もうそれは恋?人を好きになった時のサイン17個

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頬杖を立て、微笑む女性

時には、自分の気持ちに自分でびっくりすることもありますよね。
なので、誰かのことを好きになっているかも、というサインを見逃さないべきです!
そのサインを知っておけば、新しい恋に発展させるちょうどいいタイミングがやってきていることがわかるでしょう。

1.その人のことで空想にふける

授業中、座っていて、何もしていない。そんな時、突然彼が頭の中に現れる。
それは、あなたがその人のことが好きだからです。
ほかにどんな理由があって、頭の中に出てきますか!?

2.LINEをするとき、興奮する

スマホが鳴ったとき、画面にその人の名前が表示されたとき、衝撃が体の中に走りませんか!?
もし、他の人の名前が画面に映し出されたら、失望しませんか?

3.その人が周りにいる時は、オシャレをする

もし誰かのためにオシャレをするようになったら、それはその人のことが好きになり始めた証拠です。
そうでなかったら、その人からどう思われようが気にしません。

4.SNSをストーカーする

パソコンの画面を見て驚く女性

もうその人のFacebookやインスタはチェック済みですか?
その人が写っている写真の中の女性は誰だか、もう突き止めましたか?
・・・。
それはもう70%の確率で好きになっているでしょうね。

5.その人とうまく話せない

彼の前だとうまく話せなくなるのは、その人のことが好きだからです。
もう自分がどういう気持ちを抱いているかわかるでしょう・・・

6.他の女性がその人と話すのを見ると、ジェラシーを感じる

その人と話すのは、自分でありたいんですよね。
他の女は身をわきまえろ、って感じですか。

7.その人のことを考えるのをやめられない

いくら仕事や課題に集中しようとしても、彼が思考を割り込んでくる…
もう頭の中から追い出すことはできないんです。
あきらめましょう。

8.その人が言ったことを全て分析する

彼が「おはよう」と言った時、残りの一日はそのことについてずっと考えている…。
それを言ったときの声のトーンや使った言葉…
その人があなたに対してどう思っているのか、いくつもの方向から考察している。
それはもう80%の確率で好きです。

9.しょっちゅうその人のことを話している

おしゃべりをする女性二人

すべての会話で、彼の名前について言及している。
何か伝えたい重要なことがなくても関係ない。
とにかく、彼のことについて話していたい。

10.その人のことを見つめている

もし幸運にもその人と同じ空間にいれたら、その人のことをずっと見ている。
お互いに、この世の中で最も美しいものに惹かれあっている、と思っちゃったりしている。

11.その人と話せない日があると、落胆する

話せなかった上に、姿を見ることもできなかった日は、落ち込んでしまう。
彼はあなたが朝起きる理由となっているんです。

12.自分の仕事に集中できない

あなたは本棚にある本を読み終えることができない。
それは、本を開いたら終り、心がフラフラと彷徨い出してしまうからです。
好きな人ができると、集中できなくなってしまうからですよ!
これはもう90%の確率で好きです。

13.すべての物事がその人のことについて思い出させる

ある食べ物も彼を思い出させる。 ある花も彼のことを思い出させる。
すべての物が、彼のことについて思い出させるきっかけとなっている!

14.その人がした可愛くてバカなことについて考える

ふざける男性

もしその人がiPodを聴きながら誤って声に出して歌っているのを見たら、とても可愛らしいと思える。
たとえその人がすごく汚いことをしたとしても―たとえば、歩道にツバを吐いたとか―魅力的に見える。

15.その人は、あなたが朝起きて一番に考えることである

朝起きて一番に考えることと、寝る前に考える最後のことは、あなたにとって、とても重要なこと。
あなたの人生にとって、何が一番大切なのか、教えてくれるんですよ。

16.その人のことを思っている時は、微笑んでいる

その人の名前を聞いたときはいつでも、微笑んでいる。
その人の姿を見た時も、微笑んでいる。 その人の事を考えただけで、一日を明るくしてしまう。

17.他の男性のことを、忘れている

知らないイケメンがそばを通った時、注意を払いますか?
他の男性に興味が湧かなくなったら、その特別な誰かのことを、とても好きになったということですね…。
これでもうあなたは100%その人のことが好きになっています。

おわりに

どうでしたか?何個当てはまりましたか?
17個のうち、5個当てはまっていたら、それはもうその人のことが好きです!
自分の気持ちに気づいたところで、次の行動に移しましょうー!

参考元:all women stalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nana

著者の記事一覧

はじめまして。政治学科に通う学生です。
洋画洋楽鑑賞が趣味です。
語学が得意なので、主に海外サイトの翻訳をして記事を書いていきます。
読む人が読みやすい記事を書いていけたらなと思います。
よろしくお願いします!

関連記事






ページ上部へ戻る