ライフスタイルで選ぶ♪ベビーカー選びのポイント☆ママ体験記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベビーカーにはたくさんのメーカーや種類が出ていますね^^
では一体、どんな選び方をしたら良いのでしょう?
安全性はもちろんのこと、ライフスタイルや好みに合わせて選びたいですね☆

今回は、人気国産メーカーのコンビさんの商品を参考にしながら、著者の体験談からのベビーカーの選び方をご紹介させて頂きます☆

人それぞれ、感じ方は違いますが、ご参考にして頂ければとてもうれしいです^^

 

☆車移動中心の方☆

車での移動がメインの方は、ベビーカーの座面がそのまま「チャイルドシート」になるタイプがおすすめです☆

ライフスタイルで選ぶ♪ベビーカー選びのポイント☆ママ体験記
コンビ/EX COMBI マルチ5ウェイ PW
73,000 円(+税)

座面が取り外しが出来て、チャイルドシートにもなるタイプ。
その他、ベビーキャリーとして使えたり、ゆりかごにもなり、椅子にもなります。
新生児から24ヶ月ころまで使えるタイプ。

例えば車で眠ってしまっていても、こちらだとチャイルドシートを外したりといった移動の手間がないので、寝ている赤ちゃんをそのままお部屋まで運ぶことが出来ます。

ママは、赤ちゃんが眠っている間が休憩タイム。
赤ちゃんを起こすことなく、泣いてしまってあやすことなく、お部屋に運べたり、車に乗せることが出来るというのは、とても楽だと思います☆

ただ、ベビーカーを畳んでも、シート部分は畳めないので、車移動がメインではない方には、かえって荷物が増えてしまうようで、わずらわしさを感じるかもしれません。

 

☆基本的に歩き中心の方☆

歩き中心で常にベビーカーで移動する方は、軽くて、押しやすく、畳みやすいタイプがオススメです。

ライフスタイルで選ぶ♪ベビーカー選びのポイント☆ママ体験記
コンビ/メチャカル ハンディ DC-360
36,000 円(+税)

歩いて移動している時に、赤ちゃんがぐずった時、抱っこひもで抱っこして、空のベビーカーと荷物を押して歩く、なんてこともあります。

そんな時、やっぱり「押しやすさ、片手での操作のしやすさ」なども重要なポイント。

また、地域の子供センターなどに行く機会も多いと思いますが、段差があったり、スロープのない入口も多いのです。
ベビーカーを持ち上げて階段を上る・・・なんてシーンも多いもの。
電車やバスなどを良く使われる方も同じですね。

たった一段でも、赤ちゃんを乗せたベビーカーを持ち上げるというのは、回数重ねるとかなりの重労働。
「赤ちゃんの重さ+ベビーカーの重さ+荷物の重さ」がかかってきます。

やっとベビーカー置き場までたどり着いた・・・と思ったら、「ベビーカーは畳んで並べてください」などという表示があることがあります。
一人でも多くの、赤ちゃんとママが過ごせるように・・・という配慮ですね。
そこで、ベビーカーを畳む という作業が出てきます。

片手で赤ちゃんを抱っこして荷物を持って、片手でベビーカーを畳みます。
ですので、片手で簡単にベビーカーが畳めるワンタッチタイプだと、とても楽です。

使い勝手や使用感など、人それぞれなので、実際に売り場で試してみてから購入するのが一番良いのかもしれませんね^^

 

☆住んでいる場所☆

著者の子供が赤ちゃんの時に住んでいた場所は、横浜の急な坂が多い地域でした。
行きも帰りも、上りも下りもあり、ベビーカーを押すのはなかなか大変だったので、お散歩がてら遠回りして、緩やかな坂の道を選んでいました。

普通の大人の日常生活だと、(人それぞれではありますが)坂が急だけど、「距離が短くて早く到着する道」が楽だったりします。
でもベビーカーは逆で、時間はかかっても緩やかな道の方が全体的に楽でした。

また、我が子はベビーカーが動いていれば、ご機嫌だったり、眠ってしまうことも多かったので、ベビーカーで眠らせて、お家の玄関でそのまましばらく眠らせておく・・・(その間にママは休憩♪)なんてことも良くしていました。

 

☆住んでいる家(何階?エレベーターあるなし?)☆

お住まいの環境によっても使いやすいベビーカーが変わってきます。
一軒家なのか、マンションなのか、集合住宅なのか・・・玄関の広さ、エレベーターの有る無し・・・。

集合住宅などで、エレベーターが無かったり、あっても、すべての階に止まらない建物だと、ベビーカーを持って階段を上る、という作業が毎日必ずありますね。
場合によっては、ベビーカーがお荷物に感じることもあるかもしれません。

新生児の間は日常は抱っこひもメインで、たまにベビーカーを使うようでしたら、リースという方法もあります。
赤ちゃんの腰が座るくらいの月齢・・・生後7か月くらいになってから、軽くて持ち運びも楽なB型ベビーカーを購入するという方法もあります^^

ライフスタイルで選ぶ♪ベビーカー選びのポイント☆ママ体験記
コンビ/F2 AB-240
29,000 円(+税)

 

☆生活スタイル(サポートしてくれる人がいる、いない)☆

家の近所に親や兄弟、親戚がいるなど、サポートしてもらえる環境にある方、一方、サポーターが近くにおらず、基本的にママ一人で育児をしている方とでは、ベビーカーの便利さや出番も変わってくると思います。

