妊娠線を作らない!おすすめの妊娠線予防クリーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠・出産 妊婦のお腹

赤ちゃんと会えるのを楽しみに、日々を過ごす妊婦生活。
あなたのお腹の妊娠線対策は万全ですか?

出産後、多くの人がもうビキニを着られない!と悩む理由の一つに妊娠線がくっきりできてしまうということが挙げられます。
スキンケアでも何事も”準備”が大切なように妊娠線に対してもしっかり予防しておけば、後悔せずに済みますよね。
そこで、おすすめの妊娠線を作らせない妊娠線予防クリームをご紹介します。
出産後も、キレイなお腹をキープするために必見ですよ!

 

妊娠線対策はいつからはじめたらいい?

350
妊娠線はいつ頃からできると思いますか?
個人差はあるものの、お腹がではじめると同時に一気に妊娠線があらわれます。

妊娠線ができてから、ケアし始めるのもアリですが、できるなら妊娠初期からお腹のスキンケアとしてしっかり保湿ケアをしていきたいものです。
そうすることで、妊娠線に悩まされず出産までこぎつけることもできます。
妊娠線ケアは、妊娠初期から念入りに行っていきましょう!

 

妊娠線ができるのはお腹だけ?

350 バスト 胸
カサカサ・ゴワゴワ・かゆい妊娠線ができるのは、お腹だけだと思っていませんか?
実は、妊娠線はお腹だけでなく、おしりや胸にもできてしまうのです。
そのため、妊娠線ができやすいお腹・おしり・胸にも優しく保湿ケアをしていく必要があります。

放っておくとかゆみや乾燥が増す可能性もあります。
肌が敏感になりやすいのでそれを防ぐためにも、日頃から保湿ケアをしていくことで妊娠線予防につながります。

 

妊娠線ができるワケとは?

350
妊娠線は、急激に皮膚が引っ張られ皮膚が伸びきっている状態です。
皮膚表面だけが拡大していき、皮膚を構成している真皮層や角層が追いつかなくなるため、肌表面にヒビのような線が入るのです。
一度できると、妊娠線はなかなか治しにくいと言われているので、妊娠線には”予防”がとても重要になります。

皮膚がお腹の赤ちゃんの成長に追いつけなくなって、発生するもので、ときにかゆみを伴います。
とりわけ、乾燥肌の人はできやすいと言われています。

妊娠すると、お腹が大きくなることは避けられませんが、妊娠線をできるだけ防ぐことはできます。
その唯一の方法と言えるのが、”保湿”です。
保湿をしっかりと行うことで、皮膚の拡大に対してしっかりと対応することができ、出産後の肌も元どおりになります。

 

妊娠線クリームに求める効果は?

350

保湿

妊娠中は、母体にいろいろな変化が生じます。
肌の水分バランスも崩れやすくなり乾燥が一段と気になることもあります。
実際、妊娠5ヶ月頃から肌トラブルが起きやすくなるという調査結果もあります。
あらゆる肌トラブルのほとんどの原因は乾燥です。
妊娠中の肌トラブルを防ぐためにも妊娠線に最も必要なのは、保湿です。
しっかりと毎日保湿ケアをしていくことで肌が割れることなく、つるんとした肌をキープすることができるので、保湿は最重要効果と言えます。

整肌

肌の引き締めやトラブルが起きやすい肌を整える効果も妊娠線クリームには必要ですよね。
肌がくすんでしまうこともあるので、くすみ対策としても整肌作用は欠かせません。
とは言っても、肌に刺激となる成分が配合されていては肌が敏感になる妊娠期には使えません。
できるだけ、低刺激・無添加なものを選ぶようにしましょう。

 

オーガニック派ならこれがおすすめ!!

