ニキビ跡の肌にできたクレーターの原因と治し方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリームを塗る女性 スキンケア

ニキビで悩む人は大勢。
しかし、”ニキビ跡”で悩んでいる人も大勢います。
ニキビ跡の一つであるクレーターの原因とお家で出来るクレーターの治し方を知って、今からでも肌に自信を持てる喜びを実感してみませんか?

 

どのタイプのニキビがクレーターになりやすい?

350
ニキビには、初期段階の白ニキビ、炎症が進んだ赤ニキビ、さらに炎症が悪化した黄ニキビ、そして紫ニキビという症状別のニキビがあります。
ニキビは、毛穴のつまり(皮脂の過剰分泌や肌表面のホコリや汚れ、古い角質などが主な原因)によって起こります。

ニキビができたときは、触らない潰さないことが鉄則ですが、それは刺激がニキビに対して症状を悪化させる原因だからです。
ニキビケアを一歩間違えると、ニキビ跡として、色素沈着を引き起こしたり、皮膚表面を凸凹のクレーター肌にしてしまうこともあります。

ニキビ跡といっても、赤みや色素沈着であれば、毎日のスキンケアで改善することができますが、凹凸のあるクレーター肌になってしまうと自分自身で元のつるんとした肌に戻すことが難しくなります。
セルフケアでは凹凸を目立たなくする程度が限界とされ、現段階ではクレーター肌になってしまったら、美容皮膚科等で処置を受けないと、クレーター肌を完全に戻すことは難しいと言われています。

ニキビは、白ニキビと分かった時点で、それ以降の炎症を抑える手立てを施すもしくは、皮膚科(または美容皮膚科)に行き”症状を沈静化させること”がニキビ跡を作らないために最も重要と言えます。
今後も、白ニキビができたら、早め早めの対策を練ること。
赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビにさせないことを意識していきましょう。

 

あなたはどのクレーターに悩んでいる?クレーターニキビ跡には3種類ある!

350 ニキビ
クレーターニキビ跡とは月の表面の凹凸のような肌表面のことで、触ってみると、やや肌のでこぼこを感じます。
もしくは写真など目でみると、なめらかな肌ではなくボコボコしている感じがわかります。

皮膚 構造 乾燥肌 インナードライ

肌は、大きく分けると3部構成になっていて、肌表面から順に角層・真皮層・皮下組織でつくられています。
多くのニキビは角層の中で炎症が起き、鎮静化していきます。

しかし、クレーターニキビ跡になるケースの場合は、角層のさらに下に位置する真皮層にまで炎症が広がっていたり、血が出るようなニキビは真皮層と皮下組織付近の血管も傷つけています。
真皮層以下は一度傷つくと再生機能がないため、戦争が終わったあと復興しない街のような状態になります。
ニキビができても、真皮層にまでダメージを広げないこと、戦いはなるべく小さく済ませることがやっぱり大切ということですね。

クレーター肌は主に3つの種類に分けることができます。
ひとつは、ボックスカータイプと呼ばれる凹み具合で、直径およそ4mmほどで肉眼でクレーターだとわかるような状態です。
凹んでいる部分が平らになっているため最も目立ちやすくメイクでも隠しきれないことが多々有ります。
ダメージ具合にもよりますが、真皮層にまで届いていない場合は、肌の代謝を促すことでクレーターが改善することもあります。

二つめは、ローリングタイプと呼ばれる凹みです。
これは、直径およそ4mmとボックスカータイプと似ていて、タイヤの半分が肌にタイヤ痕を残したような半円状に凹んでいます。
ローリングタイプは凹んでいる部分が丸み帯びているためボックスカータイプほど目立ちはしません。
このタイプもダメージが横に広がり、真皮層にまで届いていないケースもあり、その場合はセルフケアで治すことができます。

三つめは、アイスピックのように細く・狭く・深くダメージが残っている状態です。
直径はおよそ1〜2mmと小さいため、メイクでカバーしやすいものの、セルフケアでは改善が難しい真皮層よりも深いダメージを残していることが多く、自分自身でクレーターを治すことは最も難しいとされるタイプです。

 

自宅でできるクレーターの治し方

化粧水をつける女性 乾燥肌 保湿 スキンケア
クレーターになってしまった肌は、肌の再生組織が死んでしまっている状態です。
そんな肌をできるだけなめらかで均一な肌にするための方法は3つあります。

