ダイエット効果も!!残暑厳しい季節の疲れもたまねぎ酢におまかせしてみない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生ハムのマリネ 酢たまねぎ

暑さに負けない体づくりできていますか?
夏バテ対策&ダイエット効果がゲットできる”たまねぎ酢”の力をご存知ですか?
たまねぎ酢を味方につけて損はありません。

今回は簡単にできるたまねぎ酢を使ったお手軽メニューをご紹介します。

 

作り置きで楽チン「たまねぎ酢」

玉ねぎ酢 疲労回復 作り方
たまねぎ酢とは、たまねぎを酢で漬ける簡単ヘルシーアイテムのことです。
最近は、テレビや本でも取り上げられるほど人気に火が付いています。

たまねぎには血液をサラサラにする効果や中性脂肪に働きかける効果などがあります。
さらに酢とミックスさせることで酢に含まれるクエン酸が疲れを取り除いてくれるため、ダイエット&疲れ対策に効果バツグンです。

さっそくたまねぎ酢レシピをご紹介します。

期待できる効果

  • 疲労回復
  • 中性脂肪・内臓脂肪の減少
  • 便秘改善
  • デトックス
  • 血糖値の急激な上昇を防ぐ

材料

  • たまねぎ 3つ(450~600g)
    (赤たまねぎでもOK)
  • 酢 500cc
    (黒酢やリンゴ酢でもOK)
  • はちみつ 大さじ4
    (お好みで調節を。加えた方が、食べやすくなります。)

作り方

  1. たまねぎはすべて薄くスライスしましょう。
    繊維を壊すように切るのがポイントです。
  2. スライスしたたまねぎは水につけず、15分~30分ほど置きます。
  3. 蓋がしまる保存容器に酢とはちみつを入れ、混ぜ合わせます。
  4. ⒊の容器にスライスしたたまねぎを入れ、しっかりと混ぜ合わせます。
  5. 2~3日寝かせます。
    寝かせることで、たまねぎの辛味が軽減され食べやすくなります。

 

たまねぎ酢のポイント

メイソンジャーサラダ

  • 1日60gを目安に食べましょう。
    朝晩2回(1食30gずつ)食べるとより効果が実感できます。
       
  • たまねぎ酢は漬け込んでから2時間おけば食べられます。
    しかし、たまねぎの辛味成分が強いため、時間を置いた方が食べやすくなります。
       
  • はちみつを入れても辛味を感じ、食べにくい場合、スライスしたたまねぎを水につけておくと食べやすくなります。(たまねぎ成分が溶け出すので、できればしない方が効果は実感できます。)
       
  • 保存期間は冷蔵庫で10日ほどです。
    もし、それ以上保存する場合は、タマネギ酢をブレンダーなどで撹拌し、タマネギ酢氷にするといいでしょう。

 

たまねぎ酢アレンジ方法

生ハムのマリネ
完成したたまねぎ酢は、そのまま食べたり、ちょっとしたアレンジを加えるだけでたまねぎ酢を飽きずに食べることができます。
今日の晩御飯のメニューの参考にしてみてはいかがですか?

  • 食欲がないときにもさっぱり食べられる!たまねぎ酢冷奴
    豆腐+たまねぎ酢
       
  • 豚肉には代謝アップのビタミンB1もあるため、ダイエット効果がアップ!
    冷しゃぶ+たまねぎ酢
       
  • ささっとつくれるおつまみ感覚の大人メニュー!
    茹でブロッコリー+ツナ缶+ブラックペッパー+たまねぎ酢(+茹でキノコ)
       
  • ちょっとした付け合わせにぴったり!
    栄養が偏りがちなカレーやシチューの付け合わせに
       
  • ダイエットメニューとしても◎!ドレッシング不要の簡単サラダ
    トマト+枝豆+たまねぎ酢
       
  • がっつり食べたいチャーハンにも!
    納豆チャーハン+キムチ+たまねぎ酢
       
  • 子供と一緒に食べられるポテトサラダ
    じゃがいも+オリーブオイル+塩+マヨネーズ+たまねぎ酢
       
  • 休日のブランチにヘルシードッグ
    ホットドッグ用パン+バター+酢たまねぎ(+ウインナー)
       
  • お弁当のおかずにもOK!たまねぎ酢の豚肉巻き
    豚肉+焼肉のたれ(生姜焼きのたれ)+酢たまねぎ
       
  • さっぱりマグロ漬け丼
    すし飯+漬けマグロ+たまねぎ酢+ネギ

 

おわりに

いくら体に良くても、それを続けられなければ意味がありません。
たまねぎ酢は、切って、漬けておくだけ。味に飽きがこないよう、さまざまなアレンジも可能です。
暑さや仕事の疲労はその日のうちにたまねぎ酢でなかったことにして、明日は元気良く一日をスタートさせてみませんか?
食べ続ければ、脂肪も減っていくという一石二鳥なので、常備菜としての作り置きがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。

関連記事






ページ上部へ戻る