突然始まる強烈な痒み!それは寒冷蕁麻疹かも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
背中のかゆみ

世の中にはいろんな疾患が存在します。
特にここ近年は今まで聞いたこともなかったようなものが原因で持病やアレルギーを持っている方も少なくありません。
特にアレルギーは食べ物だけでなく、動物や虫、太陽の光などが原因というものもあるんです。

皆さんは寒冷蕁麻疹というものをご存知ですか?
秋から冬にかけて頻繁に蕁麻疹が出るようになる、暖かい場所から寒い場所へ移動すると皮膚が痒くなる、寒い場所で熱いものを食べた途端発疹が出た…などこのような症状に悩んでいる方は、もしかしたら寒冷蕁麻疹かもしれません。

髪がまとまらずに落ち込む女性

寒冷蕁麻疹は体温の差が激しく変化した時に起こる蕁麻疹の事です。
何となくむずむずする程度のものから皮膚に感覚がなくなるほどの酷い痒みと発疹を伴うものから様々です。
たかだか蕁麻疹とあなどってはいけません。
蕁麻疹といえども最悪の場合、命を落とすケースもあるようです。
今日はこれから増えるであろう、寒冷蕁麻疹についてお話しして行こうと思います。

 

寒冷蕁麻疹って何?

350 背中 ダイエット

寒冷蕁麻疹とは、その名の通り冷たいものに反応して起こる蕁麻疹です。
冷たい水や風に皮膚が当たる、体温が急激に低くなるといった場合に、血管周辺の肥満細胞を刺激しヒスタミンが分泌されます。
そのヒスタミンが神経や毛細血管を刺激する為に赤い膨らみの発疹や痒みが発生するのです。

寒冷蕁麻疹を発症する人の多くは、敏感肌、乾燥肌などの肌が弱い人、冷え性や血行不良、痩せている人や寒がりな人です。
寒さが出始める秋から冬に起こる事が多いようですが、夏にエアコンの効いた屋内へ入った途端、蕁麻疹が出てしまうということもあるようです。

また、寒冷蕁麻疹を持っている人は、温熱蕁麻疹も併用して発症する例もあります。
温熱蕁麻疹は寒冷蕁麻疹と全く逆で、身体が温められることで起こる蕁麻疹です。
寒くても、また暖かくても、体温が急激に変化する事に身体が反応してしまうのですね。

350
温熱蕁麻疹は、蕁麻疹の中でもかなり痒みが強い部類に入るそうです。
寒い外から帰ってすぐにヒーターやストーブの暖かい風にあたったり、熱いお風呂に浸かったりすることで急激に体温が上がり蕁麻疹が発生します。
どちらにしても原因は体温の急激な変化です。
寒冷蕁麻疹、また温熱蕁麻疹というのは温度差のアレルギーということになります。

 

寒冷蕁麻疹の治療法、対処の仕方

350
寒冷蕁麻疹の簡単な対処方は、体を冷やさないように気をつけるということです。
そりゃそうでしょ、と思うかもしれませんがそれが一番効果的な方法です。
なるべく肌を露出しないように肌寒い季節になったら長袖や長ズボンを着用したり冬になってきたら首には何かを巻くなどの対処が必要です。
肌に冷たい風が当たることは蕁麻疹を起こしやすくするので常に風が当たらないよう、また身体が冷えないようにしましょう。

外からだけでなく冷たい飲み物など体の内側から冷えてしまうこともなるべく避けましょう。
温かいものを摂取して体を芯から温めることが大切です。

350

お風呂などで芯から身体を温めるのも効果的ですが、入浴後はすぐに体温が下がりはじめるのでお風呂から出たらすぐに服を着て身体が冷えてしまうのを防ぎましょう。

しかし、同時に温熱蕁麻疹も併用している方はなかなか対処が難しくなります。
体を冷やし過ぎるのも暖めすぎるのもよくありません。
この場合は適度に快適な温度調節を心がけながら早急に体質を改善する努力をした方がいいのかもしれません。

病院へ受診すると、抗ヒスタミン剤やアレルギー薬などが処方されます。
これらの薬を飲めばすんなり痒みや発疹は治まります。
症状が出ている間は薬が手離せなくなるはずです。
ですが、病院で処方される薬はその時の1時的な症状を抑えるという働きのみで蕁麻疹そのものを根本から改善するものではありません。

蕁麻疹はその人その人によって出方も頻度も症状の重さもいろいろですが、人によっては突然ぱたりと症状が出なくなったりもするようです。
もちろんすべての人がそうとは限りません。
ですが体質がなんらかのきっかけで変わると蕁麻疹が改善される例もあるようです。
かと言ってそれに期待していても改善される日が分かるわけでもありませんし、一向に改善されないい場合もあります。

漢方薬 ダイエットの効果

そこでおすすめなのは漢方による治療です。
漢方には即効性こそありませんが身体の中から体質を改善していく効果があります。
漢方は身体の免疫力を強化し、病気に負けない働きをするものなので根本から蕁麻疹を改善することに期待が持てると思います。

また、漢方には副作用がありません。
抗ヒスタミン剤は特に、眠気が出やすいようですが、日中は眠気が起こるとなにかと困りますので漢方での治療の方が安心だと思います。
先にも書きましたが、寒冷じんましんになりやすい、血行不良や冷え性なんかにも漢方は良いと言われています。
漢方での治療をすることで元凶となっている体質も改善されるなら試さない理由はないでしょう。

 

おわりに

頭皮のかゆみに悩む女性

蕁麻疹は本当に辛いです。
痒くて掻き始めてしまうと皮膚を傷つけてしまい皮膚のトラブルにも繋がってしまいます。
なかなか根本から蕁麻疹を治すというのは難しい事ではあるみたいですが、この麻疹地獄から抜け出せる可能性が少しでもあれば何でも試してみるのがいいと思います。
漢方は病院でも扱ってますので1度お医者さんに相談してみると良いでしょう。

これからますます寒くなっていきます。
温度差には十分気をつけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る