毛穴づまりが気になる季節に「週1酵素洗顔」がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毛穴づまりが気になる季節に「週1酵素洗顔」がおすすめ

気温も湿度も高い夏はお肌がべたつきやすい季節。
皮脂が増えるにつれて、お肌のごわつきや毛穴のつまりが気になることが多くなります。
そんな夏の肌悩みを解決してくれるのが酵素洗顔!
暑い時期もクレンジングや洗顔をやり過ぎることなく、効果的にすっきり清潔な美肌を保てますよ♪

酵素洗顔とは何か

酵素洗顔料とは、タンパク質や脂肪を分解する働きのある酵素が含まれる洗顔料のことです。

酵素は天然成分から抽出・生成されることが多く、たとえばパパイヤの実から取り出される「パパイン酵素」やパイナップルの実から得られる「パイン酵素」などがあります。

酵素洗顔

パパウォッシュ

こちらは天然パパイン酵素を配合している酵素洗顔料。
パパイン酵素を主成分に、石けん素地や植物エキスなどシンプルな成分で構成されています。

酵素洗顔なのに通常の洗顔料での洗顔と同じく毎日できるのが特徴。

最近ではタンパク質分解酵素として「プロテアーゼ」、皮脂分解酵素として「リパーゼ」を配合した酵素洗顔料もメジャーです。
それぞれの酵素がタンパク質分解と脂質分解という役割を担っているので、効率良く分解ケアができるといえます。

酵素洗顔

オルビス パウダーウォッシュ プラス

2015年6月24日に発売されたばかりの最新酵素洗顔料。
汚れをすっきり落とす酵素に加えて、ヒアルロン酸やコラーゲン、ローヤルゼリーエキスなどの保湿成分もぜいたくに配合されています。
また酵素洗顔料にはめずらしく、濃密な泡を作りやすいようです。

酵素洗顔

suisai ビューティクリアパウダーa

1回で使い切りの個包装だから清潔!
人気で受賞歴もある、定番の酵素洗顔料です。

分解酵素が含まれているこのような洗顔料を使った洗顔が酵素洗顔です。

酵素洗顔の効果

古い角質や角栓、毛穴の黒ずみを除去できる

酵素は角質・角栓・毛穴の黒ずみの元となっているタンパク質や脂質を分解除去します。
たまってしまった古い角質などは通常の洗顔料ではなかなか取り除けませんが、酵素洗顔なら泡で包み込むようにして無理なく落とすことができるのです。
ごわつき・ざらつきの気になるお肌を断ち切れます。

お肌のトーンが明るくなる

スキンケアをする女性
酵素洗顔でお肌にいらない汚れをすっきり排出することによって、みずみずしく新鮮なお肌が引き出されます。
同時に毛穴の黒ずみも解消されるので、全体としてかなり顔色が明るくなります♪

化粧水や美容液が浸透しやすい「やわ肌」になれる

お肌がごわついていると、しっかりとハンドプレスしてもなかなか化粧水や美容液がなじんでくれないもの。
酵素洗顔で古い角質を一掃しやわらかなお肌が保たれると、お肌が美容成分をぐんぐん吸い込み、よりいっそうもっちりとした感触のやわ肌になって……、こんな具合にお肌にとって良いサイクルが生まれます。

ターンオーバーが整う

スキンケアをする女性
お肌の新陳代謝のことをターンオーバーといいます。
皮膚細胞が作られてからお肌の表面まで押し上げられ、最終的にいらない角質となって排出されるまでの正しい周期はおよそ28日。
しかし年齢を重ねるにしたがってその周期はだんだんと遅れてしまうため、古い角質がたまりやすくなります。
古い角質が排出されないままでは新しい皮膚細胞を押し上げる力が弱まり、くすみやシミ・しわ・そばかすなどの原因にもなってしまいます。
加齢によるさまざまな肌トラブルを回避するアンチエイジングのためにも、ターンオーバーを整えることは大切。
酵素洗顔でいらなくなった角質を洗い流す=遅くなっているターンオーバーを早める手助けをすることで、正常な周期に導き整えることができるのです。

酵素洗顔のやり方

350 石鹸 泡 洗顔
基本的にはふだんの洗顔と同じ手順です。
まず手をきれいに洗ってから、ぬるま湯で軽く顔をすすぎます。
次に酵素洗顔料を泡立てましょう。(なかには泡立て不要のものも。)
酵素洗顔料はパウダータイプのものが多く、手で泡立てにくいことがあります。
ふだんの洗顔のときに手で泡立てている方も、泡立てネットを使うのがおすすめです。

しっかりと泡立ったらいよいよ顔を洗っていきます。
酵素洗顔は比較的汚れを落とす作用が高いので、いつも以上にやさしく洗ってくださいね。
顔全体を包み込むイメージで泡を広げる程度で十分ですが、すでに角栓ができてしまっているところなどは指の腹を使ってクルクルと洗うと効果的です。
洗うときはむだに顔をこすってしまわないように、必ず手と顔の間に泡がある状態を保ちましょう!

すすぎは泡を残さないようぬるま湯で念入りに。
すすぐ際にもあまり手でゴシゴシとこすらないことを心がけて、両手にすくったぬるま湯を顔にパシャパシャとかけるような感覚で洗い流します。
泡がなくなってからも、念のためさらに5~10回はすすいだほうが良いでしょう。

鏡ですすぎ残しがないことをチェックできたら、清潔なタオルに水分を吸わせるようにして顔をおさえます。
やはりタオルでも手と同じくこするのは厳禁! やさしく、やさしくを意識してください。

最後はすぐに保湿ケア。
クリーンなお肌に化粧水や美容液をたっぷりとしみこませたあと、乳液やクリームで守りましょう。

酵素洗顔は週に1回のスペシャルケア♡

親指でGOODサインを出す女性
酵素洗顔は頑固な古い角質や角栓がきれいさっぱり落とせる程度には洗浄力が高いので、毎日の使用には向きません。
週に1回が理想的な頻度です。
あまりに頻繁にすると必要な角層まで洗い流してしまい、だんだんとお肌が薄く弱くなってしまう危険性があるので注意が必要。
毎日使っても大丈夫とうたっているものもありますが、それでも週に1回から徐々に慣らしていくほうが無難です。
特に敏感肌の方はまずはTゾーンだけにしたり、気になるところの部分使いにとどめたりして、様子を見ながら少しずつの使用にしてくださいね!

600洗顔石鹸辛口レビュー!メコゾームの酵素入り「ブライトニングソープ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Y. NISHIKAWA

著者の記事一覧

結婚式の空間が何より大好き!な、元ブライダルプランナー・現ライター。
趣味は散歩となわとび、ウィンドウショッピング。ミッフィーが好き。
全米ブライダルコンサルタント協会認定ブライダルプランナー検定1級を取得しています。

ライターの魅力は結婚式場でのプランナーの頃よりも、はるかに多くの女性に情報発信できるところ!
ウエディングの正しい知識やトレンドはもちろん、ブライダル情報誌には載っていないような元プランナーならではの情報をご提供します☆
また、ウエディングに限らず、女性のキレイに役立つ話題も積極的にピックアップしていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る