まだ好き…元カレを忘れたい時の6つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頭を抱え込む女性

元カレのことがまだ好きで苦しい?それでも何とか忘れたいと願っているあなたに、今回はとっておきの方法を教えちゃいます!ムリして「忘れなきゃ」と自分を追いつめると、ますます忘れられなくなっていくのが人間というもの。なるべく簡単にできる方法ばかりを集めました。だまされたと思って、いますぐトライしてみて。

1.元カレにまつわる物は捨てる

「元カレを忘れたい」なんて口では言っておきながら、態度がそれにともなっていないのはどこのどいつだ~い?そんな人はムチでお仕置きです。

本気でいまの苦しい未練から抜け出したいなら、いますぐ言うとおりにしてください。まずは部屋の中を見回して。元カレにもらったプレゼントがどこかにない?机の引き出しや、クローゼットの奥とかに。あったらいますぐ捨てるか売りに行って。

理由は単純です。ふと目に入るたび「元カレ…シクシク」となってしまうでしょう。ですから、その可能性はすべて摘んでおいて。

もちろん、LINEもメアドも携帯の番号も、SNSもすべて消去。消去すれば結構スッキリするかも。まずは行動ありきと心得て。

2.短所を思い出して紙に書く

ペンでクリップボードを指す女性

別れた相手って、美化してしまいがち。ま、それも女性の場合は“次の彼氏ができるまで”なんですけどね。(ちなみに男性は、新しい彼女ができても結婚しても、一生やってます。おバカです。)

元カレだって、いいところばかりではなかったでしょう。絶対に嫌なところもあったハズ。それを冷静に思い返してみて。

気が利かないとか、優柔不断だとか、愚痴が多いとか、マザコンだとか、お金がないとか、足が臭いとか。

あれ、意外と短所ばかりじゃない?なんて思えれば、しめたもの。その調子でどんどん「うわあ、よく考えると、彼って結構ショボい。幻滅…」という方向にもっていって。

3.嫌な言動も思い出す

元カレの短所と併せて、嫌な言動も思い出すようにしてみて。絶対ぜっっったい、一つや二つはあるハズですから。

上から目線でムカついた言葉。気持ち悪っ!キザすぎる!とドン引いた言葉。その場を取り繕おうとしただけの的外れな言葉。あまりにデリカシーに欠ける言葉など。

「思い出したらムカついてきた…」「ああ、やっぱりあの男はムリ」こうなるくらい、真剣に思い返してみて。

4.別れたメリットを考える

元カレと別れたメリットを考えてみましょう。そんなもの何もないって?いいえ、そんなことはありません。誰だって、何かしら手に入れたものがあるハズです。

「しばらく会ってなかった男友達と遊びに行こうっと」「ムリなダイエットはもう終わり」と自由を手に入れた人。「電話やメールに縛られなくて済む」「これからは好きなだけ趣味に没頭できる!」と時間を手にした人なんかは、多いのではないでしょうか。

もちろん、これから手に入れるのだってアリですよ。本来ならばデート代に消えていたであろうお金を、女友達との旅行や、欲しかったバッグや靴にパーッと使って。

5.元カレと真逆のタイプと仲良くなる

傘 男女 スマホ 駅

きっとあなたはいまこう思っていることでしょう。「元カレは最高だった、私の人生に、あんないい男は二度と現れないかもしれない」と。

うーん、本当にそうですか?それが本当に正しいかどうか、少なくとも試してみる価値はありそうです。元カレと正反対のタイプの男性と、積極的に仲良くなって。意外と「いい!」と思えるかもしれません。

「理系タイプもクールで素敵!」「草食系って癒される!」「年下も可愛いかも」「スポーツできる人って楽しいな」とか。きっと新しい発見があるハズですよ。

6.友達に彼を否定してもらう

あなたをよく知る友達に「元カレが忘れられない」と相談してみるのもおススメです。そしてできれば、「前から思ってたけど、あの人はダメ」「ほかにもっといい人いるでしょ?」と否定してもらってください。

第三者の方が、冷静な目を持っているということはよくあります。つまり、恋愛の渦中にいるあなたではなく、一歩引いてそれを眺めていた友人の方が、あなたの元カレの「真の姿」をとらえている可能性が高いのです。

友人に、冷たい水を頭からぶっかけてもらいましょう(比喩表現ですよ!)。そこで「だよねー、アイツはナイよね」とハッと目が覚めるかも。

それでも「元カレ…シクシク」となる場合には、もっと冷たい水を頼みましょう。なんでもいいから否定して!と頼んでみて。「あの唇の形が生理的にムリ」「ネクタイの柄が変」「あの男は将来、新居のカギを母親に渡すタイプだよ」とか。

可哀想な元カレ…。でもこれでいいのです、あなたが元気になりさえすれば。笑顔をとりもどすために、できることはなんでもやってみましょうよ。

おわりに

大好きでたまらず、別れてもなお忘れられない…こんな男性に出会えたあなたは、実はとてつもなくラッキー人。世の中には、「出会いがない」なんて、恋愛したくてもできない人だって多いのですから。気の済むまで「元カレ…シクシク」を繰り返したら、あとは元気になるのみですよ。そうして、新しい恋に踏み出して。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:佐保(サホ)

著者の記事一覧

1985年神奈川県生まれ。
大学を卒業後、英語圏・ドイツ語圏に在住した経験を持つ。
帰国後は出版社で編集者、大手ECサイトでファッションライターとして勤務。
女性のための書籍やWEBコンテンツ制作に広く携わる。
その後、妊娠を機にフリーライターに転身。恋に悩む女子のための恋愛コラムを数多く手掛ける。







関連記事











ページ上部へ戻る