コラーゲンの効果は?コラーゲンを摂れる食べ物とおすすめサプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
効果のあるサプリメント コラーゲン配合

スキンケアをする人なら認知度100%のコラーゲン。
「お肌のハリにはコラーゲンよ!」とはよく言われたものです。
フカヒレや豚足にはコラーゲンがたっぷり含まれているので、食べた翌日にはお肌ぷるぷるになった気になりませんか?
今回は、コラーゲンの効果やコラーゲンを効率よくゲットするための方法をご紹介します。

 

コラーゲンが不足するとどうなる?

350
コラーゲンは、アミノ酸が連なってできたたんぱく質の一種です。
ちょっと難しくなりますが、グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリンというアミノ酸が連なってコラーゲンと呼ばれます。

コラーゲンは、食べ物ならぷるぷるしたものに多く含まれています。
体の軟骨部分や肌の真皮層で活躍するコラーゲンですが、年を重ねるとコラーゲン生成力が低下し、コラーゲン量が減っていきます。
特に、肌に関しては、ハリや弾力の源でもあるため、コラーゲンが不足すると、肌が一気に老けていきます。
それは、真皮層という肌のハリや弾力を生み出す工場において、コラーゲンがおよそ7割も占めているからです。
大黒柱を失ったら、家がぐらつくのと同じように肌もコラーゲンが足りなくなると、もろくなるのです。

 

肌の構造をおさらい!

皮膚 構造 乾燥肌 インナードライ
肌は、表皮・真皮層・皮下組織で構成されています。
顔の皮膚の厚みは約2mmで、そのうち、角層を含む表皮は0.2mmほどしかありません。
表皮の下にある真皮層の厚みは1.8mmほどです。表皮のうち、最も外側にあるのが角層と言われる部分で、肌の潤いを保つ役割と外からのダメージを守るバリア機能を持っています。

表皮部分は、常に細胞分裂が行われ古いものから新しいものへと入れ替わっています。(=ターンオーバー)
しかし、入れ替わりがスムーズに行われず古い細胞がはがれ落ちないと表皮の厚みが増して、真皮層を圧迫します。
その結果、肌は乾燥し、ハリが失われた状態になります。

表皮の下にある真皮層は、肌のハリや弾力を生産する工場です。
表皮のような細胞分裂はなく、真皮層の7割はコラーゲンが占めています。
コラーゲンは真皮層の中で細かい網目をしたネットのような存在です。
コラーゲンの他に、細かな網目の隙間を埋め尽くすヒアルロン酸と網目状のネットを支え、バネ機能を高めるエラスチンがあります。
そして、それら3つを生産する大元の線維芽細胞で成り立っています。
年齢とともに肌が衰えていくのは、この真皮層の劣化が原因です。
自分で再生や生産する力が弱くなるため、肌の老化が進んでいくのです。
そこで、体の内側からコラーゲンを摂り入れることでコラーゲンを補給していくことが大切になってきます。

ちなみに、皮膚構造の最も奥にあるのが皮下組織と呼ばれる部分です。
皮下組織の大半は皮下脂肪で埋め尽くされており、その厚みは10mm以上と言われています。
クッションの役割や保温、断熱効果があります。
さらに血管が通っており、肌に栄養を届けたり、老廃物を運搬するところです。

肌の衰えに対してコラーゲンを摂取することで、肌の真皮層の働きを高め、ハリや弾力を取り戻すことが目標になります。

 

口から入るコラーゲンの効果はいかほど??

コラーゲンドリンク 栄養ドリンク 美容ダイエットドリンク
コラーゲンには、角層に対しての保湿効果や真皮層のハリ・弾力を支える働きがあります。
コラーゲン摂取による効果については、名の知れた現在においても専門医や美容業界の間でも様々な意見が飛び交うテーマです。

コラーゲンの美肌効果に対する否定的な意見としては、コラーゲンは体内に摂取されると、単体のアミノ酸に分解され、コラーゲンとしての肌への効果はないというものがあります。
アミノ酸であることには変わりがないものの、姿形が変わるのでコラーゲンとしては無効だという意見です。

否定的な意見がある一方で、近年の研究では、アミノ酸単体ではなく複数個連なったアミノ酸状態で血液中に存在することが判明しました。
体内に吸収され、分子が小さくなったアミノ酸は名前を変え、オリゴペプチドやジペプチド、トリペプチドなどと呼ばれるようになります。
コラーゲンはグリシン、プロリン、ヒドロキシプロリンというアミノ酸で連なって構成されていますが、コラーゲンを摂取すると、グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリンのうち、2つアミノ酸が連なったジペプチドの量が特に多くなることが解明されています。
少し難しい話ですが、体内に入ってもコラーゲンのまま吸収されるということです。
こういった研究により、口から摂取したコラーゲンは、期待される役割を果たすという肯定的な意見が受け入れつつあります。

 

コラーゲン摂取で最も大切なのは継続すること!そうすれば、肌は変わる!

