年齢は「手」に出る!若い手に見せるためのエイジングケアって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手

顔よりも年齢が出やすいのは「手」!?

「少しでも若く見られたい!」これが世の女性の率直な意見だと思います。
顔のスキンケアももちろん重要ですが、意外と忘れがちなのが「手」のケアです。
年齢は手から出るもの。
いくら美人で年齢より若く見える人でも、手のしわの感じから、だいたいの年齢が分かってしまった…なんて事ありませんか?
手は顔よりも皮膚が薄くてデリケートなので、老化もその分早いんです。
だから、顔よりも丁寧にケアしなければいけない所の一つでもあるんですよ!
首元も年齢が出やすい箇所ではありますが、手のケアも忘れずに行いましょう。
今回はそんな手のエイジングケアについてご紹介します。

1.紫外線を避ける

眩しそうにしている女性

紫外線は肌を黒くするだけでなく、老化の進行も早めてしまう厄介なモノです。
顔や足、腕などにはしっかり日焼け止めでカバーするけど、手って意外と忘れがちな所ですし、手を洗ったりなどして落ちやすい箇所でもありますよね。
しかし、面倒くさがらずに手の甲もしっかり日焼け対策をしましょう。
通勤は車だから大丈夫!なんて人もいるかもしれませんが、ハンドルを握っているだけでも、手に日光が当たって、しっかり老化させてくれています。
日焼け止め+アームカバーでガードしましょうね。

2.ファンデーションでカバー

手のしわやシミ、日焼けを隠したいならファンデーションでカバーする方法もあります。
ちょうど顔のスキンケアをするのと同じ要領です。
特にコラーゲンが入っているスキンケア商品は良いですね。
コラーゲンは老化を遅くさせてくれて、またハリやツヤを出してくれます。
コンシーラーで気になる部分のシミを隠し、ファンデーションで明るい肌に見せるようにしましょう。
肌に良く馴染ませるために、リキッドタイプがおススメです。
手のしわは横方向にあるので、カバーする時は縦方向でなく、横から馴染ませるようにすると良いですよ!

おすすめ

ウテナ 白い手クリーム
ハンド用の美白ファンデーション。
SPF効果、コラーゲン、ヒアルロン酸配合で、これ一つでカバーできちゃう優れもの。
首や腕、足などにも使えます。

3.顔と同じ基礎化粧品を使う

先ほども述べましたが、手は顔の肌よりも薄くデリケートです。
なので、ボディケアと同じモノを使うよりは、フェイシャルケアと同じモノを使ったほうがずっと効果的。
洗顔料、化粧水、保湿液、乳液、美容液などを使ってハンドケアしてみて下さい。
また、おススメなのはアイクリームを使う事。
目元のシワやたるみを防ぐためのクリームは、手のしわやたるみにも効果抜群。
毎日の日課にするようにしてくださいね。

おすすめ

エスティローダー アドバンスナイトリペアアイ S コンプレックス
乾燥、小じわ、むくみ、たるみなどを防ぐ目元用のクリーム。
お値段分の働きは十分すぎるほどしてくれます!

4.ハンドクリームで徹底保湿

手を触っている女性

ハンドクリームは乾燥する冬場だけ使用すればいいのではありません。
顔は毎日保湿しますよね?
それと同じで、手も毎日ハンドクリームで保湿するようにしましょう。
夏場でも、意外とクーラーなどでお肌が乾燥し、水分不足になっていますから。
おススメなのはビタミンE、ビタミンCが入っているモノ、SPF効果のあるモノ、コラーゲン、ヒアルロン酸配合のモノなどです。

おすすめ

キュレルハンドクリーム
セラミド、ヒアルロン酸が配合されています。
保湿力はバッチリ。

ユースキンA
ビタミンE、C、ヒアルロン酸が配合されています。
ヒビ、しもやけ、あかぎれにも効果抜群。

おわりに

どうでしたか?手のケアも、基本は顔のケアと同じです。
しかし、顔よりももっとデリケートな部分でもあるので、毎日のケアを怠らないようにしましょう。
顔のようにメイクができない分、手の年齢を若く見せるのは大変ですが、他の人との差がでるのはズバリ手です。
「綺麗ですね!」と、誰もが憧れるような手をゲットしましょう。

参考元:Woman’s Day

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。







関連記事











ページ上部へ戻る