メール・LINEで彼氏に送らない方が良い事・送っても良い事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホを持つ女性

男心を掴んで、デキる彼女になる!

みなさん、彼氏とのメールやLINE中、失敗しちゃった経験はありませんか?
「こんな事送ったら、怒られた!」「シカトされて、返事が来なくなった」なんて事もあるんじゃないでしょうか。
女性にとってみると、男性って何を考えているか分からない時があって、なかなか苦労する事も多いでしょう。
彼氏との失敗を防ぐために、今回はオンラインでのメッセージのやり取りにおけるNGな事とOKな事、プチテクニックを紹介します。

NGワード・NG行為

1.生理周期の報告

いちいち彼に生理の事を言うのは止めましょう。
男性にとったら「どうでもいいこと」の一つです。
たまたまかぶってしまったりしたら、「少し体調が悪い」と言うのがベターです。
また、「今週生理だから会えない」と言うよりも、「今週はちょっと会えない」とボカして言う方が、あなたが何をしてるのかと、彼をヤキモキさせる効果もありますよ。

2.何度も「会いたい」「寂しい」と言う

特に彼が忙しい時や、別の事をしていてあなたを構ってあげられない時、何度も「会いたい」「寂しい」と送るのは彼をウンザリさせてしまいます。
そんな時は逆にメールを送らず、彼に心配させたり焦らした方が効果があります。

3.連続して送る

部屋でスマホを見る女性

「返事が来ないからもう一回送っちゃえ!」これ、駄目ですよ。
相手にとったらイラッ、ウザッとなってしまいます。
たまたま忙しくて返事ができないのかもしれないし、返事を送る気分じゃないのかもしれません。
そんな時に連続してメッセージが来たら、彼氏もウンザリしてしまします。
返事が来なくても焦らずに待ちましょう。

4.監視するような言葉

「どこにいたの?」「何してたの?」などという彼を監視する言葉はNGです。
こんな言葉が頻繁に送られて来たら、彼も逃げたくなってしまいます。

5.愛してるよ、好きだよ

テキストで愛を伝えるのは止めましょう。
向こうにとったら「重い」と感じてしまうかもしれません。
こういった特別な言葉を伝えるのは、お互いが直接会っている時に限りましょう。

6.「w」「笑」、絵文字などの多用

(笑)、(泣)、www、などは、気持ちを伝えるのに便利ですよね。
しかし、文の終わりに必ずと言っていいほどこれらが入ると、送られた方はあまり良い気持ちがしません。
たくさん使いすぎないように気を付けましょう。

OKワード・OK行為

1.彼を興奮させる言葉

ソファでスマホを見る女性

男性は女性に比べて、エッチな事を想像する時間が多いと言われています。
「今何してるの?」と聞かれたら、たとえジャージでゴロゴロしたとしても、
「シャワーしてたよ」「今暑いからTシャツにショーパンなんだ」
なんて、彼を想像させる言葉を返してみましょう。
そんなあなたを想像して、彼はドキドキしてしまいますよ。

2.決定権を握る

メールやLINEではあなたに決定権があるようにしてみて下さい。
あなたから誘わず、彼からデートに誘わせるのもポイント。
「どこか行こうよ」と連絡があったら、クールに「いいよ」と返信してみましょう。
あなたがプランを練ったりするのではなく、彼に色々考えさせるのもコツです。
たとえあなたも会いたくてしょうがなかったとしても、「予定確認してみるね」なんて余裕を持って対応すると、彼の追いかけたい気持ちに火が付きます。

3.今あなたの事を考えてた

ふいに、「今○○の事考えてたよ」と送るのは効果大です。
たとえ友達と遊びに行っていたとしても、「ちょっとあなたの事を考えていたの」なんて来たら、彼は嬉しいものです。
きっと彼もあなたの事を考えだしてしまうでしょう。
しかし頻繁に送るのは怖いので止めましょうね。
あくまで自然にさり気なくを心がけて下さい。

4.既読スルー

時々既読スルーをしてみましょう。
あなたが返信が早い方ならなおさら効果があります。
彼は、どうしてあなたから返信が来ないのか気になって気になってしょうがなくなるでしょう。
しかしこれもやり過ぎは禁物です。
ちょっとしたテクニックですので、やるタイミングを間違えずに。

おわりに

どうでしたか?
以上、メールやLINEで送っても良い事・悪い事でした。
男心を掴んで、駆け引き上手な連絡の取り方をしてみてくださいね。

参考元:all women stalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。

関連記事


ページ上部へ戻る