全ては夏のケア不足が原因!秋の抜け毛とダメージについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

秋口になると、美容院には同じ悩みを抱えたお客様がたくさんご来店します。
皆さんが揃って口にするのは、カラーの褪色、毛先のダメージ、そして最も多いのが抜け毛です。

1年を通して、この抜け毛の相談が1番増えるのは少し涼しくなってくる秋口
確かに季節の変わり目は抜け毛は多く感じるものなのですが、秋は特に多い。
一体なぜなんでしょうか。
これにはしっかりとした理由があります。
それは、夏のケア不足なんです。

350

夏は長期の連休もあって、いろいろな場所に出かけますね。
海やプール、レジャーや観光、海外旅行。
外に出る機会や時間も増える季節です。

そこで気をつけなくてはいけないのは“紫外線”です。
皆さん、今年の夏は頭皮の紫外線対策は出来ていましたか??
恐らく、私の予想ですが、頭皮の日焼けを気にしたという人はほとんどいないでしょう。

近年夏の暑さも厳しくなり、熱中症にかからない為の対策や顔や身体の日焼け対策は万全にしている方をよく見かけます。
ですが、頭皮はどうなのでしょうか。
頭皮の日焼け止めというケア用品は残念ながらあまり出回っていません。
顔や身体の日焼け止めのようにTVCMなどで宣伝がされれば、ケアをしなくてはという意識も芽生えるのかもしれませんが、現在はそのようなCMも見かけません。
ですが、実は頭皮は顔の3倍日焼けを起こしやすいんです!

通常髪の毛で覆われているため、つい忘れられてしまう頭皮。
では実際に頭皮の日焼けがどのようなトラブルを引き起こすのか、お話していきますね。

 

紫外線が引き起こす頭皮のトラブル

350 髪 
紫外線が頭皮の奥まで侵入すると、肌細胞の破壊を始めます。
ヒリヒリしてしまったり赤く炎症を起こした場合は直ちにケアが出来ますのでまだいい方だと言えます。

怖いのは、日焼けを起こしていることに全く気づかなかったケース。
髪の毛の元となる毛母細胞がじわじわと破壊されることによって、まずは抜け毛が発生します。
それだけではありません。
髪の毛自体が作られなくなってしまい、薄毛の原因となることも考えられます。
また、毛根には髪の毛を黒くする細胞も含まれているので、その細胞が破壊されることにより白髪が発生する場合もあります。
これらのトラブルを“光老化”と呼んでいます。
紫外線によって頭皮が老化現象を起こすのです。

350

頭皮がダメージを受けることによってもちろん髪の毛もダメージを受けます。
メラニン色素が分解されてしまい、カラーが抜けたような赤茶や金髪に近い変色を起こしてしまいます。
また、髪の毛のたんぱく質を構成している組織もダメージを受けるので、切れ毛や枝毛といった毛先の痛みを強く感じるようになります。

 

さらに抜け毛を促進する過酸化皮質

350
毎日シャンプーをかかさずしていても皮脂やほこり、汗などで頭皮は汚れてしまいます。
そこに日中の強い紫外線が当たるとある化学変化を引き起こします。
少し難しい言葉になりますが、過酸化皮質という物質に汚れが変身してしまうのです。

過酸化皮質は、例えると噛み終えたガムみたいな・・・ネバネバの物質なんです。
そうなってしまうと、シャンプーでは落ちません。
蓄積した過酸化皮質は次第に毛穴を詰めてしまい、抜け毛が発生する・・・という仕組みです。

細胞が破壊され弱っている上、過酸化皮質が毛穴の詰まりを引き起こす・・・Wパンチで一気に抜け毛は加速します。
秋口に頭皮のトラブルが相次ぐのはこういった夏のダメージが全ての根源となっているのです。

 

今起きているトラブルの解消法

350
まず、日焼けを起こした頭皮はすごく乾燥しています。
乾燥はさまざまなトラブルを起こしてしまいますので、とにかく保湿をしてください。
普段お顔に使っている化粧水で十分です。
振り掛けてなじませるか、もしくはコットンに湿らせたもので頭皮全体を押さえましょう。

痛みやかゆみ、熱を持っているような場合は、市販品で日焼け用の抗炎症成分が配合されたものを使うのも良いでしょう。

資生堂 スペシャル カーマインローションN
資生堂 カーマインローション

明色-カラミンローション
明色 カラミンローション

もし、水ぶくれや赤み、痛みやかゆみがひどい場合は皮膚科へ受診しましょう。
受診するほどでもなく、乾燥と抜け毛が気になるのであれば1度美容院でヘッドスパと毛先の集中トリートメントをしてもらってください。

ヘッドスパは毛穴に詰まった過酸化皮質を除去するだけでなく、髪の毛もすっぴんの状態に仕上げてくれるので、トリートメントの浸透率が上がります。
傷んだ毛先をカットして、髪に負担がかからないよう落ち着いた色でカラーリングをしてからヘッドスパと集中トリートメントをすればある程度の応急処置は出来るはずです。

ですが、しばらくは頭皮も毛先もケアを続けてください。
美容院に専用のホームケアトリートメントが販売されていると思います。
自宅でサロントリートメントの効果をより持続させるものなので、購入することをオススメします。

あとはシャンプー後の頭皮の保湿。
これもしっかり行いましょう。

 

さいごに

しっかり頭皮のケアをしていくことで、破壊された細胞も再生し始めるでしょう。
外側からだけでなく、内側からのケアも忘れないようにしてください。
栄養のある食事と質の良い睡眠は頭皮や髪の毛も健康に導いてくれます。

まだまだ残暑が厳しい季節です。
引き続きの頭皮ケアと、来年の夏は万全な紫外線対策をしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る