1日でも長くきれいを維持したい!パーマやカラーを長持ちさせるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容院でヘアセットをしてもらう女性

皆さんは美容院へ行って、パーマやカラーをしてからどのくらい持っていますか?
なかなか維持するのは難しいとの声もよく聞かれます。
美容院で髪を整えてから、約1ヶ月半〜3ヶ月はお家での手入れをしてもらうことになります。
もし美容院での施術が原因でパーマやカラーが早々に取れてしまう場合は遅くても3日から1週間で分かるものです。
その場合は遠慮無く美容院に行っていただいて結構です。
やり直しや少しカットすることで解決するかと思います。

350 髪

そうではなく1ヶ月経たない位から調子が悪いなと感じるようであれば、それはお手入れの仕方に問題があるのかもしれません。
調子が悪いと言って美容院に相談に来られる方もみえますが、だいたいはただ単に再現ができない場合、髪が傷みすぎている場合、この2つに分かれます。

 

シャンプーが原因

髪を洗う女性

1番多いのは市販の安いシャンプーを使用している例。
最近は市販のものも洗浄成分を改良しそこまでひどいものは減ってきましたが、石油系の洗浄成分わ使っているシャンプーを毎日使用した場合、私の調査では約1週間でカラーは色が抜けてしまいます。
パーマも同様です。
石油系なんかの強い洗浄成分は髪の内部をごっそり掻きだしてしまいますので、もちろん色素も全て抜けてしまいます。
さらに質感を良くするためのシリコンが髪の毛の表面をベッタリとコーティングしてしまいますからパーマなんかは重さに負けて綺麗に出なくなってしまいます。

だからといって美容院のシャンプーーでなければスタイルは長持ちしないというわけでありません。
その美容院それぞれに扱っているシャンプーも違いますし、そのシャンプーが必ずしも髪の毛に合うとは限りません。

350

1番いいのはアミノ酸のシャンプーに変えてみるということです。
他の原材料についてはシャンプーによっても違うと思うので何とも言えませんが、アミノ酸の洗浄成分であれば髪の毛や頭皮に負担をかけることはなく、髪に必要なたんぱく質をおぎなってあげられるからです。
アミノ酸は髪の毛と同じたんぱく質から出来ていますので、まず間違いないと思います。

最近はシャンプーもいろいろと見直されおいて、ネットなんかで調べてもアミノ酸系のシャンプーはたくさん出回っています。
ただ配合量がかなり低いのにアミノ酸シャンプーだと言い張るメーカーもいます。
心配であれば美容師に相談してみてください。
美容師はシャンプーの成分についてもしっかりと知識を持っていますので安心かと思います。

 

トリートメントの使い方

350 髪

シャンプーの後は何を使って仕上げていますか??
リンス、コンディショナー、トリートメント、3つ種類がありますよね。
私も以前Lire内でその違いについての記事を書かせてもらいましたが、出来ればトリートを使用して欲しいです。
トリートメント・コンディショナー・リンスの違い

リンスやコンディショナーは表面をコーティングするものであって髪の毛を良くするものではありません。
パーマやカラーをしているということは髪の毛にダメージがあって当然のことです。
必ずお家のケアが必要になります。

よくこんなことを言われる方がいます。
「美容院でトリートメントしてるから大丈夫でしょう?」
大丈夫ではありませんよ。
サロンで行うトリートメントは時間も手間もかかる分確かにとても質がいいものなので髪の毛の状態を良くするためには優秀なトリートメントです。
しかし毎日のシャンプーで少しずつ効果も落ちていくため、長く持っても2週間ってところだと思います。
サロントリートメントによってはそれをお家でも補うためのホームケアトリートメを販売してありますのでそういったものでしっかりケアしていく必要があります。

それに、せっかく美容院で高いトリートメントをしても、市販の安いシャンプーを使っていては意味がありません。
綺麗に張り替えた壁紙を毎日少しずつやすりで削っていくようなものです。
髪の状態が良い上で、綺麗なスタイルが維持出来るのですからお家でも必ずトリートメントはしてください。

 

アウトバストリートメント

髪をブラシでとかす女性/ドライシャンプーをする女性

トリートメントにはもう一つ種類があります。
それがアウトバストリートメントです。
アウトバストリートメントなんてかっこよく言ってますが、みなさんの知っている“洗い流さないトリートメント”のこと。
髪の毛の良し悪しを決めるのにはこの洗い流さないトリートメントをしているかしていないかで大きく差が出てくると私は思っています。
なぜなら、外気からの刺激から髪の毛を守ってくれるものだからです。

髪の毛を洗ってから、髪が濡れている状態、ここが1番髪の毛を傷めやすい時です。
その状態でエアコンやヒーターなどに当たる、そのうえそのままドライヤーをかける。
これは完全にアウトです。

髪の毛をドライヤーで乾かす女性

濡れている状態からきちんと乾かすまで、しっかりと髪の毛を保護してあげてください。
濡れている状態はキューティクルが開いているので、少しの摩擦でも髪の毛は損傷を起こします。
そうして出来た穴から色素も栄養分も流出し、髪がすかすかな状態になってしまうのです。
1度そうなった場所は、元には戻りません。
髪の毛はとてもデリケートなので、ダメージからの予防が大きな鍵になるんです。
スタイルを保つ上でもそれは本当に大切です。

そして髪の毛は熱に一番弱いです。
ドライヤー、アイロン、コテ、高い熱を当てる際は必ずトリートメントをつけましょう。
熱から髪の毛を守るのと同時に、しっかりと潤いも与えてくれます。
またドライヤーで髪を乾かすのも、生乾きではなくしっかりと乾かさなければいけません。
その為にも、髪を保護することが大切です。

良い状態を保つには、潤いは必須です。
特にアウトバストリートメントは通常のトリートメントより保湿性に優れていますので、面倒と思わずに毎日使いましょう。

 

おわりに

350

良いスタイルを長持ちさせるためのコツは髪の毛が良い状態を保つことです。
ヘアケアの基本はシャンプーとトリートメント。
みなさんが毎日使う洗顔や化粧品と同じ。
本当にいいもの、自分に合ったものを使わなければいい状態を保つことは出来ません。
いつもキレイでいられるためにも普段から使うものにはこだわって欲しいなと思います。

手入れがうまく出来ない時は遠慮なく美容院に行ってください。
質問すれば何でも答えますし、手入れの仕方も教えてくれるはずです。

こちらもどうぞ★
美容師が教える!トリートメントの選び方
アミノ酸系シャンプーで傷んだ髪を修復♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る