黄ぐすみは美白では解消しないの?本当のケア法と化粧品の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黄ぐすみは美白では解消しないの?本当のケア法と化粧水の選び方

美白の時代だけれど

最近美白していますか?
美白化粧品は世の中に沢山ありますが、肝心な美白効果を感じてますでしょうか。
「顔がくすんで見えるけど、美白化粧品を使っても全然効果がない。」なんて感じていませんか。
美白が効かないのはいくつか理由が考えられます。

  1. 敏感肌
  2. 皮脂によるくすみ
  3. 乾燥によるくすみ

①敏感肌

敏感な肌は皮膚のバリアが通常の人よりも薄いので、紫外線からの刺激を受けやすくなっていくら美白していても紫外線の刺激の方が勝ってしまうので、美白効果を実感できない事になります。

 

②皮脂によるくすみ

皮脂の分泌が盛んな人はいませんか?
筆者は皮脂が出るタイプですが、生活習慣の乱れやストレスなどによって皮脂が過剰に出るという恐ろしい肌質になります。
肌に残ったこの皮脂は段々酸化していき、そしてその酸化がくすみにつながってきます。
そうすると酸化した皮脂がブロックとなって美白成分が効かなくなるので、美白が効きにくいという現象がおきます。

 

③乾燥によるくすみ

乾燥すると肌を守る為に角質層が厚くなっていきます。
その厚くなった角質層はくすんで見えがちになります。
そして、角質層が厚くなると、その角質が邪魔し肌の内部まで美白成分が届かないので、美白が効かないという事になります。

 

くすみは美白の前に解消する

さて、敏感肌や皮脂や乾燥によって美白は効果が出にくいのはもう分かりましたよね。
それでは、美白の前にやらなくてはいけない事があります。
それは皮膚のバリアを改善させる事、そして乾燥と皮脂を抑える事です。
これらを改善しない内から美白をやっても効果は薄いので、出来れば先にこちらを改善していきましょう。

 

基本の正しいスキンケア

  • クリームやジェルタイプのクレンジングを使う
  • ぬるま湯で洗う
  • ホイップの様な細かな泡で洗う
  • 保湿は洗ってからすぐにする
  • 何種類も化粧品を重ね付けしない
  • 紫外線を徹底的に防止する

 

敏感肌の人は

とにかく、刺激を与えない様に、低刺激の化粧品を使ってみてください。
それで肌のバリア機能の回復を実感できた時が美白を開始する時期となります。
アクセーヌADコントロールローション,敏感肌,化粧水
アクセーヌADコントロールローション

 

皮脂が過剰な人は

皮脂を抑える化粧品を取り入れるようにして、小まめにケアする。
表面はテカッていても内部が乾燥している人は保湿もきちんとしなくてはいけません。
出来るだけヒアルロン酸やセラミドなどが積極的に入っている化粧品をセレクトするようにしてみてください。
草花木果,透肌スキンケア,皮脂,過剰,抑える
草花木果 透肌スキンケア

 

乾燥によって角質が厚くなっている人は

定期的にスクラブや酵素洗顔すると角質を効果的に除去できるので、くすみも少しずつ改善していきます。
そして、洗顔後は保湿を丁寧に行うようにすると良いでしょう。
オルビス,パウダーウォッシュ,乾燥,角質
オルビス パウダーウォッシュ

 

まとめ

一口に美白と言っても、肌質が異なると思ったような結果は得られないものなのですね。
まずはベーシックなスキンケアを充実させた後に、+αで美白ケアすることが美白にとって一番の近道になるのかもしれません。

Photo by Ryan Polei | www.ryanpolei.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!







関連記事











ページ上部へ戻る