手荒れ解消!弱い肌におすすめ無添加食器洗剤5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手荒れ解消!弱い肌におすすめ無添加食器洗剤5選!

肌の弱い人が最近増えてきていると聞きます。
なぜでしょうか?
生活習慣やストレスなどで身体の抵抗自体が弱まっている為とも言われていますし、環境が汚染されている影響だとも言われています。
肌が強ければ何も感じずに使えるであろう製品が使えない、使うと不調になるといった事を訴える人は非常に増えてきています。

筆者も近年は“肌が弱い人”になってしまいました。
理由はよく分かりません。
先ほどもあげた、ストレスとかで身体の免疫機能が弱っていったからかもしれません。
皮膚が弱くなってしまってからは非常に困る事に遭遇しました。
肌に使う製品がことごとく合わない!かゆい!という事です。
特に変化が激しかったのが食器を洗う洗剤でした。
毎日食事の度に洗うものですから、ある意味一番接触機会が多いからでしょうか。
というわけで、今回は、同じように肌の弱い人でも使える食器用洗剤を紹介致します。
もし、気になったら使ってみてくださいね。

 

1.arau(アラウ)

手荒れ,やさしい,肌荒れ,アラウ,台所用せっけん,無香料,無着色,保存料無添加,arau
アラウの台所用せっけんです。
合成香料、着色料、保存料まで無添加のせっけんタイプの洗剤です。
それプラス天然ハーブまで配合だから、お肌に優しいプラス洗浄力も抜群の安心商品です。
ラベンダーとスペアミントオイル、シソオイル配合で除菌効果も期待できるので正にパーフェクトと言えます!
筆者もこの商品を愛用中なので、手肌に優しい実感出来るので、洗う度に手が荒れる心配をしなくて良いので嬉しいです。

 

2.ミヨシ石鹸 無添加食器洗いせっけん

手荒れ,やさしい,肌荒れ,無添加,食器洗いせっけん
石鹸で有名なミヨシ石鹸が作る食器洗い用の液体せっけんです。
こちらも使用した経験があるのですが、個人的にはこちらの洗剤の方が通常の洗剤よりもキュッキュするので好きです。
若干脂汚れが落ちにくい感じは否めませんが、事前に水ですすいでから洗えば特に問題ないかなという感じです。
すすぎも速いですし、合成的なものは一切使っていないので、これもかなり安心の品です。

 

3.シャボン玉EM食器洗い液体せっけん

手荒れ,やさしい,肌荒れ,シャボン玉,EM,食器洗い液体石けん300ml
せっけんベースの肌にやさしい食器用洗剤です。
他の商品と違うのは、環境に優しいEMという成分が配合されている点です。
EMは排水管や排水の浄化作用もある優れモノです。
乳酸菌や酵母菌が主体となって出来ているので、こちらももちろん合成的な成分は一切なしです。
使えば使うほど環境が浄化出来るなんてとても素敵ですね。

 

4.シャボン玉キッチン液体タイプ

手荒れ,やさしい,肌荒れ,シャボン玉,キッチン液体タイプ本体300ml
先ほどと同じシャボン玉石けんの食器用洗剤です。
人気には定評があるみたいです。
EMが配合されていない点を除けば先ほどととほぼ変わりませんが、こちらもせっけんメーカーの製造という事で成分も無添加。
合成成分は一切なしの安心商品です。
固形石鹸に使われる成分を使っているので従来の液体洗剤よりも洗浄力が強いのが強みです。

 

5.ミヨシ石鹸白いふきん洗い

手荒れ,やさしい,肌荒れ,ミヨシ石鹸,白いふきん洗い,135G
ミヨシ石鹸の固形石鹸タイプです。
ネーミングがふきん洗いなので食器が洗えるのか?と不安に思う事でしょうが、筆者は問題なく使っています。
使用用途の欄にも、ふきん、食器、調理用具の洗浄にと書いてあるので台所全般に使えますし、手を洗うのにももちろん使えるので、台所がごちゃごちゃしていて嫌な方にはこれ1個で対応できるのでおすすめです。
液体と違ってスポンジに擦りつける作業が面倒に感じるかもしれませんが慣れるとまったく気にならなくなります。

 

さて、いかがでしたか?
今回紹介したのは防腐剤や香料などの合成成分を一切使用せず、肌を荒らす石油成分ではなく、肌に穏やかな植物成分から洗浄成分を抽出している商品のみをご紹介しました。
“肌に優しいと謳っているにも関わらず、皮膚を溶かす作用のある合成界面活性剤を使っている”洗剤がほとんどですので、肌が弱い方は惑わされないようにしましょうね!

Photo by Courtney Carmody

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!







関連記事











ページ上部へ戻る