頭皮に化粧水はあり?乾燥頭皮の保湿方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

厳しい暑さが続いています。
夏は頭皮や髪の毛のトラブルが増える季節です。
今日皆さんにお話したいのは頭皮のケアについてです。

サロンワークでも、お客様にはよくお話することなのですが、ほとんどの方が頭皮のお手入れはしていないということが分かっています。
顔にはクレンジング、洗顔から化粧水、乳液、美容液までしっかりとしたケアをしているのに、顔の延長である頭皮には全く何もしない。
少しおかしくないですか??

頭皮は髪の毛が生えている為、つい髪の毛だけのケアになってしまいがちなようです。
ですが、頭皮も毎日ケアしていかないと乾燥やニキビなど顔と同じトラブルを起こします。
頭皮がトラブルを起こしてしまうと、髪の毛に影響が出てきます。
土台が健康でなければ良い髪の毛は生えてきません。

キレイな髪の毛を維持するためにも、まず頭皮のケアをする習慣をつけていきましょう。

 

頭皮の乾燥が引き起こすトラブル

350
乾燥した頭皮の主な原因は皮脂の不足と水分不足
です。

皮脂は分泌し過ぎるのも良くないのですが、取り過ぎも良くありません。
常に適度な量を維持することが大切です。
皮脂の取り過ぎ、考えられるのはシャンプーの洗浄成分が強すぎるということ。
市販のシャンプーの多くは石油系の洗浄成分が使われています。
この石油系の洗浄成分は食器洗剤と同じ界面活性剤です。
油汚れを強力に落とす食器洗剤で髪の毛を洗っているのと同じことになります。
結果、毎日ほとんどの皮脂を洗い流してしまい、頭皮も髪の毛も乾燥してしまうのです。

皮脂が不足した状態は極端に免疫力が低下してしまう為かなり敏感になってしまい、様々なトラブルを引き起こします。
フケやかゆみ、頭皮ニキビからの炎症、ニオイ、抜け毛、髪の毛が弱る、など。
全てのトラブルは頭皮の乾燥が原因といっても間違いではありません。

皮脂は頭皮の保護の役割を持っています。
紫外線から頭皮を守るのも皮脂の役目です。
ですので1年を通して頭皮をしっかりケアしていく必要があります。

 

頭皮ケアの方法について

350
頭皮のケアも基本は顔と同じ
です。
クレンジングは毛穴に詰まった汚れを落とすのに必要ですし、シャンプーは洗顔と同じです。
ドライヤーで乾かす前に、髪の毛だけではなく頭皮にも保湿をします。
この保湿に必要なのが化粧水です。

最近は頭皮ケアの関心も高まりつつありますので頭皮用の化粧水も販売されていたりします。
ですが、顔に使っている化粧水でも問題はありません。
顔につけている化粧水を頭皮の10箇所くらいに塗布し指の腹でマッサージしながらなじませればOKです。

必要ないのは乳液です。
乾燥をケアするのですが、頭皮は顔よりも皮脂腺が多く存在していますので適度な保湿でも充分ケア出来ます。
ですので乳液までも頭皮に使用する必要はないでしょう。

お顔に使っている化粧水が保湿とはまた違う用途のもの、例えばシミのケア用やしわのケア用なんかですとまたそれは効果が変わってきてしまうので注意が必要です。
なるべく保湿が出来るものが良いですので、もし余裕があれば頭皮用の化粧水を使っていただくのが最適だと思います。

350

別で頭皮用に化粧水を購入するのであれば、ビタミンの入っているものをオススメします。
ビタミンCは頭皮の代謝を良くする為のサポートをしてくれますし、ビタミンEは毛細血管を広げ、毛穴に詰まった過酸化皮質※を排出する役割を担っています。
他にも細胞分裂を正常に戻すビタミンAや炎症や皮脂のコントロールをするビタミンB6など。
ビタミンは頭皮の働きを正常にするには欠かせない栄養素です。

ただ、ビタミンの欠点は体内に留まらないという点です。
一通り体内を駆け巡った後は尿や汗と一緒に身体の外に排出されてしまいます。
なので、毎日習慣的に補っていくことが必要になってきます。

 

育毛剤を使用する

350
育毛剤と呼ばれるものは、髪の毛を増やすだけが目的ではありません。
育毛剤という名前が少々取っ付きにくいかもしれませんが、本来は頭皮用に作られた化粧水で間違いありません。
そもそも頭皮のトラブルを防止し、頭皮環境の改善を図って丈夫な髪の毛を育てることが目的ですので、育毛剤を使うことはかなりオススメします。

ですが、注意して欲しいのは、必ず女性用の育毛剤を使うということです。
髪の毛や頭皮というのはホルモンの影響を大きく受けて存在するものです。
女性と男性では少しメカニズムが変わってきます。
正しいケアとして必ず女性用の育毛剤を使用してください。

また、女性はホルモンバランスを崩すことからの頭皮のトラブルも多く見られます。
女性用の育毛剤はそれも考慮して開発されているものがほとんどなので、イソフラボンやビタミンなどの栄養素を多く含み、保湿にも長けています。

少々値が張るというデメリットはありますが、生涯健康な頭皮と髪の毛を維持することを思えば育毛剤を使い続けることのメリットは大きいと思います。

 

おわりに

350
顔の手入れだけでも時間を取ってしまうのが億劫だという話をよく聞きます。
それに頭皮のケアまで加わるなんて・・・と少し面倒に感じるかもしれません。
ですが、美と健康を保つためには多少の努力は必要です。

最初は手間を感じるかもしれませんが、習慣にしてしまえばそれが当たり前になって行くものです。
これから先も、トラブル知らずの頭皮を維持していく為に、早速今日から頭皮ケアを開始しましょう。
健康な頭皮があってこそオシャレも楽しめるものですよ。

おすすめ★
頭皮のエイジングケアに着目したシャンプー
気になる頭皮の臭い対策

30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水

40代におすすめの化粧品~化粧水と美容液で正しいエイジングケア40代におすすめの化粧品選び~美肌ホルモンの減少に負けないスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る