なぜ乾燥肌になっちゃうの?原因解明と上手なケア方法を徹底追及!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頬をおさえる女性

冬の寒い季節になると、決まって気になるのが乾燥!
この時期は乾燥肌ではなくても皮膚や頭皮がカサカサして肌トラブルに悩まされることもありますよね。
でも一体どうして乾燥肌になってしまうのでしょうか?
乾燥を防ぐといった考えは生まれても、そもそもなんで皮膚が乾燥してしまうのか?を考えることは少ないはずです。
今回はなぜ乾燥肌になってしまうのか?という根本的な原因から上手な乾燥ケアまでをご紹介したいと思います。

 

乾燥肌になってしまう原因

砂時計を持った女性/乾燥した肌

乾燥肌になってしまう原因・・・それはお肌の水分量が減ってしまうからといえます。
本来、皮脂とセラミド(肌バリア機能)がちゃんと機能していれば乾燥肌になることはありません。
セラミドとは、皮膚が受ける外部からの刺激や付着しようとする汚れなどを防いでくれる成分と言われています。
このお肌の角層内にある皮脂とセラミドのバランスが保たれていることによって水分量が外に逃げることなくお肌の潤いをキープしてくれています。
ですが、このセラミドと皮脂のバランスが崩れると乾燥肌になったり、反対に脂性肌になるといわれています。

このバランスが崩される要因は下記のとおりです。。
昔から乾燥肌で辛いという人から、以前は乾燥肌ではなかったのに最近皮膚の乾燥がひどい・・・という人まで当てはまることなので、しっかりとチェックしてみてください。

ストレスや生活習慣

ベッドの上で丸くなって座っている女性

ストレス社会の現代では全くストレスを感じずに生活するのは無理ですよね。
ストレスによってお肌が荒れたりすることも多いはず。
特にストレスからくる睡眠不足には要注意。
お肌のターンオーバーを正常に行うためには、睡眠中に分泌される成長ホルモンが欠かせません。
お肌のゴールデンタイムは10~1時と言われていますが、実はこの時間帯に眠らなくてもOKということが最近わかってきました。
大切なのは毎日同じ時間帯に眠り起きること。
たとえば11時就寝で7時起床といった生活を送っているのであれば、できるだけその周期を守ることでターンオーバーが正常にされるといえます。
毎日眠る時間が違うとホルモンバランスが崩れ、ターンオーバーができなくなって乾燥肌を引き起こします。

生活環境

冷えたオフィスで寒がる女性

夏はクーラーガンガン、冬は暖房ガンガンの部屋にいると、お肌はそれだけで水分量を失っていきます。
また、乾燥している肌に無理にメイクを施すと、肌トラブルを引き起こしかねません。

職場の冷暖房が強くて夏と冬はつらい・・・という人も多いはず。
仕事場なので、なかなか改善はされないかもしれませんが保湿ミストやクリームを持ち歩いて工夫をすることはできます。

また、大切なのは家での過ごし方。
外で乾燥した空気に思いっきりあたってきたのにもかかわらず、家の中でも冷暖房が強すぎるとお肌はずっと乾いている状態を保っていることになります。
加湿器を付けたり、冷暖房をなるべく使わないなどお肌が乾燥しないように冷暖房を使う季節はいつも以上に気を付けることが大切です。

食生活

350

本当はバランスの摂れた食生活が理想ですが、こちらも毎日健康的な食事を摂るのは結構難易度が高いですよね。
ファストフードの普及により、自炊しなくても安くて美味しいものが食べられるようになった現代。
便利になった反面、栄養バランスが偏りがちな人が増えているといいます。
また、現代女性は細すぎと言われています。
モデルさんのような体型に憧れて、無理なダイエットをしたり偏食になることで体に必要なビタミンやたんぱく質、ミネラルなどが上手く摂取できていない人が多いのです。
バランスよく摂っているつもりでも食事制限をすることで、代謝が悪くなり体に必要な成分が九州されていかないことがあるので注意が必要です。

洗顔のしすぎ

洗顔美白をする女性

意外かもしれませんが、洗顔のしすぎで乾燥肌になることがあります。
もちろんメイクオフのために洗顔するのは必要といえます。
ですが、必要以上に洗顔したりゴシゴシとこすったりすると肌に必要な成分までも洗い落とすことになってしまいます。
乾燥を防ぐために入念に洗顔をして保湿クリームを塗ってばっちり!と思っていても、逆に肌質を悪くしてしまうこともあるのです。
洗浄力の強いクレンジング剤を使うことが必ずしも良いとは限りません。
特に目の周りは皮膚が薄いのでごしごしとこすることでしわが出来やすくなったり乾燥トラブルを招くことがあります。

また、洗いすぎは皮膚を薄くするという衝撃の事実が発覚!!
皮膚が薄くなることで少しの刺激でも肌が荒れたり乾燥しやすくなったりと敏感肌にもなりやすくなるのです。

加齢

老化していく肌

仕方がないことですが、加齢によって肌の再生能力や水分量、皮脂量、セラミド成分は減っていきます。
そのため皮膚がたるんだりしわが増えたりするのです。
年齢を重ねることで肌にハリ艶がなくなるのは当たり前。
ですが、いつまでも若々しいお肌でいたいというのはいつの時代も女性の望みといえます。
何もせずにハリのあるお肌をキープすることは難しいかもしれませんが、生活習慣の見直しや自分の肌に合うスキンケアをするなど日々の生活を工夫することで実年齢よりも断然若く見える!と思われることは可能です。

