飲みすぎはダメ!!水分の摂り過ぎで起こる水中毒とは??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミネラルウォーターを飲むOL

1日にコップ8杯の水を飲むと身体にいいそうです。
人の身体は約60%が水分です。
代謝を良くしたり、身体の体温調節を管理したり脳や筋肉、骨や皮膚にも、また全ての内臓器官にも水分は必要不可欠です。

運動をする、ダイエットをする、胃腸の調子を整える、美容や健康を維持するのには水を飲むのがいいという話はよく聞きますね。
私も以前は1.5リットルの水を毎日飲むようにしていました。
ただ正直なところそれがいいのか悪いのか、何か身体に良いことがあったのかと言われれば、話せるような体験談はありません。
ですが、人間が生きていく上で水というものが必要なのは確かですし、1.5リットルもの水を飲みなさいとは言いませんが、ある程度は水分を摂取していかなければ生きてはいけません。

350 食べ物 飲み物 水 炭酸
身体は汗をかいたり入浴をした後など、水分を必要とする時には何らかのサインが表れます。
飲みたくもないのに無理して大量の水を飲む必要はないのです。
健康やダイエットのためなどで毎日大量の水を飲むことによって身体を壊したり逆に痩せないといった話があります。

今日は水の摂り過ぎによって起こる水中毒という症状をご紹介します。

 

水中毒とは

350 食べ物 飲み物 水 炭酸
体内に必要な水分の量は決まっています。
排出されればその分補うことが必要です。
ですが必要以上の水を摂取した場合、その水分は身体に溜まってしまうことになります。
溜まってしまった水分がうまく排出されないと身体に様々な症状が出始めます。
特に胃腸が弱い人や冷え性の人は水の過剰摂取によって中毒を起こしやすいと言われていますので注意が必要です。

水中毒の主な症状は、疲労感、倦怠感、頭痛、むくみ、冷えや鼻炎、アトピー、喘息などの疾患を引き起こす場合もあります。
水は基本的に身体を冷やすので、むくみや冷えは起こりやすくなります。
特に寝る前に水分を多く取った場合起きた時には顔がむくみ、夕方になるにつれて足がむくんで痛んだりする他、夜中の排尿で睡眠がしっかり取れずに睡眠不足を招いてしまいホルモンバランスや自律神経などを乱し身体の調子を崩したりもします。

350
また、体内の水分が増加する事によって血液の量も増加します。
多くの血液を送り出す為に血圧が上昇し、脳や心臓にもかなりの負担がかかってしまうので心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因ともなってしまいます。

水を大量に摂取しても、それが全てうまい具合に排出されるかと言ったらそうではありません。
排出作業に不具合を起こせば水分が溜まり、身体のバランスを崩してしまいます。
いろんな情報から水が身体に良いとされていますが、間違いではないのです。
ただ、適した量があるという事、飲み過ぎは良くないという事です。

 

水太りはほんと!

足のむくみを解消するサプリメント
よく、私は水を飲んでも太る!という話を聞きますが、それもあり得る話です。
特に先ほども書いた、胃腸が弱い人や冷え性の人。
胃腸が弱いのに多くの水分を摂取すれば、胃腸の働きが悪くなってしまいます。
食べ物をきちんと消化できず、下痢や便秘などのトラブルもおこしかねません。
元々冷えがあるのにも関わらず、更に水を飲んで身体を冷やすことは下半身が常にむくんで太ってしまう原因ともなります。
ダイエットには水を飲むことがいいというのも一概には言えないのです。

 

水をどう飲むことがいいのか

350
水は一気に大量に飲むのではなく、必要な時にこまめに摂取する事が大切です。
朝起きた時、スポーツをした時、入浴時、就寝前などに、常温の水をコップ1杯程度飲むことが望ましいとされています。
冷たくした水は、身体を冷やし不調を招く原因となってしまいますので、常温からぬるま湯くらいが身体には良いです。

汗をかいたり排尿などによって失われる水分を補うことが最も大切です。
身体は水分が不足すれば、何らかのサインわ出しますのでその都度こまめに摂取すればいいのです。
無理に大量の水を飲むことは、逆に身体を壊してしまいますので充分注意しましょう。

1日に必要な水分量は約1.5リットルです。
1度に摂取する水の量は250ミリリットルが良いとされています。
それを大幅にオーバーすることはなるべく避けましょう。

 

おわりに

350
しかしながら水は人間が生きていく上でとても大切なものです。
水分補給をするのにはお茶でもジュースでもなく水が1番身体にはいいのです。
水と上手に付き合っていくことが健康にも美容にもいいのです。

1番いいとされる水はナチュラルミネラルウォーターですが、日本人は軟水が飲みやすいと感じるそうなので軟水でも構いません。
ですが、硬水のほうがミネラルを多く含んでいるので健康には良いと言えます。
硬水はクセがあるので最初は飲みにくさを感じるかもしれません。
それとあまり馴染みのない硬水を一気に飲むのは注意してください。
胃腸がびっくりしてしまい体調を壊す恐れがあります。
体質や体の調子、そして無理なく水を飲んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る