ベルタ ベルタマザークリーム
ベルタマザークリーム
120g 
初回限定 500円
通常価格 6,980円
定期購入価格 4980円(6回継続)

保湿+整肌+無添加+オーガニックで使いやすいクリームというこれからママになる人を全力で応援してくれるベルタのマザークリームです。
しっかり塗って、一ヶ月使えるマザークリームは、出産してもキレイな自分でいたい、ビキビを諦めたくない人をサポートしてくれます。
シラノール誘導体という肌の引き締めやキメを整える成分を含む妊娠線クリームはこのマザークリームだけです。

顔に使用するスキンケア成分並み、もしくはそれ以上の保湿力や美肌成分を配合していながらもべたつかずさらっとした使い心地は一度使うと手放せなくなるかもしれません。
さらに、オーガニック成分の保湿や無添加製法という肌への安心感があるのは、なかなか見つけることができないのではないでしょうか。

まさに、妊娠中や出産後の悩みを少しでも解消するためにつくられた妊娠線予防クリームですね。
クリームといっても重たい感じではないのでベタつきが気になる夏場でもしっかり妊娠線ケアができます。

 

できてしまった妊娠線を何が何でもなんとかしたいならこれがおすすめ!!

NOCOR-ノコア-アフターボディ-トリートメントクリーム
ノコア アフターボディ トリートメントクリーム
150g
特別価格 6,680円
通常価格 6,980円

妊娠中にできてしまった妊娠線や肌の色素沈着などのコンプレックスと毎日絶え間なく降り注ぐ紫外線対策を一つで済ませることができるトリートメントクリーム。
妊娠線や肉割れ線のある皮膚をまずやわらかくしてくれます。
皮膚を柔らかくするだけで、あれほど気になっていた妊娠線が薄くなることを実感できるでしょう。

伸びの良いクリームなので、マッサージ感覚で気になるお腹周りや太もも、おしりや胸部分に対して塗っていくと、カサカサ・ゴワゴワだった肌がもっちり・ふっくらとした肌に生まれ変わっていきます。
肌の再生に有効なFGFやビタミンCがコンプレックスだった肌を蘇らせることができるのです。
妊娠線予防としても、できてしまった妊娠線や肉割れ線にも効くトリートメントクリームです。

 

効果を実感するにはしっかり塗りこむことが必須!

妊婦のお腹 マタニティー
妊娠線ケアのクリームには、それ自体に保湿成分や肌の再生を促す成分が配合されています。
しかし、ただ塗るだけではきっとあなたが思っているような結果はまだまだ先のことになるでしょう。
ポイントは、クリームを塗り込んで肌に潤いと柔軟性を与えることと、肌の再生を促すことです。
そのためには、塗るだけでなく、”マッサージしながら塗りこむ”ことが大切です。
ここでは、しっかり塗りこむ方法をお伝えします。

妊娠線予防クリームの塗り方

  1. お腹周りに塗るときは、およそ500円玉ほどのクリームを手に取りましょう。
  2. 手のひらに馴染ませた後、お腹全体を時計周りに塗っていきましょう。
  3. 下から上に向かって撫で上げましょう。
  4. 最後は、お腹の中心部から外側に、小さな円を描きながらくるくるとマッサージしていきましょう。
  • これらを行うときは、力を入れすぎず、しっかりと鼻から息を吸い、口から息を吐きながらこないましょう。
  • 乾燥が気になる場合は、重ねづけをすると保湿力が高まります。
  • 妊娠線や肉割れ線が気になる箇所には、念入りにもみほぐすようにマッサージするようにしましょう。

 

おわりに

350
妊娠線は、やっぱり予防が肝心です。
しっかり保湿しておくことで皮膚表面のヒビ割れも予防できるからです。
また、万が一妊娠線ができたとしても保湿していればその回復力は早く、キレイに治ります。
顔のスキンケアと同じように皮膚の潤いが保たれていれば、肌トラブルは起きにくくなり、回復力も高まるのです。

もし、今妊娠線や肉割れ線に悩んでいる方がいれば、まずは、十分すぎる保湿を行って皮膚を柔らかくしてあげましょう。
ベタつきや保湿力が不安な方は、上におすすめした妊娠線予防クリームでケアしてみてください。
その効果は毎日塗り続ければ2週間経過した頃から皮膚の変化を実感できますよ!

妊活中・妊娠中の女性に大人気のおすすめ葉酸サプリのランキング妊活中・妊娠中の女性に大人気のおすすめ葉酸サプリのランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る