 

上手な乾燥肌ケア

350 肌

洗顔温度は32℃

冷水で肌を引き締める洗顔が良い!
お湯で毛穴を開かせたほうが化粧水や保湿クリームの浸透率が高い!
といった噂を聞いたことが1度ぐらいあると思います。
ですが、それはどちらもNG!!
冷水で洗顔すると、お肌が冷えて代謝が悪くなります。
反対にお湯で洗顔するとお肌の中の水分を蒸発してしまい、水分量が一気に減ってしまうのです。
洗顔温度にベストなのは32℃と言われています。
32℃の水で洗顔することにより、余計な皮脂を取りつつ、肌に必要な皮脂は残すことができるのです。
温度を計るのが少し面倒ですが、32℃で洗顔することでお肌のコンディションは格段に良くなっていきます。

メイクを浮かせるクレンジング剤を使う

ごしごしぐりぐりと こすってメイクオフすると、肌が傷ついてトラブルを引き起こす原因となります。
そういったことを未然に防ぐためにもおすすめしたいのが、メイクを浮かせるように落とすクレンジング剤です。
ここでおすすめなのがジェルタイプやクリームタイプのもの。
オイルクレンジングは使用後にさっぱりとした感じがするかもしれませんが、乾燥肌の人にとっては必要な油分や水分がごっそり持っていかれてしまう危険があります。
また、乾燥肌ではなくても乾燥の季節はオイルクレンジングは避けた方が良いでしょう。
ジェルやクリームタイプのクレンジング剤で優しくメイクを落とすことで肌を傷つけることを極力回避できることができます。
浮かせて落とすといった方法のクレンジング剤が最もオススメなので、オイルクレンジングを今まで行っていたのであれば見直してみましょう。
おすすめクレンジングジェルの記事もどうぞ♪
オイルフリーで優しい!チェルラークレンジングジェル

血流を良くする飲み物を飲む

単純に考えてみると、乾燥肌=水分が足りていない状態といえます。
夏は水分を摂取する量が自然と増えるかもしれませんが、冬場は意外と水分が撮れていないことが多いんです。
成人が1日に摂取するべき水分量は最低でも1500mlといわれています。
だいたいコップ7杯分といったところでしょうか。
思っているよりも多くの水分を摂らないと乾燥に繋がったり冬でも脱水症状を引き起こすことがあります。
また、水分量に加えて気にしたいのが血流を良くするということ。
乾燥肌の人は、代謝が悪くなっているので肌の血流を良くして活性化することがおすすめです。
白湯を飲むだけでも内臓は十分に温まりますが、さらに効果を出したいのであれば生姜やはちみつ、ごぼう茶やハーブティー、プーアール茶がおすすめです。

 

乾燥肌に効く!おすすめしたいスキンケア製品

クリームで保湿をする女性

乾燥に効く!と話題のスキンケア製品をご紹介します♪

ミューノアミューズ

ミューノアミューズ

日本人に合った7種のペプチドを厳選して作られたミューのアミューズのスキンケアトライアルキット。
自身も肌荒れなどの皮膚トラブルに悩まされた皮膚科医が研究を重ねて精製したスキンケア製品なので、安心して使用することができます。
海外の皮膚再生医療などを駆使しているので、乾燥肌やアンチエイジングだけでなく、シミそばかすなどのお悩みにも応えてくれる万能スキンケア製品となっています。

ミューノアージュ 口コミレビュー

ヒフミド

ヒフミド

乾燥肌の人が不足しがちのヒト型セラミドが配合されたヒフミドのスキンケアトライアルキット。
含有量が全て詳細に書かれているので、自分に合わない成分がないかどうかを事前にチェックすることが可能なのが高ポイント。
また、トライアルキットについてくるレース柄のスパポーチも女性心をくすぐるような繊細なデザインで魅力的です。
ヒフミド 口コミレビュー

エトヴォス

エトヴォス

ヒフミドと同様、美肌を保つためには欠かせないのヒト型セラミドが配合されたエトヴォスのスキンケアトライアルセット。
無添加製品なので敏感肌・乾燥肌どちらにも当てはまる人が安心して使用できます。
お肌に潤いを与えハリツヤを復活させる作用もセラミドにはあるので、アンチエイジングとして使用することもおすすめです。

エトヴォス 口コミレビュー

 

おわりに

乾燥の季節だけではなく、常に乾燥肌に悩まされている人もいると思います。
そういった人は、今回お伝えした乾燥肌になってしまう原因のどれか1つに当てはまっている可能性が高いのです。
ただ実際、生活習慣や食生活の改善を今すぐにすることは困難だと思います。
また、生活しているだけで何かとストレスは溜まっていくもの。
ストレスフリーな生活をすぐに行うことも難しいでしょう。
なのでまずは出来ることからゆっくりと改善していくことがおすすめです。
スキンケア方法を見直してみたり、スマホやPC、テレビなどを見ずに読書や音楽を楽しむといった時間を作ったりと自分なりに心身が癒される方法を取り入れてみましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。

関連記事






ページ上部へ戻る