これって停滞期?ダイエットが続かない人へ!楽にダイエットを続ける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォーキング 女性

体重が減らなくなった!もうダイエットが辛い…なんて人へ

ダイエットで一番辛いのが、「頑張っているのに体重が減らない」という停滞期でしょう。
最初は頑張った分だけ痩せていても、次第に停滞期に入り、思うように体重が減らなくなる時があります。
それは、あなただけではなく、ダイエットをする人なら誰でもが経験する事です。
そんな時、思わずドカ食いしたり、運動をやめてしまう、なんて事は絶対にしちゃいけませんよ。
ダイエットは停滞期を乗り越えてこそ成功するもの。

・ダイエットに疲れてしまった
・体重が全然減らない
・今、心が折れそう

上記に当てはまるような人は、絶対に読んでみて下さい。
あなたのダイエットライフを幸せにしましょう♪

1、ダイエットの成功例を見る

「体重が減らない!見た目も変わらない!もう嫌~!」と、今にでも投げ出してしまいそうなあなた。
今すぐ、ダイエットに成功した女性を探してみましょう。
芸能人、モデル、女優、海外セレブ、または一般の人でも、ダイエットに成功して何倍も綺麗になった人は沢山います。
ありがたいことに、ネット社会の今では、調べれば色々なケースが出てくるでしょう。
フェイスブック、インスタグラム、個人のブログなど、頑張った人たちのリアルな情報を見ることができます。
ビフォーアフターの画像を見るだけでも、きっとあなたのダイエットのモチベーションが上がるに違いありません。
「この人がこんなに綺麗になったのだから、私にもできる」と、強い心を持つことも大事ですよ。

2、数日間、「休息日」を作る

カップを持つ女性

ハードなダイエットをしていればしているほど、その反動の疲れや、イライラは大きいでしょう。
思い切って、2,3日ほど、ダイエットをサボってみるのも良いリフレッシュになります。
2,3日であれば、運動をやめても、一気に太るということはありません。
普段ダイエットで自分を追い込みすぎている人は、「何もしない」という日を設け、心身ともにリラックス&リフレッシュする事が大事ですよ。
ちょっとだけであれば、美味しいものや好きな物を食べても良いでしょう。
しかし、そこで暴飲暴食をしては全てが水の泡になってしまいますので、食べ物を口にする時は、よく自分で考えて食べるようにしましょうね。

3、ダイエットに代わる趣味を見つける

「毎日毎日同じ運動の繰り返し、好きな物も食べれない…、こんな毎日もう飽きちゃった!」と感じている人にお勧めなのが、ダイエットに代わる趣味を見つけると言うこと。
挫折しそうな理由としては、ルーティンワークの繰り返しで飽きてしまう、という人が多いかと思います。
それに加えて体重が減らなかったら、全てを投げ出してしまいたくもなるでしょう。
しかし、それを防ぐための一番のお勧めは、自分の好きな事にダイエットを取り入れると言うことです。
やっぱり、自分の好きな事じゃないと、何でも長続きしないですよね。

料理が趣味…できるだけヘルシーで美味しい食べ物を作ってみましょう。
運動が趣味…サイクリングやロッククライミングなど、スポーツを始めてみてはどうですか?
社交的な人…人とたくさん集まってできるスポーツなどで、ワイワイ楽しみながらやるのがお勧めですよ。
インドア派…メディテーション(瞑想)、ヨガ、マッサージなど、お家でリラックスしながらできるダイエットがお勧め。

そんなのどれも当てはまらない!という人は、何かしら理由をつけてダイエットをしてみて下さいね。
たとえば、近所のジムにかっこいい人がいる、などです。(笑)
そんな理由でも、ダイエットが楽しく続けられるなら大丈夫ですよ。

4、色々なヘルシーフードを探してみる

ダイエット期間中、同じようなものをずっと食べていると、それもモチベーションの低下に繋がります。
食べているものに飽きてしまったら、ヘルシーな食べ物、料理、お菓子などを探してみるのがお勧めですよ。
世の中には色々なダイエット食品がありますし、そうでなくても、低カロリーの食べ物やお菓子だってたくさんあります。
色々調べてみたり、実際にお店に行ってカロリー表示を確認してみる事によって、自分の食べられる物の範囲もグッと広がりますし、美味しい物で楽しく痩せられる、という事にも繋がります。
一見太りそうな物でも、実は低カロリーでダイエット向きだったり、今まで知らずに食べていたものは実は高カロリー…なんて事もあるかも。
自分が好きな食べ物や、ダイエットとして今まで食べていた食べ物も、もう一度成分などを1から調べてみるのも、ヘルスメイクには必要ですよ。
探すときのアドバイスとしては、カロリー表示だけに騙されない事。
ポイントは、太ってしまう原因である、「炭水化物」「脂質」「糖質」の値が低い食品を選ぶ事です。
豆腐や納豆など、一見カロリーが高くても、たんぱく質が豊富に含まれていれば、ダイエットには向いている食品と言えますよ。

5、ダイエット仲間を見つける

ウォーキング 女性

一人で辛い事でも、みんなでやればその辛さも半減します。
今一人でダイエットに励んでいる、という人は、是非「ダイエット友達」を見つけて下さい。
一緒に運動しに行ったり体調管理を行うことで、一人の時よりもずっとやる気が出ますし、人と競う事で、さらに効果が得られやすくなります。
その日食べたものや運動量を報告したり、体重や減った量を言い合うことで、「記録をつける」という義務感も生まれます。
ただ、「友達とやるから辛さが減って楽しい」だけでなく、それに加えて、「お互いに管理する事で減量しやすくなる」なんて、嬉しいと思いませんか?
身近な友達とやるなんて恥ずかしい!という人は、ネットでダイエットコミュニティなどに入るのも良いアイデアですよ。

6、ダイエットをライフスタイルにする

ダイエットをしている状態を、普通の生活にしてしまいましょう。
それを「あたりまえの日常生活」にする事によって、一時的な減量やリバウンドの繰り返しから開放されます。
また、年中ずっと通して続けていることによって、無理のない減量プランが出来上がりますので、ハードなダイエットを避けることもできます。
毎日続けることを目標とすれば、停滞期が来ても、乗り越えやすくなるのではないでしょうか?
しかし、やはり毎日同じことをしてしまうとマンネリ化してしまいますので、変化をつける事も大切です。
変化を楽しみながらも、継続して行えるようなダイエットをしましょうね。

おわりに

楽に痩せるダイエットなんて、おそらく無いでしょう。
辛いからこそ、目標を達成できた時の喜びはきっと大きいですよ♪
無理せず、楽しく、気長に行うのが、ダイエット成功例の秘訣です。
楽しい日や嫌な日があるように、モチベーションがグッと下がる日もあるでしょうし、やる気に満ち溢れる日もあるでしょう。
ダイエットをしていれば、体重が増える時もあるかもしれません。
でも、諦めずに続けて下さいね。
あなたのダイエットライフが、ハッピーでありますように!

参考元:all women stalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。







関連記事











ページ上部へ戻る