メイク落としシートの使い方と注意点!おすすめランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メイク落としシートの使い方と注意点!おすすめランキング

世の中が便利になったな、と実感する一つとしてコスメのハイテク化を実感しませんか?
実際、技術の進化により、”時短・簡単”にキレイが手に入るようになりました。
そんなハイテク化の一つにメイク落としシートがあります。

メイクするのは楽しくても、そのメイクをオフすることは面倒だと感じている人は多いものです。
そこで、洗顔不要!シートでメイクを拭き取るだけでクレンジングが済んでしまうというメイク落としシートは、面倒くさがりな人だけでなく、仕事に疲れてメイクオフする気力もない人や旅先でのメイク落としとして人気を集めています。

しかし、正しい使い方でなければ、肌にダメージを与えてしまいいろんな肌トラブルに巻き込まれることもあります。
知っておきたいメイク落としシートのあれこれをこの機会にしっかりマスターしておきましょう。

肌の悩みはクレンジング次第!?

メイク落とし
肌への摩擦は、乾燥やシミ、シワ、ごわつきを引き起こす原因の一つと言われています。
摩擦とは、顔の皮膚表面と手やコットン、洋服などが擦れている状態です。
なめらかに滑らせている場合は大丈夫ですが、何度も同じ場所を滑らせたり、強く肌表面に押し付けるようなことは、肌にとって大きな負担となり、肌トラブルの原因となってしまいます。

毎日行っているスキンケアは、肌に潤いを与え、よりキレイになるために行っているものですが、間違った方法でスキンケアをしていると、キレイのための時間が肌を老けさせるための時間になってしまいます。

間違った方法でのスキンケアの一つとして、現在様々なメーカーなどから注目を集めているのが「クレンジング」です。
メイクや皮脂・汗・ホコリなどが混じり合った肌表面の汚れを取り除き、クリーンな状態にするために行う行程です。
しかし、メイクに適していないクレンジングや洗浄力の強すぎるクレンジング、肌に刺激となるクレンジングの使用により、肌を痛めつけキレイから遠ざかっている肌を持つ人が増えています。
つまりメイク落としのときこそ、摩擦が起きやすく、肌の悩みを作っているのはあなたのクレンジング方法に問題があるかもしれません。

メイク落としシートでのメイクオフが日常になっていませんか?

メイクオフする女性
メイク落としシートは、ベッドの上でもソファの上でもメイク落としができる優れものですが、やはり肌への負担を考慮すると毎日のクレンジングとして使用することは、おすすめできません。

たとえ、使用している現在は肌トラブルが起きていなくても、あなたの目の見えない肌の奥には毎日のメイク落としシートによる刺激や摩擦の蓄積が行われています。
そして、年齢を重ねていくとそのダメージが引き金となり、数年後、数十年後になってようやく様々な肌ダメージが表面化していきます。

肌は傷ついたら傷ついた分だけダメージを受けることを忘れないでください。
クレンジングは、スキンケアの中でもダメージを与えやすくなっています。
その中でもメイク落としシートは、群を抜いて肌に負担をかけ、ダメージを与えています。
メイク落としシートを使うのは、どうしても洗面所に行く気力がないときや出先、水が使えないところなど限られた機会だけにしておきましょう。

メイクしたまま寝るか、メイク落としシートでメイクを落として寝るか?

メイクを確認する女性
メイク落としシートは、水が使えないところでのメイクオフやクレンジング剤を持ち歩く手間が省けるといったメリット、場所を問わずどこでもメイクオフができるというメリットなどがあります。
1日のメイクや汚れを肌に残したままにするのと、多少肌に負担がかかってもメイク落としシートでメイクオフするのとでは賛否両論ありますが、どちらかといえば、メイクはやっぱり落としたほうが肌にとってはメリットがあります。
汚れをそのままにしておくと毛穴が詰まる原因となったり、肌のうるおいがメイクに奪い取られ乾燥肌になる原因もあります。
またアイラインやリップなどは色素沈着しやすいので、きちんと落としておく必要があります。

