食べるプラスチック!?トランス脂肪酸の恐ろしさって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カップラーメン カップ麺

オーガニックやスーパーフードがようやく身近なものになってきた日本では、口に入れるものに対する意識が高まりつつあります。
みなさんも、体のことを考えて少しでも良いものを取り入れているのではないでしょうか?

体にとって不都合なものを摂取し続けると、体は必ずと言っていいほど蝕まれていきます。
海外では規制がすでに行われている”トランス脂肪酸”もそのひとつ。
今回は、その”トランス脂肪酸”について知っておいて欲しいことをまとめてみました。

 

最近、話題のトランス脂肪酸って?

350
2015年6月、アメリカでは”トランス脂肪酸”の食品添加を2018年までに完全に禁止することが決定しました。
ところで、”トランス脂肪酸”が何かを知らない人もいるかもしれません。

”トランス脂肪酸”とは、脂肪のひとつで、不飽和脂肪酸の一種です。
牛肉や羊肉、乳製品に含まれる天然のトランス脂肪酸と、油脂を加工する過程で「水素」添加することでつくられるプラスチックの構造と似た人工的なトランス脂肪酸があります。

共働きやパート勤めが一般的になった時代から、「安い・うまい・簡単」な食事が人気を集めました。
そして、それらにはほとんど必ずトランス脂肪酸が使われています。

 

”トランス脂肪酸”は何に含まれている?

コンビニのお弁当
トランス脂肪酸が体内に入ると、分解・消化されにくいので体内蓄積されていくばかりです。
そのため、プラスチックを食べ、プラスチックを蓄積させているとも言われています。

トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニング、ファットスプレッド、植物油に含まれています。
そして、それらを使用してつくられるクッキーやケーキ、パンや揚げ物、スーパーの惣菜、カップ麺、冷凍食品を食べることでも摂取しています。

安価で大量生産しやすいので、ファストフードや低価格な食品には必ずと言っていいほど、使用されています。
コンビニやスーパーに行って、手に取る加工食品には含まれていると思ってもよいくらい当たり前の添加物となっています。

 

トランス脂肪酸がもたらすお肌への影響

350 肌
”トランス脂肪酸”がなんとなく体に悪いということは知っているでしょう。
しかし、どんな風な影響を受けるのかはあまり知られていません。

トランス脂肪酸の摂取は、実は肌への影響もあります。
たとえば、肌細胞の酸化、カルボルニ化によるくすみ・肌老化やハリ・弾力の低下によるシワ・たるみ、バリア機能の低下によるアトピーやアレルギー症状が発生しやすくなります。

肌細胞膜は脂質でコーティングされていますが、トランス脂肪酸でコーティングされた細胞は不完全な細胞なので、機能が低下し肌にいろいろな悪影響をもたらします。
このように、トランス脂肪酸は摂取してもいいことは何一つありません。

 

トランス脂肪酸は体にとっても毒すぎる!?

350 落ち込む 
トランス脂肪酸は、肌にとって老化を進行させる美容の敵です。
しかし、それだけでなく体全体を蝕む存在でもあります。

トランス脂肪酸は、体内に摂取されると悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らします。
悪玉コレステロールが増加すると、血管に血栓ができやすくなるため、生活習慣病や動脈硬化のリスクが高まります。
それだけでなく、疲れがずっと続く”慢性疲労症候群”や認知症、PMS、不妊リスク、うつ、さらには攻撃的な性格になりやすいなど脳への影響もあります。

体の内臓器官の機能を弱めたり、脳の働きにダメージを与えることもあるトランス脂肪酸は、簡単に取り入れやすい添加物です。
摂取することは簡単ですが、それ以上に体に与える負担やダメージが大きいことはしっかり覚えておきたいですね。

 

トランス脂肪酸はどれくらいならセーフなの?

350
ここまでくると、トランス脂肪酸を体内の取り込みたくない!と強く思うことでしょう。
しかし、現実はトランス脂肪酸をなくすことは今の日本では難しいようです。

アメリカでは今後3年かけてトランス脂肪酸を全廃していく決定がなされました。
しかし、日本ではトランス脂肪酸の摂取量(0.5%ほど)はアメリカや諸外国よりも低いということでトランス脂肪酸の表示義務すらありません。
しかし、働き盛りの私たちの食生活では、おそらくそれ以上にトランス脂肪酸を摂取している可能性大です。
近所のスーパーでは一部の乳製品に対してトランス脂肪酸表示がなされるようになりましたが、それはまだまだレアケースといってもいいくらいです。

