女性の薄毛対策 シャンプーの選ぶポイントとおすすめランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

昔より髪の毛が少なくなった、量が減った、ペタンとしてしまう。
そんな悩みは男性だけに限った事ではありません。

女性でも年齢とともに薄毛を悩みとする人が増えてきます。
ですが、大半の方は髪の毛がなくなってしまっている訳ではないのがほとんどです。

ヘアスタイルが問題だったり単にコシがなくなっただけであったり、髪の毛自体が細くなったりと、何かしらの対策を取れば解決することが多いのです。
何かの病気が原因で髪の毛がごっそり抜けてしまったケースを除いて、今までに女性の髪の毛がほとんどなくなってしまったという例はあまり見たことがありませんので安心してください。

何故かというと女性には女性ホルモンが多いからです。
女性ホルモンは髪の成長を促す役割を持っています。
反対に男性ホルモンは髪の成長を妨げる役目があるのです。

余談になりますが、男性ホルモンが毛の成長を妨げるといっても、それは髪の毛に限ったことです。
身体の他の部分に関しては成長を促進する働きをします。
ですから身体や顔に生えてくる毛は男性ホルモンが大きく関係しています。
ヒゲが生えるのはまさに男性ホルモンの仕業になります。
ですから、ちゃんと女性の身体を持っている人は、ツルツルに髪の毛がなくなるということはありません。

なので悩みを誘発している他の原因から根源を探って改善策を考えていく必要があります。
今回は薄毛に感じるであろう悩みを悩み別に解決する方法をご紹介しようと思います。

 

ヘアスタイルで改善できること

350
まず、髪型によって髪が薄く感じることもあります。
ここ数年主流になっているボブスタイルやワンレングスなど、段をほとんど入れないスタイルは髪が薄くなったと感じる髪型です。

一昔前は段をたくさんつけて髪を“盛る”のがブームになりました。
盛る、いわゆるボリュームを出すためには短い毛をたくさん作る必要があります。
その点ボブやワンレンには段はつけませんし、ボリュームのウエイトも下の方になっています。
下に重さがくるというのは、トップにはボリュームがないということです。
なので頭のてっぺんはペタンコです。

さらに毎日同じ場所で分けていると、そこがだんだん薄くなってくるのは事実です。
髪の毛を毎日同じように束ねていることも髪が薄くなる原因になります。
毎日同じ場所が引っ張られている状態になりますので、その部分が抜けやすくなってしまいます。
昔々の女性には頭のてっぺんが薄い人が多かったそうですが、これは毎日日本髪を結っていたことが原因だと言われています。

髪型による薄毛を解決するには、少し段をつける事が必要です。
髪型を変えたくないのであれば、前髪を作って分け目をなくすのがいいと思います。
極力同じ毛根にテンションをかけないようにする事でその毛が抜けてしまうのを防ぐことができます。
また段をつける事でボリュームも出ます。
仕事などでどうしても髪を束ねなければいけない場合は、毎日同じ位置で束ねないようにしましょう。

 

単に抜け毛が増えてしまっている場合

350 髪
抜け毛に関しては、私も記事を書かせてもらっていますので、よければそちらも読んでみてください。
抜け毛の対処法と予防策

人の髪の毛には毛周期というものがあります。
正常な毛周期の場合でも、1日に50本〜100本は抜けてしまうのが普通です。
季節の変わり目なんかはそれが少し多いように感じられたりもします。

1日のトータルで100本前後の抜け毛は何も問題ありません。
ただ、それ以上にたくさんの量が毎日抜けてしまっているようであれば、何らかの原因があると考えられます。

その原因で1番多いのは、毛穴の詰まりです。
毛穴に汚れが蓄積すると、毛根が痩せてしまい毛穴に引っかからなくなってしまうので、簡単に抜け落ちてしまいます。
洗い方が間違っていたり、使っているシャンプーが合っていないなども毛穴詰まりを促進させてしまいます。
頭皮や髪の毛に合ったシャンプーを使うこと、正しい方法でシャンプーをすることが大切です。

 

ハリ・コシがなくなったことにより薄毛と勘違い

350 髪 
年齢を重ねていくと、次第に髪の毛は細くなってきます。
子供の頃や10代、20代と比べれば髪は細く、ハリやコシがなくなってきます。
そうなってしまうとどうしてもボリュームダウンしてしまうので、髪が薄くなったと不安になる方もたくさんいるようです。

ハリやコシを復活させるのには、シャンプーやトリートメント、育毛トニックや頭皮用の化粧水なんかでケアすることが必要になってきます。
前項で少し書きましたが、毛穴がきれいな状態でないと良い髪の毛は生えてきません。
毛穴が詰まったままではさらに髪がやせ細り、抜け毛の発生も免れなくなります。

なので1番重点を置かなければいけないのはシャンプーです。
1日の汚れをしっかり洗い流す、尚且つ髪の毛や頭皮のコンディションを整えてくれるシャンプーを選ぶ事が大切です。

 

薄毛の悩みを解決する!シャンプーランキング3

350
ここまでで薄毛に関する様々な原因を紹介しましたが、どんな原因があっても正しいシャンプーを使うことは特に重要になってきます。
粗悪なシャンプーは、抜け毛を悪化させるだけでなくかゆみやフケ、ニオイや炎症を起こす元になってしまってもおかしくありません。

