既婚者を好きになったら! 恋をあきらめるべき5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
涙する女性

好きになったあの人は、どうやら既婚者だったみたい…。今回は、こんな状況にいるあなたにぜひ読んでほしいコラムです。「すごく好きなんだもん。この恋をあきらめるなんてできない!」と感情のままに突っ走りたくなる気持ち、よーくわかります。でもね、既婚者に恋してもいいことなんて、なんにもありませんよ。いまいちピンとこない?それならいますぐ、読んでみて。

1.恋の醍醐味を味わえない

「ただ好きでいるだけでいいの」「心の中で、想ってるだけだから」確かにこれなら誰にも迷惑かけないし、文句を言われる筋合いもありません。

でもね、考えてみてください。既婚者を好きになるということは、なによりも自分自身がちっとも楽しめない行為なのです。

ときめく恋の駆け引きも、デートもなければ、両想いになる可能性もゼロ。あるのは「彼を好き」という一方通行の思いだけ。

それよりなにより、「私はいま恋をしているの!」こんな風に、自分の気持ちをおおっぴらにできない状況は結構ストレスが溜まります。こんな状態で、幸せって言えるのでしょうか。よく考えてみた方がいいかも。

2.奥さんや子どもに迷惑がかかる

笑顔の子供二人

好きな人が実は既婚者だったとわかったら。問答無用で片思いは終了にするべき。「どうしても彼を手に入れたい」なんていうのは、あなたの勝手な独りよがりです。

彼の奥さんや子どもからしてみれば迷惑もいいところ。「冗談じゃない」「恋愛したいならよそへ行って」「ほかにいくらでも男はいるでしょう」ってなもんです。あなたは彼の家族にとって、平穏な家庭を脅かす「不穏分子」という存在なのです。

逆の立場で考えてみて。あなたの愛する旦那に思いを寄せる女がいれば、きっと面白くない気持ちになるハズ。どころか、「何なのよ、その女!ふざけるんじゃないわよ」と怒りくるってしまうのでは。人から恨みを買ってもいいことなんてありません。その理由は、次の項目で詳しく説明しましょう。

3.恨みを買ってもいいことナシ

片思いのゴールって何でしょう。もちろん、好きな人と両想いになることですよね。でも、相手が既婚者となると話は別。万が一、あなたの恋が実って、彼と付き合うことになったら…それはむしろ、「修羅場の始まり」と言えるでしょう。

男性は女性と違ってウソが下手ですから、不貞は高確率で「バレる」と考えておいて間違いありません。

彼の奥さんが会社に怒鳴り込んできたら?あなたに慰謝料を払うだけの稼ぎや蓄えはありますか?ほんの「気持ち」程度の額じゃ済みませんよ。

ケンカの絶えない両親のせいで、彼の子どもが不登校・引きこもりになってしまったら?離婚となれば、子どもから父親を取り上げることにもなるでしょう。

あなたは多大な恨みを買ってなお、平常心でいられますか。決して大げさに言っているわけではありません。これこそが、既婚者を好きになるということなのです。

4.一生罪悪感がつきまとう

悲しそうに泣く女性

既婚者と少しでも関係を持ってしまうと、その後の人生に暗い影を落とします。「私は妻子ある男性と関係を持った」と、ことあるごとに思い出しては罪悪感に襲われます。

彼と一緒にいられるだけで幸せ…こう盛り上がるのは始めだけ。普通の人なら、そのうち徐々に罪の意識に耐えられなくなってくるハズ。

あまりに自責の念が強いと、「私は最低な人間」「幸せになる資格はない」「だれにも愛されなくて当たり前」とネガティブな感情で自分を縛りつけてしまい、そのせいで人生が悪い方へと向かっていきます。

仕事や友人関係など、一見して恋愛と関係ないようなところまで、どんどん上手くいかなくなっていくのです。自分を罰する意識でもって、幸せになるのを無意識に避けてしまうせいでしょう。自分を嫌いながら生きていくのって、とってもツライことですよ。

反対に、幸せな恋愛は、あなたに笑顔をもたらし、人生にツキをあたえてくれます。どっちの恋愛が良いのかは、一目瞭然ですよね?

5.あなたの評判はガタ落ち

「既婚者を好きになるなんてどうかしてる」「なんて節操のないヤツ…」「人の旦那に手を出すつもり?軽い女!」残念ながらこれが、既婚者を好きになった女性に対する世間一般の反応です。

ですから、あなたの想いが何らかの拍子にバレてしまえば、あなたの信用は一気に地に落ちてしまいます。

相手が仕事関係の人ならば、職場で肩身の狭い思いをすることになるでしょう。仲の良い友達に相談したら、「既婚者を好きになるなんて…」とドン引きされてしまうこともあるでしょう。

いずれにせよ、いいことは一つもありません。一日も早くあきらめるのが正解ですよ。

おわりに

既婚者を好きになってもいいことは一つもない…そんなこと、きっとあなたも本当は分かっているハズ。ただ、彼を好きな気持ちが大きくて、なかなかあきらめがつかないだけですよね。でもやっぱり、もう一度だけ言わせてください。報われない恋には一日も早くピリオドを打つべき!だって、あなたのその想いは、あなたを幸せにしてくれるものではないのだから。それをよーく自覚して。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:佐保(サホ)

著者の記事一覧

1985年神奈川県生まれ。
大学を卒業後、英語圏・ドイツ語圏に在住した経験を持つ。
帰国後は出版社で編集者、大手ECサイトでファッションライターとして勤務。
女性のための書籍やWEBコンテンツ制作に広く携わる。
その後、妊娠を機にフリーライターに転身。恋に悩む女子のための恋愛コラムを数多く手掛ける。

















ページ上部へ戻る