我慢なし!?ミス日本が実践する9品目ダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バランスの良い9品目ダイエット

ダイエットをする人の95%以上は、食べることが大好きではないでしょうか?
食べ過ぎたから、体重が増えてダイエットをする。
きっと、それの繰り返しのような気がします。
食べることが大好きなのに、ダイエットのために今日から食事はささみだけ!なんて決めても、もともと食べることが好きな人にとって、それはストレス以外のなにものでもありませんよね。

そんな食べることが大好きなダイエッターの方に朗報です。
食べてはいけないというストレスから解消されるダイエット方法があるんです。

その名も”9品目ダイエット”。

名前からしてたくさん食べていい気がしませんか?
このダイエット法は、ミスジャパンも実践するダイエット法でリバウンド・ストレス・三日坊主の心配もありません。
さぁ、あなたも理想のボディラインを目指して9品目ダイエットをはじめてみませんか?

 

9品目ダイエットとは?

350
9品目ダイエットとは、一回の食事で『野菜・肉・魚・貝・海藻・豆類・卵・乳製品・油脂』の9品目を摂取するダイエット法です。
運動を加えるとより効果が高まりますが、基本的には食事の際に9品目を摂取するだけのシンプルなダイエット法です。

ダイエット中、ほとんどの人が栄養不足に陥り、体の働きが鈍くなります。
思うようなダイエットができていない、すぐリバウンドしてしまう人は、ダイエット中の栄養不足・栄養の偏りが原因でもあります。

この9品目ダイエットなら、脂質〜ミネラルまでしっかりと栄養素を摂れるので、体を健康体にし、無理のない減量が可能となるのです。

一点、注意するポイントとしては炭水化物やアルコール、お菓子やフルーツを控えるということです。
炭水化物を控えても、たんぱく質や脂質がエネルギー源となるので、体調不良になることもありません。

 

どうして私はダイエットがうまくいかないの?

350
女性なら一度は、ダイエットを試みた経験があるはず。
そして、失敗した経験も。
リバウンドする人もいれば、志半ばでリタイアしてしまった人もいるでしょう。

そんなうまくいかなかったダイエットは、そのほとんどが栄養バランスが崩れています。
何かの栄養素だけが多く摂取していたり、そうかと思えば、ある栄養素はほとんど摂取していない。
ダイエット食品には、通常の生活で不足しがちな栄養素(ビタミンやミネラル)や食物繊維が入っているけど、エネルギー源がほとんど摂取できていません。

私たちの食欲というのは、脳が判断しています。
脳の満足度が低い食事をすると、食べているのにもっと食べたくなったり、食べ終わった直後にまた何かを欲してしまいます。
つまり、脳がこれまで以上に満足する食事をとれば、もっと食べたい!という命令が抑えられ、自分の本来の姿に見合った”適量”で満足できるようになるのです。

そのためには、どれか一つの栄養素を多くとるのではなく、体が健康体でいられるようバランス良く栄養を摂取していくことが大切なのです。
それぞれの栄養素は、単体で摂取されるよりも同時に複数摂取される方が相乗効果も高まります。
もちろん、摂取カロリーの問題もありますが、はじめはカロリーを気にしすぎず栄養バランスのことを優先した食事を行うことが大切です。

これまでダイエット失敗してきた方も、ダイエット食品ではなくスーパーに行き、野菜や魚、肉や卵、豆類などを一通り購入し食べてみてください。
栄養バランスが整えば、体重だけでなく、疲労回復効果が高まったり、肌が健やかになっていきます。
ダイエットは、運動も大切ですがどうして太ってしまったのかを考え、食事や生活の”バランス”を見直すことで、誰でも無理なくダイエット成功を味わうことができます。

 

9品目ダイエットの方法

350 ダイエット 食事
9品目ダイエットは、

  1. 一回の食事で9品目を必ず摂取すること
  2. 食事の間隔は6時間以上空けること
  3. 炭水化物や9品目以外の糖質(フルーツやお菓子)は控えること。
    (調味料として使用する砂糖や小麦粉、レモンなどはOK、揚げ物の衣もOK)