メイクしたまま寝ると10歳老けると言われているほどです。
肌のことを考えると、何が何でもメイクを落としてから寝る習慣をつけましょう。
そのためには、通常使用するクレンジングとは別に手元に一つメイク落としシートを用意しておくことが得策です。

メイク落としシートの使い方

クレンジングをする女性
メイク落としシートは、使い方によっては、肌にダメージを与える肌にとって敵になります。
正しい使い方をしっかりと覚えておきましょう。

  1. メイク落としシートを容器から1枚取り出したら、全体にしっかりクレンジング剤が染み渡るように揉み込む。
       
  2. メイクオフの順番は濃いポイントメイク→全体。
    まずは、まぶたサイズに折り、アイシャドウ・アイライナー・マスカラを落とす。
    サッと拭き取ることはできないので、しばらく目元になじませ、力を加えすぎないよう優しく上から下に拭き取る。
    まぶたギリギリのアイライナーは、シートを小さく折り畳み、綿棒のようにしてやさしくなぞるように拭き取る。
       
  3. 目元が終わったら、口元のリップを落とす。
    この時も極力こすらずに済むように、少し時間を置いてから拭き取るようにする。
    唇の両端はリップが残りやすいので気をつける。
       
  4. 目元・口元を除く他のTゾーン、アゴ、こめかみ、頬をシートを広く活用しやさしく拭き取る。
    何度も往復しなくて済むように大きくシートを使うことがポイント。
       
  5. メイク落としシートにメイクがつかなくなったら、終了です。

シートを一枚で済ませることもできますが、メイクの落ちが木になる場合は、もう一枚取り出し、顔全体を撫でるように優しく拭き取りましょう。
メイク落としシートによっては、洗顔が必要な場合とそうでない場合があります。
基本的には、シートを使ったら洗顔するほうが望ましいですが、特にシートにそのような記載がない場合は省いてもOKです。

メイク落としシートおすすめランキング

第1位

リバイバルクレンジングシート

240枚入り 3,888円
※30枚入り×8個
※サイトによって価格変動あり
メイク落とししながら、肌の保湿やハリを与えることができるクレンジングシートです。
大判サイズなので、一枚で十分に落とせる大きさがなんといっても魅力的です。
朝の洗顔代わりやベタつきが気になる夏場に大活躍してくれます。
面倒臭がり・でも肌のお手入れは最低限行いたい方におすすめです。
大変人気の為、どこのお店も売り切れています。
見つけたらすぐに購入を!

第2位

ビフェスタ うる落ち水クレンジングシート ブライトアップ

46枚入り 550円 
手早くさっさとメイクオフしたいときに大活躍すると人気なのがこの水クレンジングシートです。

値段重視&メイクの落ちを最優先する方にぴったりです。

第3位

ニールズヤード レメディーズ フェイシャルクレンジングコットン

25枚入り 1,600円 
オーガニックコットン100%で肌触りが良く、刺激を最小限に抑えることができます。
また、メイクオフしながら、植物美容成分による美肌効果でメイク落としシートの使用後もつっぱり感がなくしっとりとした肌に整えてくれます。
少しでも肌をいたわりたい方に適しています。

おわりに

メイク落としシートでメイクオフする女性いかがでしたか?
メイク落としシートは手軽で簡単に行えるクレンジング方法の一つです。
とても便利なアイテムである一方、肌に大きな負担をかけてしまうというデメリットも持っているので、しっかりメリットとデメリットを把握し、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

メイク落としシートを使う時は、優しく+パーツごとのメイクオフを心がけましょう。
便利アイテムは、あなたのスキンケアの救世主になることもありますが、今日のスキンケアが明日や数年後、数十年後の肌を作っていることを忘れないでくださいね。

毛穴の黒ずみに効果あり?マナラの「ホットクレンジングゲル」を試してみました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る