基本的にママ一人で育児をされている方は、ベビーカーの機能や使い勝手にこだわると、大きなサポーターとなってくれると思います^^

 

☆家族構成(上の子下の子、双子など)☆

一人目の子どもは、あれこれ考えますが、二人目以降は、上の子どもが使っていたものを使う方が多く見られます。
そういった点で、お子さんをたくさん出産する予定のある方は、ある程度お値段が上がっても長く使えるしっかりしたものを選ぶ、という選択もあるのかなとも思います。

ライフスタイルで選ぶ♪ベビーカー選びのポイント☆ママ体験記
コンビ/ホワイトレーベル ディアクラッセ オート4キャス エッグショック FD-700
72,000 円(+税)

 

☆丸洗い出来るもの☆

日常便利なベビーカーだけあって、ミルクをこぼしたり、吐いたり、お茶をこぼしたり・・・などなど汚れるものです。
シートの一部分が取り外しできて丸洗い出来るものは、衛生的にも良いですし、気持ち良いですよね☆

 

☆ママの身長に合わせて選ぶ☆

例えば、身長が147センチのママと165センチのママとでは、ベビーカーを押しやすい高さが違います。
最近ではハンドルの位置、高さなどいろいろと工夫されたベビーカーが発売されています。
実際に売り場で試してみると、ちょうど良い高さが見つかると思います^^

 

☆ベビーカーにつける便利グッツ☆

クリップ

ライフスタイルで選ぶ♪ベビーカー選びのポイント☆ママ体験記
クッキークリップ
1,200 円(+税)

肌かけなどを留めておけるクリップは必需品です。
肌かけは、夏場はバスタオルや、授乳ケープと併用するのも良いですね^^

マルチホルダー

ライフスタイルで選ぶ♪ベビーカー選びのポイント☆ママ体験記
マルチホルダー
900 円(+税)

赤ちゃんは、いつも何か口に入れたい、噛みたい・・・だったら専用の物を用意しておくと安心ですね☆

レインカバー

ライフスタイルで選ぶ♪ベビーカー選びのポイント☆ママ体験記
コンビ/マルチフィットレインカバーZC ブラック(BK)
¥3.980(税込)

レインカバー。
いつもベビーカー移動という方には、用意しておくと突然の雨の時大活躍♪

UV&虫よけネット

ライフスタイルで選ぶ♪ベビーカー選びのポイント☆ママ体験記
GAIA & KO ガイア&コー/モスキートネット
¥3.780

UV&虫よけネット。
夏場は特に日差しや、蚊よけに大活躍☆

フック

ライフスタイルで選ぶ♪ベビーカー選びのポイント☆ママ体験記
ナポレックス/ミニー ベビーカーフック
¥972(税込)

ベビーカーに取り付けられる、荷物かけフック。
これは本当に便利なので必需品です☆^^

 

☆ベビーカーの買い時って?☆

350 ベビーカー ac
出産前の時間のあるうちに下調べをしっかりしておいて、購入するのは出産後でも良いのかな、と個人的には思います^^

産後1か月はお家の中で過ごすことがメインになりますし、その後も、ベビーカーに乗せると泣いてしまう赤ちゃんもいます。
小柄な赤ちゃんであれば、「ベビーカーよりも抱っこ紐で移動した方が、赤ちゃんも安心するのでお母さんも楽♪」・・・というお話も良く耳にします。

予め用意しておいたのに使えない時期が長いのも、もったいないですよね。
その間に、新しいモデルが発売されて、古いモデルが値下げになることもあるかもしれません。

ちなみに著者は、平均的なサイズの男の子でしたが、産後1か月くらいからベビーカーに乗せて毎日一時間くらいお散歩していました。

完全母乳で育てていたのと、近くにサポーターがいなかった為、一日中抱っこしているようになってしまうので、ベビーカーを使うことで気持ちもリフレッシュしていました。

また、比較的空いている近所のショッピングモールなどへ行くことで、他の方とお話したり、抱っこして頂いたりすることで、とても気持ちが楽になりました。
幸い、お外とベビーカーが好きな赤ちゃんだったので^^

抱っこシートに更に、タオルなどでクッションを作って蜜着面を多くすると、赤ちゃんは安心するようです。

 

☆終わりに☆

いかがでしたか?
人それぞれ、ライフスタイルや好み、感じ方などが違うので、一概に「これがいい!」とは言い切れないですよね^^
でも自分自身のこだわりに折り合いをつけながら、自分にとって一番合っているものを選ぶと、子育てもより楽しくなりますね^^

ママが楽しいと赤ちゃんもハッピーです♪

ママが楽しく赤ちゃんも楽しい♪ハッピーライフを♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:クレオ絢子(CLEO AYACO)

著者の記事一覧

1977年生まれ。
短期大学英文科を卒業後アパレルメーカーに就職。
その後エステティシャンや化粧品メーカーで広報や講師をやらせて頂いていました。
28歳の時に大きな転機をきっかけに、スピリチュアルな自分探求が始まり、現在は、スピリチュアルセラピスト、エネルギーを絵で表現するヴィジョンアーティストとして活動しています☆
また2009年に出産を経験し、男の子のママでもあります^^
大好きなファッションや美容に関する情報だけでなく、スピリチュアルな視点からの記事を
書いていきたいと思います☆
ワクワクした事を発信して行きますので、どうぞよろしくお願い致します☆







関連記事











ページ上部へ戻る