この3つを守れば、満腹になるまで何を食べてもOKです。
炭水化物を摂らないダイエット法なので、期限を決めて行うようにしましょう。

9品目を一度に取り入れることで、食事に対する満足度がアップします。
食事の満足度が高いと脳も満足するため、食欲を抑えることができます。
9品目ダイエットを継続すればするほど、食事の量を減らすことができ、無駄な間食をなくすことができるというわけですね。
それにより摂取カロリーと消費カロリーのバランスがとれるため、無理なくダイエットできるということです。

9品目ダイエットは、一回の食事で9品目を摂取しますが、”一日に3回食事をする”という決まりはありません。
一度の食事で9品目摂取することがポイントなので、食事回数に制限はありません。
続けていくと、食欲が抑えられるため、一日2回の食事でも十分に満足出来る人もいます。

 

9品目ダイエットを成功させる秘訣

350
『野菜・肉・魚・貝・海藻・豆類・卵・乳製品・油脂』という9品目を一度の食事で摂取するだけというダイエットですが、やってみると意外と続けにくいことがわかります。
なぜなら、9品目というのは、想像以上に揃えるのが大変だからです。

たとえば、サラダは野菜なので、どれだけ多く食べても1品目。
焼肉定食なら、肉・野菜・油脂・海藻(味噌汁)、卵(サラダにかけるマヨネーズ)を摂取できますが、魚・貝・豆類・乳製品の摂取できていません。
会社の同僚とランチに行くなら、魚定食を頼んでもらい、半分こするといいでしょう。

これまでの食事では、いかに栄養バランスが偏っているのか不足しているのかを実感することができるいい機会でもあります。
肥満の原因は栄養過多と栄養不足がほとんどです。
そして、栄養過多と栄養不足は肥満だけでなく、病気のリスクを高めたり肌の調子を悪化させてしまいます。

まずは、9品目を一度の食事で摂取することがいかに難しいかを実感するといいでしょう。
そして、はじめの1〜2週間は完璧な9品目ダイエットでなくてもいいので、できるだけ9品目に近づける食事を行いましょう。
3週間目からは、いよいよ本格的に9品目をまんべんなく取り入れる食事を行いましょう。
外食での食事や買い物の仕方も変わってくるので、無理なく9品目ダイエットをはじめられます。

 

9品目ダイエット〜メニュー参考編〜

350 魚 サンマ 食べ物

  • 豆乳(豆類)+ささみ入りサラダ+卵焼き+焼き魚+あさり・あおさの味噌汁+ヨーグルト 
       
  • カフェオレ+温野菜+チーズ入りトンカツ+わかめ・豆腐の味噌汁
       
  • オリジナルサラダ+クラムチャウダー+豆乳
    オリジナルサラダには9品目入れる(生ハム・ツナ・ボイルしたホタテ・卵・お好きな野菜・わかめ・粉チーズ・オリーブオイル・塩こしょう)
       
  • 刺身の盛り合わせ+貝のお吸い物+豚肉と厚揚げ炒め(キャベツ+青梗菜+にんじん+卵入り)+レアチーズケーキ

続けるポイントは、厳格にしすぎないこと。
はじめから気合いいれすぎると、9品目揃える大変さが辛さに変わります。
味噌汁の出しを昆布やカツオ節から取れば、海藻や魚が含まれたことにしてもOKです。
市販の缶詰(シーチキンや魚の煮付けなど)を上手に利用すると、意外とうまくいきます。

炭水化物はNGとなりますが、物足りなさは9品目食べ終わることにはなくなっています。
一日1食からだけでも始めると、スムーズに始められるかもしれません。

 

おわりに

350 背中 ダイエット
ミスジャパンが行うダイエット法と聞けば、どんなに厳しいダイエット法なのかと思いますよね。
しかし、そのダイエット法は、ダイエットの基本である栄養バランスに着目したとてもシンプルなやり方でした。

いまは、サプリやダイエット食品で足りない栄養素を摂取している方もいるかもしれません。
それでうまくいっていれば、良いのですが、食べたい気持ちを我慢している人やリバウンド続きの人は食べて痩せる9品目ダイエットを始めていただければと思います。
早ければ1週間で数キロ、3ヶ月で20キロ以上の減量に成功している人もいます。
何より、ミスジャパンが世界で活躍できるくらいの効果が得られているんです。
試しに一食だけでもトライしてみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る