合コン必勝法!“モテ女”になれる6つのテクニック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乾杯をする女性二人

もうすぐ合コンを控えてる?今回のコラムは、そんなあなたのためのもの。
合コン初参加の人、これまで連敗続きだった人、今度こそ絶対イイ男をGETするぞ!と息巻く人に読んでほしい“合コン必勝法”をお届けします。
ただなんとなくしゃべって、飲んで…これでは、合コンでのあなたの存在はボンヤリ薄いかも。
せっかくなら、男性陣の注目を集める「モテ女」を目指しましょうよ。
とは言え、何も特別難しいことをする必要はありませんのでご安心を。
ちょっとしたことに気をつけるだけで、男性の心をぐっと掴めるので、試してみて。

ファッション編

赤い壁紙の女性

その場に合った恰好を

合コンではファッションが大事。これは言うまでもありませんね。
ただし、あなたが「これが私の勝負服!」と思うものが、実は男性ウケを狙えないこともあるのでご用心。
ゴスロリやアーミーファッションで挑む人は稀だとは思いますが、露出が過ぎたり、全身ブランドで固めたりと、あまりにアクが強いファッションはNG。
それよりも、お店の雰囲気や男性陣の職業にうまく合わせる方が、断然好感度は高いハズです。
オシャレなイタリアンやフレンチのお店なら、ラフ過ぎるファッションは合いません。反対に、大衆居酒屋でカッチリしたツーピースでは浮いてしまいます。
参加する男性陣が、金融マンや商社マンのような堅い職種の男性なら、フェミニンやガーリー系はアリでも、ギャル系やストリート系は「ちょっと…」と引かれてしまうかも。
ガテン系なら、オフィスカジュアルやセレカジスタイルは「俺とは世界が違う」と敬遠されてしまうことも。
どんな店で、どんな人たちが参加するのか、事前に情報を仕入れて。

上半身にお金をかけて

ファッションは、上半身にお金をかけましょう。
新しく買うなら、スカートよりもトップスを。靴やバッグを気にするよりも、ブレスレットやピアスにこだわって。
というのも、合コンは基本的に着席した状態で行われるもの。
お金をかけるのなら、視線が集まる上半身が鉄則。下半身やトータルコーディネートを気にしてもあまり意味がありません。
ですから、アウターを新調しようかな?なんて悩まないで(どうせすぐに脱いでしまうのですから)。
「一日だけのために、もったいない」と思っても、お金のかけどころは断然、まつ毛パーマやエクステ、ネイルが優先です。

会話編

話を聞く女性二人

褒めまくる

男性の前では聞き上手でいるのがモテ女のテクニック。
まず、心得たいのが「男性は褒めてナンボ」だということ。そして、「それは違う」と思っても、真っ向から否定するのは絶対にダメ。
また、自分のほうがよく知っている話題でも、あんまり熱弁をふるうのは避けて。
男性は、女性に「いろいろ教えてあげる」ことが好きなので、自分よりも知識豊富な女性に対しては「おもしろくない」「可愛げがない」と感じるのが普通です。
それよりも、笑顔で「すごい」「よく知ってるのね」と楽しく聞いてあげるのがモテ女になる秘訣です。

話題をいくつか用意しておく

聞き上手であることはモテ女の必須テクニックだとお話しました。ですが、人の話に「ウンウン」と相槌をうつばかりでは、ただの退屈な女になってしまいます。
自分からもどんどん楽しい話題を提供するよう心掛けましょう。
鉄板ネタは、やはり仕事の話や趣味の話。ただし、「職業は何?」「趣味は何?」とストレートに聞くのでは、まるで職務質問かお見合いのよう。
「お仕事は忙しいんですか?」「休日は何をしてますか?」といった切り出し方がスマートです。
ほかにも、最近読んで面白かった本、話題の映画、ちょっとした雑学なんかもネタとして持っておいて。「会話していて楽しい」がモテ女の基本ですよ。

恋愛歴は語らない

合コンではよく「今まで何人と付き合った?」「どんな人が好み?」「どんな人と付き合ったことがある?」という話題になります。
こんなとき、馬鹿正直に「15人くらい!」「年収の高い人」「元彼は医者ばかり」などと答えてはいけません。
「遊び人?」「男を条件で選んでいやがる」「俺じゃあ相手にされないだろうな」と思いがけずネガティブに作用してしまうことも。
モテ女になりたければ、過去の恋愛歴はすべて隠すことです。「うふふ、当ててみて」と可愛くごまかすか、「全然経験がなくて…」とウブなフリをするのが◎。
すべてさらけ出すばかりが正解ではありません。
少しミステリアスな部分をつくってうまく引き付けるのもテクニックです。

覚えておきたい「番外編」

「取り分けオンナ」はもう古い!?

かいがいしくサラダを小皿に取り分けたり、焼き鳥を串からはずして「気が利く女」「家庭的な女」をアピールするのはハッキリ言って時代遅れ。
いまどきそれで喜ぶ男性はいません。
せいぜい「これってイイ女アピール?」と失笑を買うのがオチです。
モテ女は、「取り分ける」より「取り分けてもらう」ことで男性を喜ばせます。
「○○君って、優しくて素敵」「男の人に取り分けてもらうなんて、初めてでうれしい」「こんな旦那さんだったら幸せかも」と男性をおだてていい気分にさせて。

おわりに

モテ女になるための方法をご紹介しました。
どれも簡単にできるものばかりなので、覚えておいて損はないハズ。
存在の薄い女は今日で卒業。きらきら輝く魅力的な「合コンの花」になって、狙った男性をGETしちゃいましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:佐保(サホ)

著者の記事一覧

1985年神奈川県生まれ。
大学を卒業後、英語圏・ドイツ語圏に在住した経験を持つ。
帰国後は出版社で編集者、大手ECサイトでファッションライターとして勤務。
女性のための書籍やWEBコンテンツ制作に広く携わる。
その後、妊娠を機にフリーライターに転身。恋に悩む女子のための恋愛コラムを数多く手掛ける。







関連記事











ページ上部へ戻る