スムージーを飲んでいても痩せない!?ダイエットにNGなスムージー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グリーンスムージー

ダイエットのお供スムージー。ただ飲んでいるだけじゃ駄目!

海外のモデルから火が付いたスムージーですが、今や日本の芸能人やモデルもスムージーを愛用している人も多いですね。
簡単に野菜やフルーツを摂取できることから、ヘルスメイクや美容に一役買ってくれている、ありがたい飲み物です。
さらに、栄養を補えるだけでなく、スムージーはダイエットに向いていることから、多くの女性が、一度は飲んだ経験があると思います。
しかし、いくら健康に良くても、実は落とし穴があります。
正しく飲んでいないと、健康になるどころか、逆に太ってしまう怖い飲み物でもあるんですよ。
折角ダイエットのために飲んでいるのに、逆に太ってしまったら辛いですよね。
今回は、これだけは避けて欲しい!という、NGスムージーを紹介します。

1、食物繊維が入っていない

食物繊維は女性の味方。これが入っていないと、ダイエットに最適のスムージーとは言えません。
食物繊維は整腸作用の他、満腹感を与える役目もありますので、ダイエット中には絶対摂取したい栄養素になります。
スムージーは飲み物ですから、満腹感がなかなか得られないかと思います。
しかし、この食物繊維のおかげで、お腹を減りにくくしてくれるんです。
スムージーの材料の中に、ひとつは食物繊維が豊富に含まれる食べ物を入れましょうね。

食物繊維が豊富でスムージーにお勧めな食べ物
・アボカド
・ケール
・ベリー類
・梨
・キウイ
・亜麻
・おから
・パセリ

また、葉物が沢山入っているスムージーは、フルーツが沢山入っているものに比べてずっとヘルシーになりますので、フルーツより野菜から食物繊維をとると、よりダイエット向きといえます。
注意したいのが、食物繊維をとりすぎると下痢になるという点です。
体に必要なミネラルも体外に排出されてしまいますので、適量を守って摂取しましょう。

2、アイス、チョコ、シロップなど、不健康な材料を入れている

スムージーだからと言って、太りやすい材料を入れてしまっていませんか?
チョコレートやアイスクリーム、シロップ系などの脂肪分や糖分の高い食べ物をチョイスしてしまうと、折角のスムージーの役割が台無しになります。
基本的に、ダイエットを目的としたスムージーには、フルーツや野菜以外は極力入れないようにしましょう。
あまりにも飲みにくいようでしたら、はちみつやヨーグルト、ゼラチンなどを追加するのがお勧めですよ。

ダイエット向きの材料
・芽キャベツ
・麻の実
・オートミール
・ナッツ類
・ハイプロテインバー

間違っても、クリームやバター、ジャムなどは絶対に入れないでくださいね。
また、最近のはちみつには人口甘味料が入っている物も多くありますので、できればオーガニック系の自然の甘さの物を選びましょう。
甘さが強いと言うことは、糖度が高いと言うことで、その分カロリーも高い、という事になります。
スムージーはほどほどの甘さになるように調節しましょうね。

3、朝にスムージーを摂らない

スムージーと女性

スムージーを摂る時間は、なんと言っても朝が一番お勧めです。
なぜなら、朝は一番吸収率が高い時間だからです。
さらに、朝は胃に何も入っておらず、栄養が隅々までしっかり体に行き渡ります。
糖度の高いスムージーや、多少カロリーが高いスムージーでも、朝に飲んで日中のエネルギーにすれば、すぐに消費してくれますので、活動が低くなりがちなお昼~夜に比べれば、ダントツで朝飲むほうが良いです。
時間がないからと言って、朝に作って飲んでいない人は、スムージー本来の効果が得られにくいかもしれませんね。
しかし、ここでひとつ注意して欲しいのが、朝に摂取すると美白に悪い成分があることです。
「ソラレン」という成分は、紫外線に当たるとシミを作ってしまう性質があります。
特に、オレンジやレモンなどの柑橘類、ビタミンCが豊富な果物・野菜に豊富です。
もし、美白を意識しているなら、ソラレンの多く含んだ食べ物は、朝に摂取しないように気をつけましょう。

ソラレンが多い果物
オレンジ、レモン、グレープフルーツ、キウイ、イチジク

ソラレンが多い野菜
きゅうり、人参、セロリ、しゅんぎく、しそ、パセリ、パクチー

朝に作るのが面倒!という人は、前日の夜に作って準備しておいたり、まとめて作って冷凍しておくのも一つの方法ですよ。

4、糖度の高いフルーツばかり入っている

美味しいスムージーが良いからといって、バナナ、桃、マンゴー、ぶどう、いちじくなどの甘いフルーツばかり使っていませんか?
甘い=高カロリーですので、いくらフルーツだからと言って、なんでもヘルシーだと勘違いしないでくださいね。
特に、果糖は体内に溜め込みやすく、太りやすい糖でもあります。
よくフルーツを食べている南国の人たちを想像してみて下さい。
ふくよかに太っている人が多いと思いませんか?
あれは、フルーツに含まれる糖の影響です。
糖分が多い、少ない、というのは、食べてみて「甘い!」と感じる程度と同じですので、甘いと感じるフルーツを多用するのは極力避けましょう。

糖質が多いフルーツ一覧
・ドリアン
・バナナ
・アケビ
・さくらんぼ
・マンゴー
・ぶどう
・ライチ
・いちじく
・りんご
・パイナップル

上記のフルーツを摂るなら、なるべく消費がしやすい朝にしましょうね。

5、プロテインが入っていない

スムージーの意外な落とし穴が、「たんぱく質不足」です。
野菜や果物ばかり摂っていては、肝心なたんぱく質が補えません。
たんぱく質は脂肪の燃焼を高めるので、ダイエットには必要不可欠の栄養素となります。
牛乳、ヨーグルト、ナッツ類等を上手に取り入れましょう。
また、豆腐やチーズ、プロテインパウダーなどもたんぱく質が豊富に含まれています。
「少し美味しくなくても、ダイエット向きなら平気!」という人は、このような食品も、スムージーに加えてみてはいかがでしょうか?

おすすめスムージー

5秒に1袋売れるスムージー!
「スリムベジスムージー」
16種類の野菜、25種類の果実、100種類の酵素が入っています♪
税込 2,376 円 (送料込)

スムージー 

 

「アサイー酵素スムージー」
アサイーパワーでエイジングケアにも!容器もついてきます♪
税込 1,980 円 (送料込)

image01

おわりに

スムージーは自分でアレンジができるので、楽しく続けられるダイエット方法の一つでしょう。 しかし、そのアレンジも間違えてしまうと、逆に体重が増えてしまう場合もあります。
上に挙げたような材料以外にも、自分に足りない栄養素や、得たい効果が入っている野菜や果物などを自分なりに調べてみてはいかがですか?
くれぐれもNGスムージーにならないように、気をつけてくださいね!

参考元:all women stalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。







関連記事











ページ上部へ戻る