一つは、ターンオーバーサイクルを整えること。
もう一つは、肌に合った化粧品を使用すること。
そして、最後は生活習慣の改善です。

この3つに取り組むことで自宅でもクレーターを目立たなくすることができます。

まず、ターンオーバーについて

350 肌
正常なノーマル肌の場合、角層と真皮層の境目で細胞分裂が行われ、肌表面から剥がれ落ちるまでがおよそ28日です。
日本人のトラブル肌の場合、多くがターンオーバーが遅れて一ヶ月以上かかることがあります。
ターンオーバーは、細胞分裂がはじまり、角質となって剥がれ落ちるまでの期間ですが、早すぎても遅すぎても肌にとって良いとは言えません。
理想である28日周期に近づけるために、保湿力のあるスキンケア化粧品を使用しましょう。

ターンオーバーが整うことでクレーター肌にどんなメリットがあるかというと、肌がやわらかくなり、ふっくらハリがある状態で、みずみずしさが出てくるため、肌表面の凹凸が目立ちにくくなります。
ヒアルロン酸、プラセンタ、セラミド、アミノ酸、米ぬかエキスなど保水力の高い成分が配合された化粧品をチョイスするようにしましょう。

二つ目の肌に合った化粧品の使用について

350
ニキビケア化粧品の主な役割は、炎症を起こした肌の鎮静化です。
アクネ菌の増殖によりそれをやっつけるために白血球が動くため、肌組織のありとあらゆるところにダメージを残します。
ニキビケア化粧品では、その鎮静化(主にグリチルエリチン酸2K)や赤みを抑える働きにプラスして肌の再生を促す効果やニキビ跡を残さないための美白成分が配合されています。

クレーターと今尚つづくニキビがある場合は、ニキビケア化粧品でスキンケアを行い、クレーターのみの場合は、ニキビケア化粧品よりも保湿効果が高い化粧品でスキンケアを行いましょう。
目安は、ベトベトだな、と感じるくらいになるまでです。
しっかり化粧水を肌に染み込ませ、美容液やクリームで肌の潤い力を高めていきましょう。

三つ目の生活習慣の改善について

350
生活習慣の改善はきっと誰もがわかっていながらできていないことかもしれません。
特に、睡眠・運動・食事。
この3つは、クレーターを目立たなくさせる潤いのある肌にするには必要不可欠な要素です。

睡眠では、肌の再生や修復を行うホルモンが熟睡している間に多く分泌されます。
寝る時間よりも最低6時間ぐっすり眠れることを優先し、そのための方法を見つけましょう。
寝なくちゃと思うほど、人は眠れなくなるものです。
リラックス状態にし、寝つきがスムーズにできるような寝室を作ってみましょう。
温度明るさを意識すると早く効果を実感できます。

350

運動は、体を動かすことで血液循環冷えの改善ある程度の疲れを体に与えることで熟睡できるといった効果から、ストレス解消の気分転換になったりと肉体的にも精神的にも肌にとってプラスなアクションです。
汗をかき、毛穴を開かせることで毛穴のつまりを改善したり、老廃物を出したり、ターンオーバーのサイクルにも影響を与えます。
いつもの生活に少しプラスしてみるだけでも肌の変化を実感できます。
家でできるエクササイズでも、外に出て体を動かすことでも構いません。
ぜひ、運動の習慣を取り入れてみてください。

350

最後の食事については、炭水化物、脂質、たんぱく質、ミネラル、ビタミン、食物繊維を偏りなく摂取しましょう。
足りないと感じる栄養素は、サプリで補うこともできます。
スムージーやジュースにしてまとめて摂取することもオススメですが、それを毎日続けられるようにすることが最も大切です。
肌の美しさは1日でつくられるものではありません。
特に、クレーター肌を目立たないようにするためには、最低でも半年〜1年ほど続けることが最低条件です。

 

おわりに

350
クレーターをセルフケアで改善するのは、時間もかかるし、生活習慣の改善も必要になってくるため挫折してしまうこともあるでしょう。
しかし、クレーターを治す(=目立ちにくくする方法)は肌質そのものを改善するいいチャンスでもあります。
今はまだ自宅でクレーターを完全に治すことは出来ませんが、毎日の積み重ねで肌は今の凹凸よりも圧倒的になめらかになります。
そして、強いキレイな肌に生まれ変わることができます。

この機会をマイナスと捉えて、時間もかかるし面倒だと感じるか、肌をキレイにして自信を持ついいきっかけと捉えるかはあなた次第です。

ニキビケアランキング1位 ルナメアAC

おすすめのニキビケアは「ルナメアAC」

毛穴の特性に着目!油溶性のニキビ予防成分配合ニキビケア

保湿★★★ 優しさ★★★ コスパ★★★

ルナメアAC
1,000円+税 
(1週間分)
送料無料
4点セット:洗顔料/化粧水/化粧水(2回分)/ジェルクリーム
おまけ:泡立てネット
ルナメアAC口コミ記事

こちらもどうぞ★
保湿もしっかり!ニキビケア比較ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る