彼氏GET!いますぐ行きたい “出会いの場”7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手でハートを作るカップル

「彼氏が欲しい!」「周りにいい男がいない!」
こう嘆いているそこのあなた、あきらめるのはまだ早いですよ!
今回は、なかなか出会いがない社会人の皆さんにぜひ試してほしい出会いの場8選をご提案します。
定番のものから、一風変わった出会いの場まで、解説を交えながら一挙ご紹介。
もしかしたら、この中のどれかに未来の旦那サマとの出会いがあるかも!?

 

変わりダネ編

1.街コン

いまやすっかり定番となった「街コン」。まだ行ったことない人は参加マストですよ!
街の一角を貸し切って行われるこの合コンは、一度に多くの人と知り合えるのが魅力。
数十人、もっと多いと数百人単位での出会いが期待できます。
スタンダードな街コンは、いくつかある飲食店の中から、好きな店を選んでテーブルにつくところからスタートします。
もちろん「この店にはイイ男がいないな~」なんてときは、いつでも退出OK。
食べ放題、飲み放題なのもうれしいですね。
まずは気楽に女友達と参加して、同じような男のコたちの集団と仲良くなるのがワイワイ楽しくていいかも。

 

2.山コン

手をつないで歩くカップル

いまや「山ガール」という言葉を知らない人はいないでしょう。
そんなアクティブな女子ならぜひ一度は行っておきたいのが山コンです。
男女が集まって、山登りしながら合コンしゃちゃおう!というなんとも斬新なこの合コン。
開催される地(山)はさまざま。初級者向けの低い山もあれば、中級者以上の山もアリ。
山中の茶屋や、下山後に食事会が設けられているケースがほとんどなので、単に登ってハイ、解散!というわけではないのでご安心を。
自然派の皆さん、どうですか?
ともに苦労しながら山頂を目指す中で、いつしか恋が芽生えるハズ。

 

オススメ 登山靴

可愛い登山靴で他の人と差をつけよう♪

トレッキングシューズ レディース Grandking GK64_02W 
価格18,900円 (税込・送料込) 

 

3.ランコン

「走るのなんて苦しいし、絶対イヤ!」なんて嫌悪感を示す人も多いかもしれませんが、
皆さんがイメージする“ガチのマラソン”ではないのがこの合コンの楽しいところ。
比較的のんびりとしたペースでワイワイ走るので、体力にさほど自信がなくても大丈夫(なハズ)。 
ここでの「ラン」はもちろん「ランニング」のこと。
ランニングしながら、合コンしちゃおう!というこれまたスーパーアクティブな合コンも近年の流行です。
 中でも、景色を楽しみながら走る観光地開催のものがおススメ。
関東なら皇居やみなとみらいなど。
時間帯も夕方~夜なんてのもありますから、ムードたっぷり。
走り終わった後はもちろんビールで乾杯です!

 

定番編

4.習い事

ギターを弾く女性

さあ、ここからは比較的スタンダードな出会いの場をご紹介します。
まずはド定番の「習い事」。
趣味の教室で出会いを探すとは言っても、実際、習い事先には女ばかり…なんてことは多いかもしれません。
そんな人は、習い事のチョイスが間違ってます。
料理教室、フラワーアレンジメント、着物の着付け…女しかいないに決まってるじゃないですか。
もっと男性のがいそうな習い事に参加してなくちゃ。
たとえば、二輪の免許を取ってバイクツーリングに参加するとか、川釣りやアウトドアを始めてみるかとか。
ほかにもゴルフ、フットサル、ギター教室など(初心者歓迎のところを選びましょう)。
これまで周りにはいなかったタイプの男性と知り合えるかも。

 

5.同窓会

同窓会だって、見落としがちな出会いの場です。
当時女子の憧れだったあの彼と、もしかしたらお近づきになれるかも!?
ほとんど喋ったことのない彼が、もしかしたらすっごく素敵に変身しているかも!?
「地元に戻るのめんどくさーい」なんて出不精になっている場合じゃありません!
めいっぱいオシャレして出かけていきましょう。
「まだシングルなの?それなら誰か紹介するよ」なんてありがたいオファーも期待できますし。
自らが幹事になって旧友に招集をかけるのだってアリ。
出会いたいなら“積極的に動いたもん勝ち”ってとこありますから。

 

6.BAR

カクテルを飲む女性

一人ふらりと立ち寄ったBARで、素敵な出会いがあるかもしれません。
一人呑みの経験がまだない人は、これを機にデビューしてみては。
おススメは、立ち飲みができるラフなBAR。
一杯からでも気軽にお会計できるハードルの低さと、店が混雑していることが多いため一人でいても悪目立ちすることがないのが魅力です。
さっそく、今夜あたり繰り出してみてはどうでしょうか。

 

7.リゾート旅

旅先で出会って、恋に落ちる。実はこれって、昔からよくある出会いの方法だって知ってましたか?
イケメン現地人をGETできるかもしれないし、同じ旅行客に「ご一緒しませんか?」なんて声をかけられるかもしれません(日本人女性はモテますからね!)。
できれば、のんびり過ごせる南国のリゾート地がおススメです。
身も心も開放的になる旅先は、恋のスイッチもONになりやすいですからね。

 

おわりに

試してみたい出会いの場は見つかりましたか?
「走るの苦手」とか「特にやりたい習い事もないし」
なんて決めつけないで、いろんな場に積極的に参加してみて。
待ってるだけではチャンスはめぐってきません。行動あるのみと心得て!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:佐保(サホ)

著者の記事一覧

1985年神奈川県生まれ。
大学を卒業後、英語圏・ドイツ語圏に在住した経験を持つ。
帰国後は出版社で編集者、大手ECサイトでファッションライターとして勤務。
女性のための書籍やWEBコンテンツ制作に広く携わる。
その後、妊娠を機にフリーライターに転身。恋に悩む女子のための恋愛コラムを数多く手掛ける。

関連記事






ページ上部へ戻る