無添加とは?無添加コスメの定義と選び方~おすすめの無添加化粧品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

30歳を目前にすると、かれこれスキンケア歴もベテランの域に達しますよね。

これがよくて、あれはダメ。
こんなときには、あのコスメが最適。
…といった具合に。

近頃は、安心・安全性が叫ばれているので、今まで以上にオーガニックや無添加といった言葉を耳にすることが多くなりました。
その傾向はコスメに対しても同様のようです。

スキンケアコスメは肌に直接つけるものだから、なるべく肌に負担のかからないものを選びたいですよね。

 

そもそも、無添加化粧品って?

350
”無添加化粧品”と聞くと、なんだか肌に優しそうな印象を抱くものです。
この”無添加”という言葉ですが、「特定の天然ではない化学合成された物質」を含んでいないもの、添加していないものと言う意味です。
「特定の天然ではない化学合成された物質」とは主に、旧表示指定成分に分類される102の成分と香料のことです。
とはいっても、厚生労働省による無添加の定義や基準がないため、メーカー独自の無添加表記ができるのが現状です。

旧表示指定成分はこちらのサイトで詳しく紹介されています。
旧表示指定成分一覧:日本オーガニックコスメ協会

たとえば、防腐剤や着色料、合成界面活性剤旧表示指定成分は、なんからのアレルギー症状を引き起こす可能性があるもので、2001年4月までは旧表示指定成分に指定された成分を含まないものを”無添加化粧品”としていました。
しかし、法律の改正により化粧品には全ての成分を表示する義務が課せられどれが肌に危険となる可能性を持つ成分なのか素人ではわかりづらくなっています。

ちなみに、現在でも旧表示指定成分を添加していないものを無添加化粧品として販売されていますが、ここで気をつけたいのは、旧表示指定成分の一つでも添加していなければ無添加と謳うことができることです。
つまり、無添加化粧品であっても100%肌に負担のかからない優しい化粧品ではないということです。

 

失敗しない無添加化粧品選びのポイント

350
旧表示指定成分はアレルギー反応を示す恐れのある成分ですが、それ以外にも肌にとって影響を与える成分もあることから、できれば信頼できる人や医師、アフターフォローのある会社から化粧品を購入したいものです。
無添加化粧選びのポイントとしては、何が添加されていないのかをしっかり確認しましょう。

  • 着色料=商品をより良く見せます。
  • 香料=科学的な香りのことで、化粧品の印象をよくします。
  • 石油系オイル(鉱物油、ミネラルオイルとも呼ばれます。)=メイク落としや保湿を目的に使用されます。
  • パラベン=防腐剤、長期保存のために使用されます。
  • アルコール=さっぱりとした使用感や殺菌目的のために使用されます。
  • 石油系合成界面活性剤=水と油の馴染みをよくしたり、肌への浸透UP、使用感を高める効果があります。

これらの成分は入っていれば使い心地も良くなりますが、なくてもそれに変わる肌負担の少ない成分で代用できます。
そのため、できるだけこれらの成分が含まれていないものを選ぶことを意識しましょう。
肌に負担をかける上記成分のどれかではなく、できれば全て配合されていないものを選ぶと肌への負担は軽減でき、肌荒れのリスクは低くなります。
そのためには、長期保存や保管方法が決められているものもあります。

350

無添加化粧品を初めて使うときは、これまで使っていた化粧品よりも効果の実感までの期間がながくなることがあります。
これは、人工的ではなく肌本来の力の回復力によるスキンケアを行うからで、効いていないわけではありません。
肌細胞の入れ替わりは正常な場合でも28日周期、年齢や生活環境によって遅くなることもあるため、1ヶ月半ほどは使い続ける必要があるでしょう。
ただし、肌の異常を感じた場合は使用をやめましょう。
肌トラブルが悪化する場合があります。

 

こんな無添加化粧品が欲しかった!

皮膚科専門医との共同開発により誕生した
ファンケル 無添加FDRライン

ファンケル無添加FDRライン

  • ファンケルの無添加
    防腐剤、殺菌剤、石油系合成界面活性剤、香料、鉱物油、合成色素

ファンケル 公式サイト

無添加化粧品で有名なファンケルが共同開発したとことん無添加にこだわり抜いた「無添加FDRライン」。
ただ、アレルギーを起こす可能性のある成分を配合しないだけでなく、ファンケル独自の無添加基準をクリアした成分のさらなる安全性試験を行い、その上で敏感肌でも使えるようテストを繰り返し作られています。
開封後の期限があり、フレッシュさを保つための小さめボトルからも化粧品に対するこだわりが感じられます。

無添加FDRラインはこんな人向け!

一年中肌の乾燥が気になる、乾燥性敏感肌の悪循環を断ち切りたい、ヒリヒリしないスキンケアを求める方に。

ファンケルFDRトライアルキット
ファンケルFDRトライアルキット 
1,836円(税込)朝晩一2回の使用で10日分
セット内容
・FDR洗顔液20ml
・FDR化粧液10ml
・FDRクリーム6g
・FDR乳液1回分×2包
・FDRバリアジェルオイル1回分×2包

 

アトピー性皮膚炎だった皮膚科医だからこそつくれた
無添加ドクターズコスメ ミューノアージュ

MUNOAGE(ミューノアージュ)

  • ミューノアージュの無添加
    パラベン、エタノール、石油系合成界面活性剤、香料、鉱物油、着色料

ミューノアージュ 公式サイト

肌の悩みを抱えていない人を見つける方が難しいほど、人それぞれなんらかの肌悩みを抱えています。
皮膚科医はそんな悩みを解消するための救世主ですが、そんな皮膚科医であっても肌が弱かった人は大勢います。
ミューノアージュ開発者の今泉明子医師もそんな一人。
だからこそ、アトピー肌や敏感肌でも使えるスキンケアができたのかもしれません。
医師の観点からつくる化粧品は肌への安全性やその効果も他の化粧品とは一線を越えます。
そんなドクターズコスメの中でも、ミューノアージュの保湿力と肌再生力はピカイチ。
年齢肌でもハリを取り戻せるほどです。

ミューノアージュはこんな人向け!

無添加、ドクターズコスメ、敏感肌、乾燥肌、エイジングケアといった言葉に惹かれるあなたに。

ミューノアージュ トライアルセット 
ミューノアージュ トライアルセット
1,620円(税込)朝晩一2回の使用で10日分
セット内容
・モイスチュアチャージローション 30ml
・アドバンストリジュビネーションクリーム Ex 7g
・アドバンストホワイトニングセラム 2ml×2 

 

おわりに

350
毎日肌に直接つけるからこそ、何が使われているのか、どんな成分でできているのか知っておきいですよね。
数ある化粧品の中からこれだ!と思うものを選ぶには、消費者である私たちの知識もアップデートしていかなければなりません。
何が必要で、どれが効果的なのか、まだまだスキンケアマスターになるには時間がかかりそうですね。
今の肌に必要なスキンケアコスメを厳選するための知識の一つとして”無添加”という選択肢を加えてみるのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。

関連記事


ページ上部へ戻る