ミネラルウォーターで痩せて美肌をつくる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミネラルウォーターで痩せて美肌をつくる!

体の約60%を占めている水を効果的に摂ることで、ダイエット効果や美肌効果がありま
す。
毎日摂取するお水、ミネラルウォーターについて知識を深めることでキレイをつくっていきましょう。

 

ミネラルウォータ

ミネラルウォーターを飲むOL

ミネラルウォーターには、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウムといったミネ
ラルが含まれています。
商品によってそれぞれ、含まれている量が違います。

 

ミネラルって?

350 食べ物 飲み物 水 炭酸

そもそも、ミネラルってなんだろう?
聞いたことはあるけど・・・

ミネラルは、わたしたちの体を構成する元素のことをいいます。
必要な量は少ないのですが、人体で作ることができないので食べ物から摂取する必要があるんですね。
例えば、人体の中で最も多いミネラルであるカルシウム。
よく、イライラしている人に『カルシウム不足なんじゃない?』なんて言いますよね。
イライラを解消する効果がカルシウムにはあるんです。

また、肌を若々しくするためにも必要な成分なんです。
肌の表皮は、表面に近い方から、角質層、顆粒層、有棘層、基底層と4構造になっていま
す。
肌にはターンオーバーがあり、その過程で顆粒層の顆粒細胞が角質層へと変わる際にカルシウムが役割を果たします。
顆粒層にカルシウムは多く存在しています。
なので、顆粒細胞を、潤いに満ちた角質層に変化させる役割を果たしているのです。
正常な肌サイクルをキープするために必要なミネラルなんですね。

ほかにも、マグネシウムはカルシウムの働きをは助けて血流を整えてくれます。
カリウムむくみにいい働きをしてくれます。
そんなミネラルを毎日飲むお水から取り入れることができるなんて素敵ですよね。

 

硬水と軟水

350

お水は軟水、硬水と分類されています。
軟水、硬水は含まれているカルシウムとナトリウムの量によって決まります。
『カルシウム×2.5+マグネシウム×4.1』によってだされる数値によって、分類されます。

  • 60mg以下 軟水
  • 60~120mg 中硬水
  • 120~180mg 硬水
  • 180mg 非常な硬水

WHOでは硬度120以下を軟水と定義していますが、日本の定義は世界水準とは異なり、
100mg以下を軟水
100~300mgが硬水
となっています。

硬水には多くミネラル成分が含まれている為、ダイエット効果や美肌効果を期待できます。
日本人は水道水が軟水なことなどもあり、硬水は飲みにくいといったイメージがあります。

軟水はミネラル量が硬水よりは少ないですが、まろやかな飲み口になっているので、硬水が苦手な方は、軟水でも大丈夫です。
お水を飲むことで、老廃物を排出しやすくなり、カロリーも抑えることができるからです。

 

ミネラルウォーターの成分比較

ミネラルウォーターで痩せて美肌をつくる!

 

おすすめのミネラルウォーター

エビアン
エビアン
エビアン

硬水でありながら、とても飲みやすい飲み口です。
エビアンは、カルシウムやマグネシウムが適度に含まれた絶妙なミネラルバランスのミネラルウォータです。
カルシウムとマグネシウムは約2〜3:1で摂取することが望ましいそうなのですが、エビアンはその割合が

100mlあたり
カルシウム:マグネシウム=8.0mg:2.6mg
と約3:1になるんです。
ライン
FUJIWater
フィジーウォーター
フィジーウォーター

FUJIwaterの最大の特徴は
美のミネラルと呼ばれている天然のシリカを豊富に含んでいることです。
シリカは、コラーゲンを合成したり、ヒアルロン酸を構成する物質として、組織を丈夫にします。
アンチエイジング効果があるとして注目されているミネラルなんです。
FUJIWaterには、1000mlあたり92mgものシリカが含まれています。
一般的なミネラルウォーターではありえない数値です。
また、軟水なので日本人には飲みやすい飲み口です。
ライン
ボルビック
ボルビック
Volvic

日本でも大人気のミネラルウォーターです。
EU諸国の厳しい基準を満たしており、水源から採水したお水は一切の殺菌・除菌処理をしないで外気に触れることなくボトルに入れられます。
なんでも、採水のは地下90メートルから特別設計のポンプでしているようです。
こちらも軟水なので、飲みやすい飲み口です。
ライン
コントレックス
コントレックス ミネラルウォーター
Contrex

日本では硬水の代表ともいえるミネラルウォーターです。
硬度は約1468mg/Lです。
かなりの硬水と言えますね。

カルシウムとマグネシウムの含有量がおおく、500mlあたりでのカルシウム量は牛乳瓶約1本分、マグネシウムはアーモンド約9粒分も含まれています。
さらにカロリー0なので、カロリーを気にせずミネラルを摂取できるんです。
はじめは飲みにくいと感じる方も多いようですが続けて飲む事で気にならなくなったという方が多いです。

ライン

ミネラルウォーターといってもそれぞれ特徴があるんですね。
まずは自分のお気に入りを見つけて続けて飲む事を心がけてみましょう。
続けることで、効果を実感できるようになると思います。

わたしも日常的にメインに飲むものは半年ほど前からお茶からお水に変えました。
最初は味がない、飲んだ気がしないなどと思っていましたが今ではお水以外はあまり飲みたくないとまで思ってしまうほど
大好きになりました。
また、肌荒れもめったに起こすことがないですし、カロリーも減らせているので他で好きなものを食べれるようになりました。

毎日取り入れるものからキレイを作っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:たまき

著者の記事一覧

たまきと申します。
1991年生まれ、東京在住です。
百貨店、バラエティショップ巡り、お散歩をして
美容、コスメやファッションについて日々情報収集するのが趣味です。
内側からも、外側からも綺麗で美しくなりる!
を意識し、情報を発信していきたいと思っております。
少しでもお役に立てれば嬉しいです。
宜しくお願い致します☆







関連記事











ページ上部へ戻る