これなら続けられる?一日5分のチベット体操でヘルシーボディを手にいれよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨガのポーズをとる女性

体のメンテナンスは、年齢を重ねていくごとに必須になってきますよね。
そこで、おすすめしたいのが、チベット体操。
1000年以上も前から行われている修行の一つで、ヨガに似ています。
ヨガよりも簡単なチベット体操で、体のアンチエイジングを始めてみませんか?

 

チベット体操とは

チベット体操とは、5つのポーズで体の中にある7つのツボ(チャクラ)を刺激し、自分自身のエネルギーを高め、体内のめぐりを良くしていく古来から続く伝統的なエクササイズ・精神統一方法です。
7つのツボを刺激することで、ホルモンのバランスや冷え、疲れや老化の原因となるめぐりの悪さを改善し体の調和を取り戻すために行います。

チベット体操では、7つのツボを刺激し、すべてのチャクラの回転速度を同じにし、速度を上げていきます。
5つのポーズで若返る魔法の体操とも言われています。

 

チベット体操が続けやすい理由

350 ダイエット
チベット体操は、ヨガと似ていますが、ヨガよりも続けやすいと言われています。
その理由は、一日5分程度で済む短時間エクササイズという理由と、誰でもすぐに始められるという点です。
ヨガマットを用意する必要もなく、体が硬い方でも一畳ほどのスペースがあればどこでも行えるところに人気の秘密、続けやすい秘密があります。

また、チベット体操をはじめて、1週間~2週間ほどでボディラインの変化を感じる人が多く、なんらかの効果を実感しやすいから続けたくなる人も多いようです。

 

チベット体操の効果

チベット体操の効果
①美肌

美肌の外国人女性
チベット体操をしていると、様々な嬉しい効果が現れます。
7つのツボ(=エネルギーが集まるところ)を刺激し、働きを良くする(チャクラの回転速度を上げる)ことで、細胞一つ一つの質が高まり、新陳代謝も上がっていきます。
細胞の代謝が良くなると、肌のターンオーバーも整うので、年齢を重ねても老化知らずの肌を保つことができるのです。

チベット体操の効果
②ボディラインの引き締め

350 ダイエット 腹
また、体にとっても臓器の働きを良くする効果やインナーマッスルが鍛えられるのでボディラインを引き締める効果もあります。
チベット体操なら、ダイエットにアンチエイジングにと抜群の効果を得ることができるのです。
激しい運動ではないので、運動が苦手な方や日頃、運動習慣がない方でも続けることができます。

チベット体操の効果
③精神的リラックス

350
チベット体操は、肌、体、そして心にも働きかけることができます。
もともとチベット仏教の修行法の一つであるため、心身ともに鍛えることができます。
イライラしがちな人やストレスを抱え込みやすい人も、呼吸と5つのポーズに集中することで精神のバランスを鍛え、心に余裕を持つことができます。
メンタルはタフでもストレスには弱い女性には、うってつけです。

チベット体操の効果
④健康的な食事

350
チベット体操では、体の生命エネルギーを高めていきます。
すると、体のめぐりが良くなるので、東洋医学でいう、”気”の流れが良くなります。
東洋医学では”気・血・水”のバランスを大切にしますが、気の流れが良くなると、血の流れも良くなり、体のバランスがみるみるうちに整っていきます。
すると、何もしなくても体は血の流れを良くするために必要なものを欲するようになります。
血液をドロドロにしてしまう脂っこい食事や糖質の多い食事ではなく、納豆や魚といった血液サラサラ効果のあるヘルシー食事を自然と好むようになるのです。
ヘルシーな食事は、健康、美肌、ダイエットのために役立ちます。

チベット体操の効果は他にも!

350
チベット体操の効果は、上にあげた以外にも生理痛や生理不順の改善、PMS緩和や視力回復、目覚めスッキリ効果などいろいろなものがあります。
その人の不調を取り除き、正常な状態に近づけていくので、毎日が過ごしやすくなること間違いなしです。

 

チベット体操による好転反応

頬のほてりをおさえる女性
チベット体操では、時々”好転反応”が出るときがあります。
好転反応とは、悪い部分が改善される過程で一時的に悪い症状が発生することです。
整体に行くと、熱っぽくなったり、ファスティングをすると、終えたばかりの頃は肌荒れに悩むといった症状です。
これらは、体が改善されている証拠でもあるので、心配する必要はありません。
チベット体操では、だるさや便秘・下痢、吹き出物や発熱などがでてくる場合があります。

