛穴の詰まりを程よく落とすには、普通肌の適温よりもやや高めの温度で洗顔してみてください。

ニキビ肌の疑問 洗顔料に入っていてほしい成分とは。


洗顔料のパッケージには、”洗い上がりしっとり”や”洗い上がりスッキリ!”といった言葉をよく見かけると思います。

ニキビ肌の場合、皮脂や油分はアクネ菌のエサになってしまうので、しっとりタイプよりもさっぱりタイプを選ぶ人の方が多いでしょう。
しかし、どちらもニキビ肌には必要ないかもしれません。どうしてかというと、しっとりタイプには、洗浄成分に加えて、肌表面に膜のようなものを張ることで肌のつっぱり感を抑えています。

この膜があることで、その後のスキンケアの浸透はあまり良いとは言えません。反対に、さっぱりタイプには、ヌルつきをなくしさぱり感を与えるためにアルコールや過剰な界面活性剤を配合している場合があります。

そうして考えると、ニキビ肌の洗顔料に入っていてほしい成分は、シンプルな石鹸素地や消炎作用のある甘草エキスといったもの、乾燥がひどい場合は多少の保湿成分で十分です。香料や着色料などは必要ありません。

 

ニキビ肌にオススメ洗顔料BEST3

ニキビ肌にオススメの洗顔料第一位:プライマリー (医薬部外品)


Non A.(ノンエー)
価格:2800円(税抜き)
容量:100g
洗顔でニキビを悪化させてしまう原因の多くは泡立ち不足が原因の肌への刺激です。Non A.の固形石鹸には、通常の石鹸素地と比較しておよそ4倍もの弾力をつくる「カリ含有石鹸素地」を開発・配合することで濃密で弾力のある泡を作り出しました。

手を逆さにしても落ちない豊かな泡の中には、炎症を抑える甘草成分や固形石鹸ならではのつっぱり感をなくすための天然有効成分・ローヤルゼリーエキスやスクワラン、さらに皮脂の分泌を抑え、毛穴を引き締めるダイズエキスを配合することで総合的にニキビケアをしていくことができます。

ニキビ肌にオススメの洗顔料第二位:泥豆乳石鹸 どろあわわ


泥豆乳石鹸 どろあわわ
価格:2980円(税抜き)
容量:110g
ニキビの原因である毛穴の汚れ・詰まりを吸着し、ニキビができにくい肌にするどろあわわに含まれるマリンシルト。沖縄で古くから親しまれてきたマリンシルトは、粒子がとても小さいので毛穴の奥まで届き、角栓を吸着しすっきりとした洗い上がりです。

また、どろあわわの特徴のひとつでもある弾力のある泡は、きめも細かいので手が顔に触れることなく汚れを洗い流してくれます。また、豆乳発酵液やヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分を配合することで洗い上がりは乾燥知らずのもっちり肌へ。

ニキビ肌にオススメの洗顔料第一位:ピカイチ アクナイン


ピカイチ アクナイン
価格:3500円(税抜き)
容量:60g
泡立ちをよくする界面活性剤を使用していないのに、きめ細かく濃厚な泡立ちを実現させたアクナイン。
アクナインは、汚れは落としながらも、うるおいを落としすぎない石鹸です。それを実現可能にしたのは、細かい泡です。その泡によって、毛穴の奥まで洗浄しながらも刺激となる成分を使用せず、炎症を沈静化させる植物成分を配合することでニキビの炎症を抑えるだけでなく、ニキビ知らずの肌へと導いてくれます。
敏感肌の人でも使える低刺激なアクナインは、使い続けることで肌の油分と水分のバランスを整えてくれます。

おわりに

ニキビ肌の洗顔で最も大切なのは、洗顔料よりも洗顔方法です。
ついつい肌をキュッキュッとこすり少しでも毛穴の詰まりをなくそうとしてしまいますが、それが実はニキビ肌から抜け出せない原因の一つになっているかもしれません。
できれば、シンプルな成分でつくられた固形石鹸を水を含ませ、濃密な泡にして優しく転がすように洗ってみてください。ちょっとしたことを変えてみるだけで、肌の調子は随分とかわるものです。

ニキビケアランキング1位 ルナメアAC

おすすめのニキビケアは「ルナメアAC」

毛穴の特性に着目!油溶性のニキビ予防成分配合ニキビケア

保湿★★★ 優しさ★★★ コスパ★★★

ルナメアAC
1,000円+税 
(1週間分)
送料無料
4点セット:洗顔料/化粧水/化粧水(2回分)/ジェルクリーム
おまけ:泡立てネット
ルナメアAC口コミ記事

あわせて読みたい♪
美容ライターが比較!大人ニキビケア化粧品おすすめランキング
大人ニキビには保湿効果の高い化粧水!乾燥対策でニキビを治す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る