泣くことは身体によい?涙に隠されたデトックス効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

みなさんは最近涙を流しましたか??

“泣く”という行為は悲しい、悔しい、辛いなどのマイナスなイメージを連想させるので、大人になると特に泣かないように我慢してしまう傾向があるように思います。
でも涙は嬉しい時や感動したときにも出てくるものですよね。

涙にはものすごいデトックス効果があります。
涙を流すことによって得られる効果を調べてみました。

 

そもそも涙とは?

350 涙 泣く photo by tobbo
涙とは、目の涙腺から分泌される体液のこと。
眼球の保護が主な役割ですが、人特有の現象として感情に左右され涙が出てくることがある。

涙というのは涙腺内の毛細血管から得た血液で、血球以外の液体成分のことをいう。
いわゆる目の血液なのです。
涙は主に角膜、結膜への栄養補給や、瞼を円滑に動かすための潤滑剤、細菌、紫外線から目を守る他、雑菌の消毒の役割もしています。

ですが、人は感情が高ぶったときにも涙が出るようになっています。
悲しいとき、嬉しいとき、痛みを感じたときやあくびをしたとき、吐き気がするときや大笑いしたあとなども涙が分泌されるのです。

なぜそのようなことが起こるのかというのは、まだ実際に完全な答えが出ている訳ではないようですが、恐らく感情的緊張によって生じた化学物質を対外に排出しているというのが有力なようです。

 

ストレス発散には泣くことが良い?

350 涙 泣く Photo by  Shandi-lee
Photo by Shandi-lee
悔しい、怒りなどの興奮した感情が現われたとき、交感神経が働いています。
人はストレスを感じると交感神経が作用するようになっているのですが、交感神経が活発になると、血圧の上昇、鼓動の促進、頻脈、興奮、緊張、不眠などの状態に陥り、自律神経が乱れ、疲労などの身体への悪影響が生じます。

一方で涙を流すことは副交感神経が働いているようなのですが、副交感神経はリラックスしているとき、寝ているとき、安心しているときによく働く神経で、この状態が続くと安眠効果やデトックス効果、美容や老化防止などにも良いそうです。
涙にはストレスという老廃物がたくさん含まれているので緊張や興奮を和らげてくれることには間違いありません。

人は泣くと、脳の血流が活発になり極端に副交感神経を刺激するそうで、1晩眠ったのと同じ位のリラックス効果を得られます。
涙を我慢することは余計ストレスが体内に蓄積してしまいます。
泣きたいときは我慢せずに涙を流してしまったほうが良いのです。
思いっきり泣いたあと、気持ちがスッキリするのはこういった効果があるからなのです。

 

泣くということは美容にも良い?

350 目
たくさん泣くと、次の日目が腫れてしまいますよね。
あれは涙のせいではありません。
タオルやハンカチで何度も何度も目を拭ったときに皮膚をこする為に腫れてしまうのです。

目の周りはティッシュを半分に割ったほどの薄さしかありません。
なので少しこすっただけでも傷がついてしまいます。
あまり目をこすりすぎないように気をつけて、泣いた後は目を冷やすことをオススメします。

涙を流すことは美容に関しても良い効果をもたらします。
涙を流さないでいると涙腺が詰まってしまい、目の周りの血流も悪くなってしまいます。
血流が悪くなると、むくみやクマの原因になってしまうのです。

ですが泣くことによって、涙腺が掃除され血流も良くなる他、余分な水分が排出されるので顔のむくみがスッキリして小顔効果もあるそうです。
“泣く”事にはうれしい効果がたくさんですね。

 

感動して流す涙は理想的

350 涙 泣く 友達
泣くは泣くでも、悔しかったり悲しかったり、辛かったり痛かったりすることは極力無いほうがいいに決まっています。
でも泣く行為によってストレス発散やリラックス効果を得たい場合にオススメなのは“感動の涙を流す”ということです。

寝る前に感動系の映画を見て、たくさん涙を流せば安眠にも繋がりますし、疲労も回復できるでしょう。
感動をするというのは泣く前から副交感神経が働き始めている状態にあると思うので、スイッチも入りやすいはずです。

映画でもよし、ドラマでもよし、最近は泣き歌や泣ける話なんかがネットを開けばたくさんあります。
自分に重なるような内容のものを選ぶと感情移入しやすく、感動の涙が流せるようですよ。

 

joyのオススメ泣けるもの特集!

映画編 “E.T.”

映画 E.T.-[Blu-ray] DVD
E.T.【BLU-RAY】
かなり古いですが・・・私はこれに何度も泣かされています。
この映画は確か、私と同い年なのですが、いつか近い未来に本当にこんな出来事が起きるのかもしれません。
宇宙人と人間の友情・・・これは泣けます!

ドラマ編 “1リットルの涙”

1リットルの涙-DVD
1リットルの涙【DVD】
2005年の秋に放送された実話が題材のドラマです。
難病の少女が21歳まで書き綴った日記がもとになっていますが、この少女が私の出身地で生まれ育っていることから私も見させてもらいました。
10年経った今でも、泣けるドラマといえば・・・に名前があがるほどの名作です。

泣き歌編 “思い出せなくなるその日まで/back number”

思い出せなくなるその日まで-back-number
思い出せなくなるその日まで/back number
back numberは私が最近いいなと思っているバンドですが、本当に心にしみるような名曲ばかりです。
他の曲も素敵な曲ばかりなので是非聴いてみてください。

 

おわりに

泣くことは、辛かったり、苦しかったりすることも多いですが、涙を我慢せずに泣きたい時は思い切り泣けば気持ちも楽になると科学的にも証明されています。
泣くのを我慢することは決して強いことではありません。
泣いて、乗り越えて、はじめて人は強くなるのだと思います。

けれど泣くなら、嬉し泣きや感動の涙の方がいいですね。
涙が出るほど幸せなことがみなさんにもたくさん訪れますように・・・

こちらもどうぞ☆
大人が泣ける絵本特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る