あなたの頭皮は大丈夫?カチコチ頭皮は老化のサイン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の頭皮を触ってみてください。
そして頭皮が動くか試してみてください。

やわらかいですか??
それともかたいですか??

かたかったというあなた、頭皮が老化を起こしているかもしれません。

 

頭皮の老化、それを“糖化”といいます

350 髪 
最近高級化粧品などのキャッチフレーズにもなってきている糖化というワード。
聞いたことある方も多いかもしれませんね。

糖化とは、食生活や外部からの刺激により頭皮のたんぱく質と糖が結びついて変性を起こすことを言います。
例えるならお肉やパンを焦がしてしまうとかたくなりますよね。
あれと同じ現象です。

糖化は肌の老化です。
頭皮は紫外線などが最も当たりやすく、顔以上に外部刺激からのダメージを受けやすいと言われています。
顔のスキンケアよりも念入りに頭皮のケアを行わないと大変なことになってしまいます。

 

糖化がもたらす影響

350
まず顔の皮膚が糖化を起こした場合、しみやシワ、たるみ、くすみ、肌の艶がなくなるといった現象が起こります。
これらが発生する=老けてみえる これは女性にとっては一大事です。

頭皮は顔と繋がっているのですからもちろん、同じことが起こります。
1つ違うのは髪の毛が生えているという点。
頭皮の場合は髪の毛のトラブルも重なります。

  • 髪の毛が育たなくなる
  • 頭皮の柔軟性、弾力を失う
  • 髪にツヤ、ハリ、コシがなくなる
  • 白髪が増える
  • 血行が悪くなり栄養が行き届かなくなる

そして、髪の毛は抜け始め、やがてなくなってしまうかもしれません。

 

糖化の原因は??

350
糖化の大きな原因は糖の異常発生です。
体内に過剰に糖が発生することでたんぱく質から出来ている頭皮と結びつき、糖化が起きてしまいます。

糖の発生、いま1番言われているのは紫外線の影響。
頭皮は顔の3倍もの紫外線を浴びています。
頭皮の紫外線対策がなされていないことが主な要因だと考えられます。

350

他には食生活の乱れ。
甘いもの、糖分の多いドリンク、ご飯や麺類、パンなどの炭水化物、揚げ物類、お肉・・・これらは糖分を多く含む食べ物です。
糖分を過剰に摂取すれば、体内の糖は増えて当然ですね。
食生活から糖を排除することは不可能ですが、過剰摂取を抑えることは可能なはず。

残念なことに、1度糖化を起こしてしまった肌は回復することはありません。
予防する、肌が生まれ変わるのを待つ、これしか出来ることはないのです。

なので日々いかに糖化を予防するのかがカギになってきます。
食生活の改善と紫外線対策を毎日心がけましょう。
糖化はいかに予防するかが大切です。

 

予防のしかた

350
糖化は血糖値が高ければ高いほど起こりやすい現象です。
1番大事なのは食事。
甘いものが大好き、炭水化物が大好き、油っこいものが大好き・・・そんな人には辛い事かもしれませんね。
どうしてもこれらがやめられないというのなら、血糖値の上昇を抑える方法を取るしかないかもしれません。
また抗糖化作用のある食材を摂取することも効果があると思います。

血糖値の上昇を抑えるには、炭水化物から先に食べるのではなく野菜を先に食べることをオススメします。
野菜は血糖値の上昇しにくい食べ物ですので、先に食べることによって血糖値の上昇を防ぐことが出来ます。

350

また、抗糖化作用のある食べ物は、ショウガ、キャベツ、レタス、リンゴなどです。
これらを積極的に摂取しましょう。
特にキャベツは食事の前に多めに取り入れるとダイエットの効果もあると言われています。
生のキャベツを食事の前に食べておけば一石二鳥かもしれませんね。

350

加えて外部からの頭皮ケアも忘れてはいけません。
糖化は抜け毛も発症しますので、女性用の育毛剤で栄養分を補うのも1つの手だと思います。
育毛剤という名前を聞くと、少し抵抗があるかもしれませんが、最近は若い人でも使いやすいような保湿や栄養補給メインのいわゆる化粧水の役目を果たしてくれるものと考えた方が良いです。

女性用の育毛剤は特に女性特有のホルモンの乱れからなるトラブルなども改善してくれますのでぜひ使っていただきたい。
中でもクエン酸やリポ酸、アルギニン、サラシアなどの成分は糖の吸収を穏やかにしてくれる他、桜の花エキスや梅果実エキスは抗糖化作用がありますので育毛剤を選ぶ基準にしてみてください。

育毛剤は、洗髪後頭皮全体に10箇所くらい塗布した後、爪を立てないようにマッサージしながら頭皮全体になじませるだけでOKです。
なにも手間はかかりません。
保湿にもなりますのでドライヤーの熱からも頭皮を保護することが出来ます。
頭皮・髪の保湿と育毛剤のこと

 

おわりに

350 髪
この記事の冒頭で、頭皮がかたいかも・・・と感じたあなた。
すでに糖化が進行しているかもしれません。

頭皮だけでなく、髪の毛の量やツヤは女性がいつまでも若々しくいるためには必要なものです。
ですが、健康な髪は健康な頭皮がなくては成り立ちません。
よい土がなければ植物が育たないことと同じです。
よい土を作るためには栄養分と水分が必要なように、頭皮にも栄養分と保湿が不可欠です。

面倒だと思うかもしれませんが、ケアというのは習慣づけることによって当たり前になってくるものですからまずは無理にでもケアする習慣をつけましょう。
その積み重ねが、いつまでも若く健康にあるための秘訣です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る