 

今すぐ始められるチベット体操

350 ヨガ ダイエット
第一の儀式から第五の儀式までを1セットとし、それを3セット繰り返すことから始めましょう。
慣れてきたら、6セット、9セット、というように3の倍数ずつできるようにしていきましょう。

満腹のときを避け、水分補給は常温の水を飲みましょう。
体操後は、体のめぐりが良くなっているので、しっかり水分補給を行うようにしましょう。

第一の儀式

  1. まっすぐ足を揃えて立ち、両腕が床と水平になる位置まであげます。
  2. 腹式呼吸をしながら、腕を上げたまま右回りにゆっくり回りましょう。
  3. 回る回数は決まっておらず、気持ち悪くなる前にやめるのがポイントです。

呼吸の仕方は、「1周目に息を吸い、2周目に息を吐きます。3周目に息を吸う」これがワンセットになります。
初めは回数を気にせず、呼吸を回る回数分ゆっくり行えばOKです。

第二の儀式

  1. 背中をまっすぐにして仰向けになります。
  2. 両腕は体の両脇に伸ばし、床に手のひらをつけます。
  3. 腹式呼吸(息を吸いながら)をしながら、頭を床からあげ顎と胸をくっつけます。同時に、膝を曲げずに両足を床と垂直になる位置まであげます。
  4. 足を垂直にあげたら、息を吐きながら頭と足を元の状態に戻します。

3回を1セットとし、できる範囲で行いましょう。
⒈~⒉の間で吸って吐いてを一回、⒊~⒋の間で吸って吐いてを一回行うのが目安ですが、慣れないうちは無理をしない程度で大丈夫です。
徐々に腹式呼吸になれ、ゆっくり・しっかりとした呼吸ができるようになります。

第三の儀式

  1. 立ち膝の状態になり、両手はお尻と太ももの境目に沿っておく。
  2. 鼻から息を吸い、息を口から吐きながら頭を曲げ、顎と胸がくっつくようにします。
  3. 元の体勢に戻ったら、再び鼻から息を吸いながら、頭を後ろにできる限り反らします。上体も一緒に反らしましょう。
  4. 反らしたら、息を吐きながら元の体勢に戻します。

第二の儀式と同じように、⒈~⒉の間で吸って吐いてを一回、⒊~⒋の間で吸って吐いてを目指しましょう。
目を閉じて行うとより集中して取り組むことができます。

第四の儀式

  1. 足を伸ばし、上体を起こした体勢で座ります。この時、足は30~40センチ離しておきましょう。
  2. 両手を腰の横ぴったりの位置におき、手のひらを床につけます。
  3. 鼻から息を吸い、吐きながら頭を曲げ、顎を胸につけ息を吐きます。
  4. 再び、鼻から息を吸いながら頭を後ろにそらし、足裏を床につけ膝を90度曲げ、上半身を持ち上げます。
  5. 4の体勢をキープし息を止めます。
  6. 息を吐きながら、腰を下ろし、元の体勢に戻ります。
    腕は床と常に垂直になっていることを意識しましょう。

第四の儀式では、ブリッジのようなポーズをとります。
最初は、ポーズと呼吸が揃わないかもしれませんが、続けていくとインナーマッスルが鍛えられ、呼吸もしやすくなるので最初から100%を目指さなくても大丈夫です。

第五の儀式

  1. うつ伏せの体勢になり、腕立て伏せをするように手のひらを肩に位置に、足指を立てます。
  2. 息を吐きながら、⒈の体勢から上半身を起こし、目が天井を見える位置まで顔をあげます。(Lの字ポーズのように)
  3. 息を吸いながら腕と床を垂直に伸ばし、腰を上げ、反らした背骨を起こします。(への字ポーズのように)
  4. ⒊の体勢から傾斜をきつくし、顎を胸につけ、足裏は床にぴったりとつけ逆Vの字を体でつくります。

慣れてくると、第一の儀式から第五の儀式まで5分ほどでできるようになります。

 

おわりに

350 ダイエット
チベット体操は、わずか5ポーズで済みます。
そして、5分ほどで済みます。お金も時間もかかりません。
簡単、誰でもできる、どこでもできる、ヨガよりも簡単なエクササイズと言えるでしょう。
朝、コップ一杯の後に行うチベット体操で体のメンテナンス&アンチエイジング対策を始めてみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。

関連記事



ページ上部へ戻る