水着を着るなら処理しておきたい!Vライン脱毛のおすすめの形とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはアンダーヘアー、きちんと処理していますか?
とっても気になるのに、なかなか友達とも話しにくいまさにデリケートゾーン。
大体半々で処理している派、何もしていない派に分かれます。

正直人には見えない部分なので、脇や腕のように必ずしも処理しないとまずいというわけではありません。
ですが、水着を着る機会があるのなら、かなりの確率ではみ出してしまいますので、絶対処理はしておきたいところです。

 

Vラインおすすめの形

350
気になるのは、どこまで処理をしたら良いのか。
着る水着が決まっているのであれば、まずはその水着を着て、はみ出す部分を確認して処理しましょう。
はみ出し部分だけでも問題はないのですが、どうせなら全体的に形を整えることをおすすめします。

おすすめランキング

形に悩む方のために、人気・自然・男受けの3つを加味したランキングをご紹介します。
迷ったらこの中にしておけば確実に間違いはありません!

1位:逆三角形

Vライン 脱毛 形
まさに余分な箇所だけを処理したという1番自然な形です。
いかにも処理してます!感が出ず、圧倒的に人気の形です。

2位:逆たまご型

Vライン 脱毛 形
1位の逆三角形とかなり僅差で人気の形です。
逆三角形に丸みがついた形なので、女性らしさを出すことができます。

3位:U型

Vライン 脱毛 形
上位の2つを融合したような形です。
逆たまご型よりは自然に仕上がりますが少し面積は広くなります。

意見が分かれる個性的な形

他にどんな形があるの?という方のために、一応ご紹介だけしておきます。

Vライン 脱毛 形
左から、長方形正方形ハート型全剃りハイジニーナ型とも呼ぶ)

かなりきわどい水着を着る方の中では長方形は人気がありますが、基本的にこれらの形は挑戦する人も少なく、一般的な日本男性には刺激が強すぎるため男受けも微妙です。(意見はかなり分かれます)

アンダーヘアーに個性は必要ないかな…という方は、ひとまずは先にお伝えした逆三角形・逆たまご型・U型のどれかにしておきましょう。

 

Vラインの処理はサロン脱毛がおすすめ

350 脱毛
アンダーヘアーに関しては、2つの理由からサロン脱毛をおすすめします。

理由①自己処理には限界がある

筆者の経験からですが、チクチク度合いが増したり、剃り残しがポツポツ目立ってしまったりと、こんなことなら処理なんてするんじゃなかった‥と後悔してしまうこともあり得ます。

また、とてもデリケートな部分であるため、何度もカミソリをあてると肌荒れを起こして痒みや赤みが出たりします。

理由②安価でできる

350
デリケートゾーンは、部位の範囲が小さいので、5万円もあれば十分に脱毛することが可能です。
水着に限らず、温泉などでも恥ずかしくなくなりますし、急なお泊まりがあった場合でも安心です。

脇も全く同じ理由が当てはまりますので、個人的に、腕と脚は自己処理でどうにかしているという方でも、脇とVラインに関しては絶対にお金を払ってでもサロンにお願いするべきだと思います。

 

Iライン・Oラインの脱毛

350

VIOって・・・?

よくまとめてVIOと呼ぶ場合も多いですが、実際どこの部分なのか、分かっていない人も多いです。
まずはこちらで確認しましょう。

Vライン 脱毛 形
どれもアルファベットの形が由来になっています。

  • Vライン:正面から見える毛のことです。
  • Iライン:女性器の両側の部分です。
  • Oライン:おしりの奥の部分です。(肛門周り)

Iライン・Oラインを脱毛するメリット

水着のことだけを考えれば、きわどいサイズのものを着ない限りはVラインの処理だけで全く問題はありませんが、Vラインの形をきれいに整えると、Iラインの毛が半端なく目立ってしまうこともあります。
そしてIラインを処理すると、次はOラインが目立ってしまう…という連鎖反応が起こります。
そのため、まとめて脱毛するVIO脱毛が最近では人気です。

また、Iライン・Oラインを処理することで生理中の蒸れがなくなって快適になったり、臭いが軽減されるというメリットもあります。

もし、Vラインに少し上乗せしたお得な金額でVIOのセットプランがあるようでしたら最初からお願いした方が手っ取り早いのでおすすめします。
Vラインだけのお得なプランがある場合は、まずはそちらを試して様子を見て考える、という方法もありです。

最初は少し恥ずかしい

Vラインもそうですが、IラインとOラインは特に最初は恥ずかしい箇所でもあります。
未知の世界だと逆に恥ずかしさが増すかもしれないので、イメージしやすいように、どのようなポーズで脱毛するのかご紹介しておきます。

Vライン

ほとんど紐のような紙パンツを履いた状態で仰向けになり照射します。
Vライン-Iライン-Oライン-脱毛

Iライン

片足の膝をたてる、または横に開いた状態で照射します。
Vライン-Iライン-Oライン-脱毛

Oライン

うつ伏せになって少し足を広げた状態で照射します。
※場合によっては馬のようなポーズになる場合もありますので、不安な方はやる前に確認してください!
Vライン-Iライン-Oライン-脱毛

なんだか余計に行くのをためらわさせてしまったような気がしますが…エステティシャンの方はもう見慣れているポーズになりますので、恥ずかしいのは最初だけです!
勇気を出してまずは行ってみてください。

 

とりあえず試したい方のためのおすすめサロン

350 水着
ちょっと興味があるけどまだ不安…という方は、TVCMでもお馴染みの「ミュゼプラチナム」がおすすめです。

脇とVラインがセットで100円(しかも回数無制限)とびっくりする程のお得価格なので、もし合わなかったとしても、潔く辞めても良いですし、別のサロンを見つけるというのもありです。
本当に無理な勧誘が一切ないので、勧誘が嫌だから安くても行きにくい‥という方にはぴったりです。
もちろん追加料金をとられるということもありません。

ちなみにどうしてここまで安いかというと、実際施術を受けて気に入ったお客さんが、勧誘しなくてもどんどん他の部位を契約してくれるからなんです。
あくまで自ら望んで契約しているので、脇とVラインだけで満足という方であれば本当に100円だけでOKです。

ミュゼプラチナム 公式サイト

 

最後に

350 夏
アンダーヘアーの脱毛についてお分かりいただけましたでしょうか?
水着を着ることはないという方でも、きちんと処理するだけで自信へとつながりますし、女子力UPへの活力にも繋がりますので、個人的にはとてもおすすめです。
一度やってもらうと、今までの自分のあまりのムダ毛具合にドン引きしてしまうと思います(笑)

最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、すぐ慣れると思いますのでぜひ一度お試ししてみてください。

こちらもどうぞ★
短期間で脱毛するのにおすすめの方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:もりぼん

著者の記事一覧

1986年生まれ。
広島で生まれ育ち、ミーハー心だけで大学から東京に進出。
現在は化粧品メーカーに勤務しています。

仕事やネイルスクール(ネイリスト技能検定2級保有)で培った美容知識を、ここでは売り手側の視点ではなく、本当に皆さまが役に立つことだけを伝えていきたいと思います。

毎日大好きなキャラクターグッズに囲まれて過ごしています(^ー^*)
コスメコンシェルジュ/日本化粧品検定1級保有。







関連記事











ページ上部へ戻る