女性ホルモンを増やすと抜け毛が減る?髪の毛とホルモンの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
抜け毛に悩む女性

抜け毛・・・お風呂場やドライヤーをかけた後など、髪の毛がたくさん抜け落ちているのを見ると不安になりますよね。
それは女性も男性も同じでしょうが、女性は特に髪の毛がなくなってしまうなんて考えただけでぞっとするんではないでしょうか。

失礼ではありますが、男性の中には髪の毛がなくなってしまった人は多々見かけます。
ですが、世の中を見渡してみて、髪の毛がない女性ってあまり見かけませんよね。
髪の毛だけではなく体中の毛に関して、男性と女性では大きく異なる点がたくさんあります。
なぜなんでしょうか。

実は、毛というものはホルモンが大きく関係しています。
ホルモンには男性ホルモン、女性ホルモンというものが存在しており、人の身体の中に、性別は関係なくどちらのホルモンも分泌されています。

ですが割合は半々というわけではありません。
どちらのホルモンが多いかによって体つきや体質などが変わってきます。
女性であるから女性ホルモンが多いというわけではありません。
例としては、男性ホルモンの多い女性は毛深かったり、女性ホルモンの多い男性は体つきが丸かったり・・・といった具合にその人その人によってホルモンの状態というのは違うものなのです。

?疑問符クエスチョンマークを浮かべた口を塞がれた女性

1つ、気になることがありませんか?
ホルモンが毛に大きく関係しているとすれば、男性ホルモンは毛が多く、女性ホルモンは毛が薄くなるようなイメージを持ちますよね。
けれど、体毛が多い人でも髪の毛がない方もいらっしゃいます。
なぜでしょうか。
逆に毛が薄い女性には髪の毛がない方はあまりいらっしゃいません。
よく、女性になりたい男性が、女性ホルモンを注射すると体毛がなくなったという話を聞きます。
でも髪の毛はなくなっていないんです。
不思議だなと感じるのは私だけでしょうか・・・

という疑問から、今日はそのホルモンと髪の毛の関係についてお話ししていこうと思います。

 

ホルモンと髪の毛の関係

350
まず、髪の毛と体毛は別ものだそうです。
主に体毛は男性ホルモンがつかさどっており、髪の毛は女性ホルモンが管理しているんだそうです。
でも全てが全てそうなのかといったらそうでもないようで、2つのホルモンが上手くバランスを取っていくことで成り立っているのです。

まず男性ホルモンについては、髪の毛以外の体毛、陰毛や脇毛、胸毛や髭、四肢の毛などに働きかけますが、髪の毛にも1部分影響を及ぼすとされています。
その1部分とは前頭部から頭頂部にかけてなのですが、頭頂部に関しては男性ホルモンの影響を受けやすく、脱毛しやすい部分とされています。

髪のべたつきに悩む女性

その反面、側頭部から高等部にかけては女性ホルモンの影響を受けやすいため、脱毛することがほとんどありません。
またこういった状態を引き起こすのは男性がほとんどです。
特に男性ホルモンの多い男性は前頭部から頭頂部にかけての脱毛が多く見られるということです。

このことから、女性ホルモンは髪の毛を生やす。男性ホルモンは髪の毛を薄くするという働きがあることが分かります。

髪の毛には、成長期、退行期、休止期という毛周期が存在します。
男性ホルモンの影響を受けていると、成長期が短くなってしまい、思うように毛が成長しないまま退行期を迎え、そのまま抜け落ちてしまうといったサイクルになってしまいます。

一方で女性ホルモンは成長期の髪の毛に対して成長を抑制する働きを行います。
どういうことかというと、成長期が長くなる、つまりゆっくりしっかり成長するという効果があるのです。
男性より女性の方が髪の毛が伸びやすいというのはこのホルモンの違いから起こっていることなのです。

 

女性ホルモンを増やせば抜け毛が減るのか

女性ホルモンを増やすというより、女性ホルモンが減少することによって薄毛というものは発生します。
特に更年期を迎える40代後半ごろから女性ホルモンというのは徐々に減少していきますので、このころに抜け毛が増えた、髪の毛が減ったという悩みが出てくるのです。
ということはやはり、女性ホルモンを減らさない、維持するといった対策が必要になってきます。

単純なことかもしれませんが、ストレスを溜めてしまったり、食生活が乱れている、睡眠不足など、生活習慣の乱れはホルモンバランスを崩す原因となります。
まずは毎日の生活習慣を見直すことが大切です。

350 髪 

ストレスにおいてはひどい場合、円形脱毛症といった病的な脱毛を引き起こす可能性もあります。
ストレスでホルモンバランスを崩すと、生理不順や無月経など身体の全てが崩れてしまう原因にもなってしまいますので注意が必要です。

また、過度なダイエットなどで鉄欠乏症貧血といった栄養失調を起こした場合も脱毛が症状として出てくるそうです。
食事に関してはいらない栄養素などないと考えてなんでもバランスよく摂取するよう心掛けてください。

350

睡眠も同じです。
夜10時から午前2時は髪の毛も最も成長する時間帯になります。
この時間に睡眠が取れていないと、毛髪のサイクルが上手く循環せずに髪の毛が成長しなくなってしまいます。
早寝早起きは身体にとっても必要な習慣になりますので普段から気を付けていきましょう。

大豆・豆乳の美容健康効果

それでも早くホルモンのバランスを整えたいという方には、イソフラボンなどの摂取がおススメです。
ご存じのとおりイソフラボンは大豆などに含まれる成分で女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品に多く含まれていますので積極的に取り入れることをお勧めします。
他にはローヤルゼリーやマカなどの配合されたサプリメントや食品を摂取するのもいいでしょう。

 

おわりに

美肌の外国人女性
いかがでしたか?
いつか髪の毛がなくなってしまうかもしれない。
そんな悩みを抱えている方は男性女性に限らず多い気がします。

髪の毛を操作している女性ホルモンは、髪の毛だけではなく私たちには必要不可欠なものです。
日ごろから生活習慣に気を使い、バランスを崩さないよう心掛けましょう。
またそれだけではなく、頭皮や髪の毛のケアも大切です。
抜け毛を少しでも減らすためにも努力をしていきましょう。

こちらもどうぞ★
大豆イソフラボンの効果とおすすめサプリ
女性ホルモンアップに!バストアップと美容を支えるサプリメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る