そこで今日は頭皮に良い、またハリやコシに良いシャンプーをご紹介します。

1 BOTANIST ボタニカルシャンプー

BOTANIST-ボタニカルシャンプー
BOTANIST/ボタニカルシャンプー

アミノ酸系界面活性剤のオーガニックシャンプー。
アメリカ、フランス、日本において1位を受賞した実績があるシャンプー。
海外セレブや芸能人が多数愛用していることから火がつき、現在は予約販売の入荷待ち状態。
ノンシリコンなのにきしみ感がなく、洗い心地も良い。
成分的にも髪と頭皮には安全なシャンプーです。
地肌にも優しく、潤いをしっかり与える上エイジングケアとしてハリやコシも手に入ります。

2 インフィニティ エステクレンジング

コーセー-インフィニティ-エステ-クレンジング
コーセー/インフィニティ エステ クレンジング

シャンプー、トリートメント、頭皮ケアの3つを併せ持った新しい感覚、オールインワンクレンジング。
2015年の3月に発売以来、ランキングの上位をキープし続けている人気の商品です 。
ノンシリコン処方でシャンプーの役割をするクレンジング剤となっていますので、頭皮の汚れはきちんと落とす、そして頭皮マッサージ効果も兼ね備えているので頭皮のケアがしっかりできます。
通常のシャンプーとは違って泡立たないものなので、スキンケアのクレンジングとしても用いられているそう。
週2回程度で取り入れてみると、髪の毛を根元から立ち上がらせ、自然なボリュームとハリが生まれます。

3 バイタリズム/スカルプケアシャンプー

イタリズム-スカルプケアシャンプー
バイタリズム/スカルプケアシャンプー

女性用に開発されたスカルプシャンプー。
泡立ち、刺激もなく、抜け毛が減ったという口コミがかなり多いシャンプー。
医師監修のシャンプーなので女性の為の育毛に良いとされる成分が使われています。
また、頭皮ケアのシャンプーなのにダメージケアも出来てしまう優れもの。
ノンシリコンですがきしみはなく、しっとりとした洗い上がりが好評です。

 

正しいシャンプーの仕方

350
髪の毛の汚れ、70%はお湯で落ちてしまいます。
余洗いといって、お湯だけで髪を梳かしながらしっかりすすいでください。
これが出来ていないと、充分に汚れは落とせませんし、水分が行きわたらない状態でシャンプ
ーをしてしまうと摩擦で髪を傷つけてしまいます。

まずはしっかり余洗いをしましょう。
このときに気をつけて欲しいのは爪を立てないということ。
お湯で頭皮を湿らせた後はなんとなく頭皮全体がかゆいように感じますが、爪で引っ掻いてしまうと、頭皮のトラブルになりますので注意が必要です。
指の腹でマッサージをするようにもみ洗いしましょう。

その後、使うシャンプーの量はポンプなら1プッシュ。
そうでなければ100円玉硬貨ほどで充分泡立つはずです。

全体に泡をなじませたら、再び指の腹を使って心地いい強さで頭皮をマッサージしましょう。
やさしく頭皮全体をマッサージしたら、しっかりと洗い流しましょう。
ここでシャンプーが髪に残ってしまうのはよくありません。
残ってしまうと毛穴を詰めてしまったり、匂いのもとになったりします。

洗い終えたら早めに乾かしましょう。
髪が濡れたまま、もしくは湿った状態で放置するのは絶対に避けてください。
半乾きのまま布団に入るなんてもってのほかです。
頭皮が濡れている時間が長ければ長いほど細菌が繁殖する確立が高くなります。
細菌が繁殖することによってフケやニオイが発生してしまったり、ニキビや炎症を起こす原因ともなります。
また、髪が水分を含んだ状態は最もダメージを受けやすく、枝毛や切れ毛、乾燥などを引き起こします。
ですのでしっかりと頭皮から毛先まで乾かすことを守ってください。
髪の毛を傷ませない乾かし方

頭皮も顔の延長ですのでとてもデリケートです。
毎日正しい方法でその日の汚れを落とすことが健康な頭皮を育てます。
シャンプーの仕方を変えるだけでも頭皮のコンディションはかなり違ってくるはずです。
ぜひ今夜から実践してみてくださいね。

 

おわりに

350 髪
さて、女性の薄毛についてお話しましたが、参考にしていただけたでしょうか。
もう1度言いますが、女性の髪の毛が全て抜けてしまうことはほとんどありません。
ですが、そうなってしまうのではないかという不安を感じる症状は起こりうるということです。

大半の悩みは何らかの方法で必ず解決します。
しかしそれには毎日のケアが必要ですし、毎日ケアを続ける努力が必要です。
抜け毛も日々の汚れの積み重ねが引き起こす症状の1つです。
それと同じように、頭皮ケアを日々積み重ねていくことが、年齢に負けない健康で美しい髪の毛を育てるのです。

髪の毛には血が通っていませんので、痛みやかゆみを感じない分ケアを忘れがちになってしまいます。
また、顔にはたくさんの化粧品を使うのに、頭皮には何もしないというのはおかしいと思いませんか?
お顔の手入れをするついでに頭皮のケアもする習慣を身につけましょう。
そしてトラブル知らずの頭皮を目指しましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。

関連記事






ページ上部へ戻る