世界保健機構(WHO)では、2003年にトランス脂肪酸の一日の摂取量を「摂取エネルギーの1%未満」にするよう発表しています。
一日の摂取エネルギーは約1900カロリーなので、その1%となると2g未満ということになります。
2gとはいったいどのくらいかというと、ファストフードのポテトMサイズを完食すると軽く1%は超えます。
食パンにマーガリンを塗って食べる場合、食パン一枚あたり10gなので、4〜5枚食べればオーバーする計算です。(10g×6.5%=0.65gの計算)

 

海外のトランス脂肪酸事情をのぞくと、、、

350
アメリカでは、1989年からの3年間で調査した結果、20歳以上の成人が一日に摂取しているトランス脂肪酸の量が平均5.8gであることがわかりました。
これは摂取エネルギーの2.6%に相当します。

トランス脂肪酸だけが原因ではないものの、肥満や病気のリスクが高まったことで政府が動き出し、トランス脂肪酸の表示義務が2006年から開始し、まもなく使用禁止となります。
同じアジアでは、日本よりも肥満率の低い韓国が2007年から、台湾、香港でも現在トランス脂肪酸の表示義務があります。

 

現在の日本のトランス脂肪酸事情は?

マーガリンが塗られたパン
年々、食品の改良が行われているので、トランス脂肪酸の代表格でもあるマーガリンに含まれるトランス脂肪酸含有量は減少しています。
とはいっても、現段階で、最も多くトランス脂肪酸を含むマーガリンには全体の6.5%、ワースト2位は6.0%、3位は5.3%含まれています。
問い合わせをすれば回答してくれるメーカーもありますが、してくれないメーカーもあるため、厳密な順位とはいきませんが、およそマーガリンにはこれくらいトランス脂肪酸が含まれていると考えるといいでしょう。

また、マーガリンのおよそ2倍の量を含むショートニングにも注意したいものです。
クッキーや揚げ物のサクッとした食感を出すショートニングは、マーガリンのワースト1位の6.5%よりもはるかに多い13%近くのトランス脂肪酸が含まれています。
お菓子を購入するときは必ず原材料名を確認して購入するようにしましょう。
もしくは、自分でつくるorお菓子の代用(フルーツなど)に変えてみるといいでしょう。
素材にこだわったお菓子も増えてきているので試してみるといいかもしれません。

 

安さの代償は大きい

350 恋愛 カップル 料理
トランス脂肪酸は、脳・体・肌にとって悪い食品添加物のひとつです。
しかし、手に入りやすかったり、安いのでついつい「ま、いっか」となりがちです。
しかし、その「ま、いっか」が肌トラブルの原因となり、皮膚科や化粧品チェンジになることもあります。
その「ま、いっか」が体の不調の原因をつくってしまうこともあります。

だからといって、トランス脂肪酸を一切含まない食品を食べ続けるというのは、手間もかかるし、コストもかかりますよね。
大切なのは、バランスです。
仕事終わりで何も作りたくないときは、作り置きのおかずがあれば、惣菜を買わずに済みます。
友人とジャンキーなものを食べたあとは、フルーツや野菜で栄養バランスを整え、胃腸の働きを回復に導きます。

どうしてもコンビニやスーパーのつくられた食品を買ってしまうなら、積極的に”オメガ3”を含むサプリやオイルを摂取しましょう。
また、意識して健康食にしてみると、脳や味覚も変わるので、口にするものを変えていくことができます。
最初の2週間くらいはなれないかもしれませんが、休みの日にまとめて作っておいたり、健康食を購入して体にヘルシー感覚を植え付けてみるのもおすすめです。
そうすると、お菓子を買ったり、無駄食いの必要がなくなるので、トータルでみると食費が安くなる場合もありますよ。

安さの代償は大きいということをしっかりと胸に刻み、口にするものを少し意識してみてください。
まずは、そこからはじめましょう。

▼おすすめ記事
ダイエット効果も♪オメガ3脂肪酸の多い油

 

おわりに

350
いかがでしたか?
最近、何かと注目を集める”トランス脂肪酸”。
体にとって良くないものの、今を生きる私たちの生活から完全になくすことは難しいという現実があります。
食生活の中で、一切食べない生活はできませんが、意識することでトランス脂肪酸を遠ざけることはできるかもしれません。
口にするものから私たちの体はつくられます。
お肌のことを考えても、体の健康面を考えてもこれから食べるものには、より一層気をつけていくようにしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る