健康的にほっそり下半身・骨盤を整える簡単エクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
骨盤ダイエット

ご自身の骨盤について気にしたことありますか?
私たちの骨盤は必要に応じて閉じたり開いたりしています。
しかし骨盤が歪んで開閉が上手くできなくなってしまうと体に様々な悪影響を及ぼします。

こんな経験ありませんか?

電車などで座っているとき足をきちんと閉じていられない、ジーンズが太ももで引っかかってしまって履けない、左右で肩の高さが違いバッグが落ちてきてしまう。

どれも骨盤が歪む事によって起こる事です。
とくに骨盤が開いているとせっかくダイエットをしても上手く痩せられなかったりします。
まずはご自身で骨盤の状態をチェックして見ましょう。

あなたの骨盤は何タイプ?

(1)仰向けに寝て足をW字に折ります。
背中や膝が浮かずにペタンと床に付いていればOKです。

(2)仰向けに寝た状態で膝を外側へカエルの様に開いて足の裏同士をくつけます。
腰や膝が浮かずにピッタリ床に付いていればOKです。

骨盤のタイプ

どちらの姿勢が楽でしたか?
どちらも楽勝!という人は状況に合わせて骨盤が開閉できている健康な骨盤です。

①のW字に折る姿勢は楽だけど②のひし形に開く姿勢がきつかった人は骨盤が閉じ気味な可能性があります。
閉じ気味タイプの人は下半身がスレンダーな人が多いですが、閉じすぎると不眠などの原因になったりするので注意が必要です。

①のW字に折る姿勢が出来なかった、もしくはきつかったけど②のひし形に開く姿勢は楽だったという人は
骨盤が開き気味になっています。
骨盤が開くとO脚になったり、内臓が下がって下腹部がぽっこりと出てしまったり、
太ももやお尻に脂肪が付きやすくなり下半身が太る原因になります。
今すぐエクササイズで骨盤を整えましょう。

簡単エクササイズ

(1)パタパタエクササイズ

まずは先程の骨盤タイプチェック①と同じW字に折る姿勢作り、パタパタを床を膝で叩くイメージで10回動かします。
次に②のひし形に開く姿勢を作り、同じようにパタパタと床を膝で叩くイメージで10回動かします。
これを朝は②→①の順番に、夜は①→②の順番にできるだけ毎日続けます。
朝起きてすぐ、夜寝る前にベッドの上でやるのが良いです。

(2)ぐるぐる腰エクササイズ

立った状態で肩幅に足を開いて、下半身を軸にゆっくりぐるぐると腰を回します。
10回転したら今度は逆回転させます。
10回転1セットで3セット繰り返しましょう。

(3)足浮かせエクササイズ

まず仰向けになり両足をくつけた状態で床から数センチ浮かせます。
床に足がつかないようキープしたまま閉じたり開いたりを繰り返します。
なかなかきついのでご自身のペースで頑張り ましょう。

簡単エクササイズ

おわりに

このエクササイズを毎日続けることが大切です。
3つのエクササイズを全部やらなくても、朝と夜のエクササイズだけで途端に効果の出る人もいます。
毎日骨盤を意識して健康的にスリムな体を手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Lier編集部

著者の記事一覧

Lier編集部です。
今、旬な話題を取り上げていきますので是非お楽しみに!

関連記事


ページ上部へ戻る