シャンプーしながらカラーリング!?話題のカラーシャンプーって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラーシャンプーは使っても傷まないの?

ある日こんな質問を受けました。
「今流行っているカラーシャンプーは使っても傷まないですか??」と。

お恥ずかしながら、私はカラーシャンプーというものを知らず、全く何のことやら分からなかったのですが、どうやらシャンプーしながら髪が染まっていくというものらしく、逆にそんなものがあるんだ!と関心してしまいました。

カラーというものは、今ある髪の明るさから、残留している色味、髪質とダメージレベルなどから綿密に計算して調合します。
また塗布する際も、塗布する順番や時間差を利用してキレイに染まるよう計算が必要です。
美容師はカラーに対して数学的な理論をもって施術を行うため、ホームカラーというものに否定的になってしまうのが正直なところです。

私も勉強のために、ホームカラーや市販のシャンプーなんかを使ってみたりしたこともありますが、使い方や使い勝手といった視点からみるとよく考えられているなーと感心してしまいます。
ですが、やっぱりホームカラーはオススメできません。
何故いけないのかはまたの機会にお話しますが、簡単に言ってしまうと髪が傷むからです。

350

カラーは希望の明るさよりも多くの色素を抜いて、新たに加える染料で仕上がりの明るさを調整します。
美容院に来店された時に、毛先にまだキレイに染料が入った状態であると、私たちプロでもどのくらいのダメージレベルなのかを判断することが難しいのが正直なところです。
傷んでいないと見誤って強い薬を使用し、結果髪がボロボロになってしまいクレーム…。
という話はよくあることです。

 

理想はアミノ酸系の洗浄成分

350 髪 風呂 入浴
カラーシャンプーについては、同じホームカラーとはいえ、シャンプーですから、まず気になるのは洗浄成分です。
粗悪なシャンプーは石油系の洗浄成分を配合しているので、カラー以前にそれが原因で痛みます。
まず、どのような洗浄成分を使用しているのかを見てください。
理想なのはアミノ酸系の洗浄成分です。
アミノ酸系でしたら、シャンプーとしては全く問題ありません。

少し調べてみましたが、そもそもカラーシャンプーというものはサロンで行ったヘアカラーの褪色をシャンプーで補うことが目的なようです。
主にパープル系、レッド系、ブラウン系に分かれていてそれぞれ自分の髪色に合わせて使用するようですね。
アッシュ系やミルクティのようなカラーであればパープル。
これは補色といってハイトーンではどうしても出てきてしまう黄ばみを打ち消す役割をします。
レッドは最も落ちやすい色味です。
赤味を持続させる場合はレッド系。
ナチュラルなブラウンもオレンジ色に傾きやすいので補ってあげるといいかもしれません。

350 髪 

どうやら染料はヘアマニキュアと同じ酸性カラーのようです。
マニキュアというものは髪の表面に付着する染料で、キューティクルをこじ開けることはしないものなので髪は傷みません。
結論を言えば、カラーシャンプーはアミノ酸系の洗浄成分であれば髪を傷めることはないです。

最近主流の泡カラーのように、シャンプーの泡を利用することで誰でもムラ無く染められるといったことなのかなと思います。

 

パーマやアルカリカラーが反応しにくくなる可能性

350
しかしですね、美容師の目線から1つ注意させてください。

毎日髪に染料を与え続けることによって、髪に染料が蓄積します。
まず、マニキュアをされている方というのは、パーマやアルカリカラーが反応しにくいです。
パーマはかかりにくく、時間がかかる、もしくは強い薬を使わなくてはいけなくなります。
アルカリカラー(通常のサロンカラー)に関しては、明るくなりにくい、色味の変更が難しくなる、といった問題が起こる可能性があります。
そういった問題が起きた場合に、無理な施術が髪にダメージを与えるということだけは覚えておいてください。
もしダメージを起こしてしまっても、それは美容師の責任ではありません。
サロンに行った際は、前もってカラーシャンプーを使用していることを伝えるようにしましょう。

 

ちゃんと希望通りの色に染まるの?

350 髪
さて、染まりに関してですが、これは個人差があるようです。
元の髪の明るさや元々持っている髪の色素、サロンでのカラーも同じですが単色で狙い通りの色が出るかといったらなかなか難しいものです。

きれいなくすんだアッシュにしたくてパープルを使用しても、元の髪色がオレンジに近い色であったりすれば多少黄ばみが取れただけのブラウンになると思いますし、ピンクを持続させたくてレッドを使用しても、シャンプーを流した際に染料まで流れてしまうことは珍しくありません。

髪質や元の素材によって効果の出方は様々だということです。

ですがこれはやってみないとわかりません。
やっぱり気になるという方は是非試してみてください。

 

カラーシャンプーを試したい人へ

1つ、良さそうなカラーシャンプーを見つけたので参考にしてくださいね。

リンダカラーケアシャンプー-(Linda-color-care-Shampoo)
リンダ カラーケアシャンプー(Linda color care Shampoo)

アミノ酸系界面活性剤使用で泡立ちも良いそうです。
美容成分もしっかり配合されていますので髪には良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る