ストレートパーマって??縮毛矯正との違いって何!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髪がキレイな外国人女性

皆さんはストレートパーマをかけたことはありますか??
よく、クセ毛を直すつもりでストレートパーマをかけに来るお客様がいます。
ですが、ストレートパーマでは髪の毛はまっすぐにはなりません。

なぜ??
ストレートにするパーマなのに??
と思われるかもしれませんが、ならないのです。

サロンでもその説明をする場面が多々あります。
私の今までの経験上、その違いがよく分からないという人がかなりいるようなので、今日はストレートパーマと縮毛矯正のちがいについてお話していこうとお思います。

 

そもそもストレートパーマとは?

350 髪 
ストレートパーマと縮毛矯正、大きな違いといえばかかる時間と金額が違います。
ストレートパーマの方が低コストで時間も短くて済みます。

ストレートパーマとは、本来はウエーブやカールのパーマを元に戻す為のパーマなんです。
工程としても1剤を塗布してカールやウエーブに固定された鎖を切り、本来の状態に戻した上で2剤にて固定し直すというシンプルなもの。
擬似的に作ったものを自然な形に戻すだけです。
自然な形ということは、元々あったクセはそのまま残ります。
クセを真っ直ぐにする程の力は持っていないのです。

多少、かけた直後は真っ直ぐになった感じはあるかもしれません。
ですが、その持ちもおそらく1ヶ月程だと思います。
ウエーブやカールが戻ることはありませんが、その後はご自分の本来の髪の状態になるということです。

よって、ストレートパーマをかけても真っ直ぐなサラサラストレートになる訳ではありません。
クセを取り除き、真っ直ぐなサラサラストレートにしたい場合は、縮毛矯正をする他方法はありません。

 

クセの仕組み

350
クセって髪の毛自体がうねっていると思っていませんか??
ウエーブやカールのようなパーマと同じように、髪の毛の構造がそうなっていると思っている方がほとんどだと思います。

実は違うんです。
クセ毛かどうかを決めるのは、毛穴の形。
毛穴の形が歪むことで、髪の毛が真っ直ぐ生えないというのがクセ毛の原理なんです。
この毛穴の歪みは遺伝であると言われています。
親がクセ毛ならクセ毛の子どもが生まれることは多いそうですが、その他にも、ストレスや毛穴の詰まり、ホルモンバランスを崩すなどの原因からクセ毛が悪化するということもあります。

この毛穴の歪みから、髪の毛自体の構造もボタンを掛け違えた状態になってしまいさらに強いクセが出てしまうというケースもあります。
クセ毛がどういうものかが解明されていながら、この根本的な毛穴の歪みを治す技術はまだありません。

稀に大人になってからクセ毛が治ったという方もいらっしゃいますが、実際は年齢と共にクセが強くなるのが一般的です。
クセ毛を無くすことは不可能なので、いかにクセ毛とうまく付き合って行くかがポイントになってくると思います。

 

縮毛矯正について

350
では縮毛矯正はどのような仕組みでクセ毛を真っ直ぐにするのでしょう。

まず、使用する薬はかなり強いものです。
皮膚につくと表面が白く変色します。
肌には絶対につけられません。
強い中でも、ハード、ソフト、ノーマルなど作用する力が分けてありますが、ダメージやクセの強さを見ながら調整して使うようになっています。

そして、大きな違いは熱を使うということです。
180度から200度程のストレートアイロンで強制的に髪の毛の構造を整えます。
掛け違えたボタンを全て取り外し、真っ直ぐな対の位置に並べ替えるというイメージです。
その状態を2剤でしっかり固定するという仕組みです。

この縮毛矯正は、1度かけた部分については半永久的に効果があります。
1度かけてしまえばほぼかけ直さなくても真っ直ぐな状態であるということです。

ただ、根本的な毛穴の歪みは治っていませんので、また新しく生えてくる部分はクセ毛です。
ある程度根本が伸びてくれば、根本は施術する必要があります。
ここで注意したいのが、根本の伸びた部分のみに施術をした方が良いですよということ。
先ほど書いたように、かなり強い薬でかなり強い熱を当てています。
施術をした部分はかなりの負担とダメージが伴います。
何度も同じ部分に矯正をかけ続けることはオススメ出来ません。
クセが戻ってしまった訳ではない限り、根本のリタッチのみで維持していくのが望ましいです。

 

おわりに

350 髪
いかがでしたか?
ストレートパーマと縮毛矯正の違い、お分かりになったでしょうか。

ストレートパーマはパーマ取りというのが基本です。
クセ毛を真っ直ぐにする場合は縮毛矯正をかけなければいけません。
金額や時間はサロンによっても異なりますそ、クセやダメージの状態などで施術が受けられるかも1度見てもらった方が良いと思います。

かけるのであればもちろんお家でのケアも大切です。
気軽に質問すれば答えてもらえるはずですので、気になることはどんどん美容師さんに相談してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る