美容健康サプリメントを飲む女性
コラーゲンの効果をより実証する研究として、ヒドロキシプロリンを含むジペプチド(プロヒルヒドロキシプロリン)は、ダメージを受け傷ついた真皮層の線維芽細胞(コラーゲンの原材料、大元となる細胞)を刺激し、再生を促すことが京都府立大学研究で明らかになっています。
血中に入ったジペプチドは、血液とともに全身を駆け巡り、真皮層の線維芽細胞を活性化し、肌のハリ・弾力をつくっていくようになります。
つまり、効果はあるものの、ダイレクトに顔の皮膚へと働きかけるわけではないということです。
しかし、全身を駆け回るので、継続的な摂取により効果を実感できます。

サプリメントや美容ドリンクは食品の一種であり、薬ではありません。
そのため、薬のような即効性はありません。
しかし、日本の伝統食である和食を食べ続けることが健康の秘訣であるように、コラーゲンを摂り続けることが美肌の秘訣になることは確実です。
そのためには、毎日摂り続けられるコラーゲン選びが必要です。

摂取する場合は、豚由来のコラーゲンがおすすめです。
豚由来コラーゲンの方がジペプチド(プロヒルヒドロキシプロリン)が魚由来のコラーゲンよりも2倍含まれているので効果的です。

また、摂取するタイミングは、就寝前が最も良いでしょう。
ジペプチド(プロヒルヒドロキシプロリン)は4時間ほど体内に留まるとされています。
コラーゲン合成を促進する成長ホルモンが分泌される睡眠中と合わせることでより効果的になるよう、摂取する時間就寝前に飲むようにしましょう。

 

あなたのコラーゲン摂取方法はどれ?

350
コラーゲンは、食べ物やコラーゲンドリンク、コラーゲンサプリや基礎化粧品などから摂取できます。
効果が高いのは、口からの摂取で、口から摂取すると、肌弾力だけでなく、肌のキメや水分量が高まることが判明しています。

コラーゲンを含む食品の中でも、人気がある摂取方法はサプリメントです。
コラーゲンドリンクも人気がありますが、毎日飲み続けるにはランニングコストが高くなるため、コスパの良いサプリメントでの摂取が人気を集めています。

①食べ物なら、、、

食べ物でコラーゲン摂取をするときは、ばくばく食べるとカロリーオーバーになります。

★海洋性食品
フカヒレ、すっぽん、うなぎ、エイヒレ

ちなみに、フカヒレから5000mgのコラーゲンを摂取するためには、フカヒレだけで20キロカロリー摂取することになります。

★動物性食品
豚足、鶏皮、手羽先、軟骨、牛テール、豚骨スープ

ちなみに、手羽先から5000mgのコラーゲンを摂取するためには、176キロカロリー摂取することになります。
ゼリーなら226キロカロリーです。

②コラーゲンドリンクなら、、、

コラーゲンドリンク  うるおい美率
うるおい美率
100ml 一本でコラーゲン4000mg
真皮層と同じ構成比率で配合されたコラーゲンドリンクです。
マスカット&アロエ味なのでジュース感覚で美容ケアができます。

FUJIFILM アスタリフト-ドリンク-ピュアコラーゲン10000
アスタリフト ピュアコラーゲン10000
30ml 一本でコラーゲン10,000mg配合
アスタリフト 口コミレビュー
魚由来のコラーゲンですが、続独自の技術で開発された低分子ピュアコラーゲン使用、さらに、続けやすいピーチヨーグルト味がポイント。

③コラーゲンサプリなら、、、

フラコラ-トゥリンクル-Twrinkle-活性ナノコラーゲンつぶ コラーゲンサプリ
トゥリンクル 活性ナノコラーゲンつぶ
90粒 3060円 1日3粒でコラーゲン10000mg
0.5nmという低分子化されたコラーゲン(ヒドロキシプロリン)がすばやく体内に吸収されるため、肌への効果も早くなります。
活性ナノコラーゲンつぶなら、コラーゲンと一緒に摂取するとより効率が高まるビタミンCやイソフラボンも同時に摂取できます。

 

おわりに

ほうれい線を覆う女性
コラーゲンは、皮膚から塗ると、角層のバリア機能でそれ以上は浸透しにくいとされます。
そのため、基礎化粧品に配合されるコラーゲンは保湿成分として角層のうるおい補給にとどまります。
ハリや弾力をチャージするためには、確実に真皮層に働きかけるため、毎日の食事やサプリメントやドリンクからの摂取が効果的です。
サプリメントの摂取は、少なくとも3ヶ月続けてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る