タイミングを見計らって!彼がプロポーズをしやすくなる環境を整える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
彼がプロポーズをしやすくなる環境を整える

はじめに

「彼は結婚を考えてくれているみたいだけれども・・・」と、彼にプロポーズをして欲しいけれど、なかなかプロポーズしてくれない女性も多いですよね。
結婚を考えているようには見えるのに、なぜプロポーズしてくれないのでしょうか?
もしかしたら後一押しでプロポーズしてくれるかもしれません。
彼任せにせず、彼がプロポーズしやすい環境を整えてみましょう。

 

1.彼に頼り、自信をつけさせる

プロポーズしてくれない理由としては、彼に自信がないのかもしれません。
彼を必要としていることを彼にわかるようにアピールをして、彼に自信をつけてもらいましょう。
また、彼女以外のことにおいても自信がほしい場合もあります。
仕事をしている彼を立てたり、趣味に没頭している彼を支えたり、彼がやっていることについても自信をつけさせてあげてください。

 

2.結婚後の話をする

結婚後の生活が具体的に見えていない場合もあります。
なるべく幸せなイメージを描けるような話をして見ましょう。
たとえば、料理が得意な人なら、会社に持っていくお弁当の話をしてみたりするのが良いでしょう。
また、周りで結婚して幸せそうな人の話題を出してみたり、実際に会って結婚生活を聞いてみたりするのも良いかもしれません。
これにより、漠然としていた結婚を具体的に考えてくれるようになるでしょう。
ただ、このような話には、金銭の話は具体的に持ち込まないほうが良いでしょう。
結婚にかかる費用を聞いて、現実に引き戻され、「まだまだ結婚はできないな」と思われてしまうかもしれません。
なるべく、彼に幸せな夢を持ってもらえるような話をしていくのが良いでしょう。

 

3.プロポーズは絶対OKするという自信をつけさせる

付き合っている彼女とは言えども、彼には「プロポーズして断られたらどうしよう・・・」という思いは少なからずあります。
特に最近の男性は、傷つくのが怖いという思いを持っている方が多いようです。
ですので、日ごろから、「あなたにプロポーズされたら必ずOKする!」というニュアンスをさりげなく伝えましょう。
もし、彼が鈍感なら、「プロポーズはOKする!」と、はっきり言ってあげたほうが良いかもしれません。
彼女が断らないということがわかれば、案外すぐにプロポーズしてくれるかもしれません。

 

おわりに

プロポーズは彼に考えて彼にサプライズしてもらいたいものですが、全部彼任せにしないほうが良いでしょう。
彼女として、将来を考えていることが伝われば、彼もプロポーズに踏み切ってもらえるはずです。
彼と幸せな結婚生活を送れるように、彼女としても準備やアプローチをしてみてください。

Photo by Juan Antonio Capó

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Lier編集部

著者の記事一覧

Lier編集部です。
今、旬な話題を取り上げていきますので是非お楽しみに!

関連記事



ページ上部へ戻る