急に行けなくなった!当日にデートをドタキャンする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デートの約束

約束の時間まであと1、2時間なのに、急にデートに行けなくなっちゃった経験はありませんか?

デートをドタキャンするって悪いイメージになりがちですが、少しでも良い印象で断る方法が中にはあります。
もしチャンスを棒に振りたくなくて、その人ともう一度デートをしたいなら効果的な断り方です。
逆に、「もう二度と会いたくないわ」って人には別に効果的な断り方もあります。
まだ付き合っていないころ、付き合い始め、付き合いが長くても使える方法ですので、一度目を通しておくと、いざという時に便利かも知れませんよ!

 

1.すぐに電話する

350 電話 スマホ
デートできなくなっちゃった、と気づいた瞬間、もうまっさきに相手に電話しましょう。
相手があなたのために待っている時にデートをドタキャンしてしまうのは絶対に避けたいですよね。
たとえあなたがどんなに嫌いな人でも、相手を立って待たせてしまうなんて失礼ですし、好ましい事ではありません。
メールやLINEなどで伝えるのも方法としてはありますが、電話ほどに誠実さは伝わらないので、避けるべきです。

また、メールなどはもしかしたら相手に届いてない、という可能性もありますので、電話で確実に伝えられる方法を選びましょう。

 

2.予想外の出来事が起きたと伝える

時間を気にするOL
彼ともう一度会いたい、デートしたいと望むなら、何か予定外の事がいきなり起こってしまった、と伝えましょう。
いきなり仕事のミーティングに行かなきゃ行けなくなった、遠くから急に家族や親せきがやってくる、などなど。

「急に」「予想外で」という点を強調するのがポイント。
どちらにせよ、相手に謝り、本当はあなたに会いたいのだけれど…と念を押しておくのも大事です。

注意したいのは、それが彼とのデートより優先させるべきかどうか、という事。
仕事、家族、あるいは親しい友達に問題が起こった、くらいなら大丈夫かもしれません。

 

3.嘘の準備をしてから断る

350 ? 考える
もしデートを断るのなら、しっかり準備してから電話しましょう。
頭の中でシュミレーションをするのが大事です。
今どこにいて、何をしていて、何が原因でデートに行けません、という事を明確に伝える事が大事になってきます。
そうすれば信憑性も上がり、相手も信じてくれるでしょう。

しかしそれが本当の事なら良いのですが、今さっき考えた言い訳なら、自分の言葉ですらすら伝えるのは難しいです。
なので、頭の中である程度嘘の言い訳を準備をしてから断りましょう、という事です。

 

4.真実を伝える

350 カップル 喧嘩
デートに行けなくなった本当の理由を伝えるのもアリです。
これは特に、自分が乗り気じゃない相手とのデートの場合に効果があります。

もしその人とデートしたくないのなら、今誰ともデートする気はない、あなたに興味が無い、とはっきり伝えましょう。
そうすれば、相手にも変な期待を持たせずにスッキリ終わることができます。

また、付き合いが長いカップルにとっても、変に言い訳を考えて伝えるより、本当の事を言ったほうが、信頼もされるはずです。

 

5.別のデートを提案する

男性の話を聞いている女性
もし本当にその人と会いたいのにデートができなくなってしまったら、次のデートを提案するようにしましょう。
そうすれば相手にもあなたの気持ちが伝わるでしょう。

その時に大事なのは、「また今度遊びましょう」では無く、詳細な日時を決めておくこと。
今度、今度では、本当に会えるのかどうかも分からなくなってしまいますし、相手も脈無しなのかな?と感じてしまいます。

女性からデートの日時を尋ねるのも恥ずかしい事ではありません。
気軽に、「次はいつあいてますか?」と聞いてみましょう。きっと次に繋がりますよ!

 

おわりに

ソファに座って話し合うカップル
デートをドタキャンしないのが一番ですが、もし当日に行けなくなってしまったら、電話で、誠意を見せて謝るのが一番です。
嘘をつくのはちょっと後ろめたい気もしますが、これも次につなげるための大事なステップだと考えてくださいね。
体調が悪くなった、財布を無くした、などの手もアリですが、下手したら相手も巻き込んでしまう可能性もあるので、言い訳はよ~く考えてから伝えましょう!

参考元:allwomenstalk.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。

関連記事






ページ上部へ戻る